フロストマン






 長所:何もかも大きい
 短所:重たい
 好き:氷砂糖
 嫌い:霜焼け

「砕けろガーッ!オレ、オマエを倒すガーッ!」

ロックマンシリーズ第8作『メタルヒーローズ』に登場するDWN.062のボスキャラ。CVは高木渉氏。
ロックマン10のウェポンアーカイブの8代表にも採用された。

公募されたオリジナルボスの1体で、原案は「イエティマン」と言う名前であり、体型や胸のメーター等は原案通りである。
原案はもう少し痩せていたのだが、クラウンマンを作る際に部品を余らせたDr.ワイリー余った部品を全部こっちに取り付けたため、
今までのロックマンシリーズにはない馬鹿でかいロボットになった。
ロックマンシリーズの8ボスの中で体が一番大きいボスキャラである。さすが次世代機PS・SSだ!
バランス的に上半身が過剰に大きく、そのぶん若干足が小さい
本人は大きな体を自慢としているがオイルの巡りが悪く、身のこなしも頭の回転も鈍い。しかし、巨体に似合わずジャンプは得意である。
氷(かまくら)でつくられたゴーレムといった風貌で、腕や体型などは『X4』のフロスト・キバトドスにも似ている。
ロックマンを氷づけにして、かき氷にして食べる事が夢らしい。

基本はジャンプによる突進や腕を凍らせてのパンチ等の肉弾攻撃の他、上につるされた氷を落として攻撃してくる。
また、アイスウェーブを放ってくる場合もあり、凍らされるとパンチが飛んでくるため危険。
だがボスとしては比較的弱い方であり、弱点のフラッシュボム(クラッシュボムではない)を使えば目を眩ませて簡単に動きを止めることができる。
その反面ステージの難易度は高く、強制スクロール式のステージでスノーボードを操り、ジャンプやスライディングを駆使して進むことになるが、
ミスれば即死な上にコースを覚えないとすぐに奈落行きとなるため初見殺しの要素が強い。
ステージのBGMは雪のステージを体現したような綺麗な曲となっている。

特殊武器はアイスウェーブ。
地面や壁を這うように氷の柱が走っていき、触れたものを破壊したり凍らせたりする。
この手の武器としてはスピードが速く、段差を乗り越えて飛んでいくため使い勝手はまずまず。
ソードマンステージで一部仕掛けを停止させるのにも活躍する。
同じ8ボスであるテングマンを地面に貼り付けてしまうことができる。
他にもカオ・ナ・ガーナなどといった一部の敵には当たった後、凍りつかせて動きを封じられることができる。


MUGENにおけるフロストマン

Lord Sinistro氏が製作したものが存在する。
海外製のロックマンのキャラだがボイスは日本語で喋るようになっている。
原作のスプライトが使用されているが、本来存在しない歩きや一部の攻撃動作などのモーションはスプライトの一部をそれぞれ切り離しては繋ぎ合わせるという作業で作られている模様。しかし、いざ動かしてみると違和感が全く感じられないほど綺麗に動く。
アイスウェーブや地面を叩いての氷の塊を落とす原作の攻撃以外にも、アイスウェーブで凍って動けなくなった相手を連続で踏みつけたり掴んだ相手を凍らせた後に殴って画面端まで吹っ飛ばすといったオリジナルの超必殺技などが搭載されている。
見た目は原作よりかなり小さい。小型化に成功したのだろうか?
常時ハイパーアーマーであり、DEFの値も200と相当硬い。
原作での弱点武器のような大ダメージを与えることは難しいので、倒すのにかなり時間がかかる。
アイスウェーブの当たり判定が味方にも及ぶため、タッグでは味方殺し技となる。さらにガード不能のおまけ付き。

AIはほうとう氏のものが存在する。
このAIパッチを適用するとDEFのデフォルト値である200から120に下げられる他、様々な不具合が修正される。
四段階のレベル制AIであり、最大レベルだとスーパーメカ翡翠すら倒してしまう強さを誇る。原作での弱さは一体どこへ…?

出場大会

  • 「[大会] [フロストマン]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル