「俺を甘く見たな」

㈱金子製作所(現在は㈱カネコ)発売の 早すぎた 格闘ゲーム『大江戸ファイト』のキャラクター。
同名の変身忍者とは関係の無い唯の(?)忍者である。
地蔵やらカッパやら歌舞伎やらといった人外魔境どもがうろつくこのゲームにおいて比較的まともな人類に近く、
さらに忍者枠としては新キャラのくのいち「霞」の 異様な インパクトに押されてしまい、あまり目立っていない。

とは言え額に某赤い大佐の様なツノが輝いてたり背中に馬鹿でかい手裏剣を背負っているなど、こいつもまともなキャラクターでは無かった。
白土三平氏の漫画『サスケ』に登場した「風車手裏剣」を意識したのだろうが(ただし1回しか使われていない))
大江戸の時代を去ること約20年、今になってニンジャスレイヤーが流行っているところを見ると
時代を先取りしすぎたキャラクター造形というか、ようやく時代が大江戸のセンスに追いついたと言えるかもしれない。
ワーヒーより後発と言う時点で意味が無いが。


MUGENにおける嵐

獅子丸を製作したアリ氏のものが存在している。
AIも搭載されている。
2015年4月1日をもってアリ氏が引退した為、残念ながら正規入手は不可能となった。
転載・改変自体は自由である為、現在はfoxy氏のonedriveにて代理公開されている。
怒りゲージは独自のものになり、デフォルトのパワーゲージから独立。
タッグ戦で起用しやすくなっている。

グロ演出も搭載されているが、コンフィグでカット可能。デフォルトはOFF側なので安心。

ボイスが日本版と海外版の二種類用意されており、海外版のほうは必殺技では技名を言わずに気合いの入った奇声をあげ
勝利ポーズで「忍者」と名乗りをあげるなど、さらにインパクトが強くなっている。
OH! カッブーキ」みたいなものなんだろうか。まぁ日本版でも「イ↑ヤァーーーッ!!」とか叫ぶんだけども

また、嵐の前身と思われる富士山バスターの忍者(キャラ名)もMETAL WARRIOR氏によって制作された。
4ボタン方式で特殊なシステムは無く、意外にもオーソドックスな動き。原作同様、ゲージ消費技は存在しない。
AIは搭載されていない。

出場大会