牛頭


 「炎を使わせれば、

    俺の右にでる者はいない・・・。」

 格闘スタイル: 邪呀殺法「焔(えん)」
 使用武器: カギ爪
 誕生日: 不明(捨て子だったのを邪呀に拾われる)
 年齢: 不明
 出身: 不明
 職業: 闇のテロリスト
 血液型: O(『風雲黙示録』)、A(『風雲スーパータッグバトル』)
 身長: 190cm
 体重: 85kg
 家族構成: 「邪呀」全員が家族
 趣味: 爆破
 大切なもの: 邪呀の絆、弟のメズウ
 好きな食べ物: サルノコシカケ
 嫌いなもの: 獅子王
 特技:1m四方の箱にすっぽり入れる
 得意スポーツ: 100mダッシュ
 自分を動物にたとえると: 蜂
 大会参加目的: 獅子王を葬り去る

 「おまえをたおせば

      血の恨みははらされる・・・!」

SNKの格闘ゲーム『風雲黙示録』の登場人物。「ゴズウ」と読む。 オッス! オラ、ゴズウ!
テロリスト集団「邪呀」に所属する忍者の一人で、炎の忍術の使い手。
三つ子の弟に馬頭(メズウ)、鹿頭(カズウ)がいる。

忍術(火遁)とカギ爪を組み合わせたまったく新しい「邪呀殺法」で戦う。
キャッチコピーは、「火流忍法を操る暗殺マシーン」「炎獣」
担当声優はショー・疾風や弟の馬頭と同じ林健一氏。

弟とは対照的に赤い装束を身に纏い、牛にも取れるガスマスクタイプのマスクで素顔を隠している。
弟同様に凶悪な見た目をしているが、弟とは違い冷静な性格。
実力も邪呀の中でトップクラスであり、分かりやすく言えば、 チンピラの兄貴分 といった所だろうか。
STBで一卵性ではないという設定が追加されたのか、初代では弟と同じ血液型だったのが、STBでは別の血液型に変更されている。
もしかして仮面の下は別じ…

『風雲黙示録』では弟であるカズウが獅子王に殺された事を組織から聞かされ、
弟のメズウと共に獅子王の開催した『獣神武闘会』に参戦。カズウの仇を討つべく獅子王の命を狙う。
エンディングでは見事弟の仇を討ち、メズウと共に帰路に着く。

『風雲STB』では前回で失敗した獅子王打倒を今度こそ成し遂げるべく、獅子王が新たに開催した『裏獣神武闘会』に再び弟と共に参戦。
別行動中の弟との合流も目的の一つ。
しかし、真獅子王を倒した後で目の前に邪呀の首領・邪頭が現れ、
彼からカズウを殺した張本人が獅子王ではなく自らである事を聞かされる。
EDではメズウ同様に弟の仇を取るが、弟とは違い邪呀の掟に従うような、人により違う取り方の出来るEDとなっている。
ゴズウたちの弟を殺したのは同じ邪呀の者だった。

だが、同族の死は血の恨みとしてはらすのが邪呀である。
ジャズウ。
彼の死をだれにつぐなわせるのか。
ゴズウにはわかっていた。

 「バカなヤツらよ・・・

     これがヤミにいきる邪呀の力よ。」


MUGENにおける牛頭

馬頭はDOS版の頃から存在するのに、なぜか やけに長い間MUGENで彼の存在を確認できなかった のだが
2013年になってようやくironjw氏の牛頭が発表された。
馬頭の方のreadmeには2001年とあるので 12年越しの兄弟タッグ結成の瞬間である。
AIも搭載されており、邪頭も加えて邪呀チームの結成も可能だ。

キャラの名前を識別するnameは"Kung Fu Man"のまま、ライフバーに表示されるdisplaynameが"Gozu"になっているので
特殊イントロなどを作る時には手を加えなければいけないかもしれない。
(ironjw氏の製作キャラはみんなこうなっている)

cmdファイルの一番下に「強力AI発動」という項目があり、敵が強かったらAIを強化するというシステムがあるが
対凶悪キャラ用の超強化という感じではなく、行動の精度が変化するだけで、
ニコニコの大会では「AIレベル・強」という感じで常時発動させてしまっても構わないかもしれない。

 「我らの血の恨み・・・・・・

         思い知ったか! 」


出場大会