牙刀



格闘スタイル: 中国拳法、剛系(八極拳心意六合拳など)
出身地: 不明
誕生日: 5月27日
身長: 180cm
体重: 82kg
血液型: A型
好きなもの: 豪快なものなら何でも
趣味: 書道
大切なもの: 母の形見の首飾り
好きな食べ物: トムヤンクン
嫌いなもの: 自分を卑下する者
特技: 一呼吸で10分間も水の中に潜っていられる
得意スポーツ: 水泳
声優: 石井康嗣



「その程度なら……

                     やめてしまえ!!」
餓狼MOW』の新キャラ。八極拳や心意六合拳を使う青年。
目付きが鋭く、常人なら目を合わせようとは思わない程らしい。母を殺して失踪した父に復讐するため旅をしている。
KOF』には2003とXIに父の情報を知る者を探し出場。

兄にしか懐かないテン(イタチ科の動物)のイトカツが懐く事と、自身の勘から双葉ほたるに兄だと思われている。
本人は頑なに否定し設定などでも明言されていないが、時折それらしき態度を見せるなど、恐らく兄本人であろうと思われる。
昔は「世界でこの人ほど寂しがり屋な生き物はいない」と言う程の心優しい好青年だったらしい。
復讐心とはげに恐ろしきものである。

外見などのモチーフというか元ネタは『グラップラー刃牙』の烈海王と言われ、名前も刃牙を捩ったものという説もある。
+ 余談
プレイヤー間ではたまに「牙海王」と呼ばれる事もある。その所為か微妙にツンデレっぽい所もアリ。

MOWのEDではカインを助けに入った父に不意打ちされ、失明してしまう。
戦いに支障は無いようだが、続編が あれば どうなっていたのか気になる所である。
KOF2003ではギースに、XIではジェニーに情報を聞き出すが、未だに遭遇できていない模様。
(2003の極限流EDでタクマを病院送りにした人物こそ、牙刀の父親ではないかとXIのストーリーで示唆されている)
果たして、いつか遭遇することが出来るのだろうか? 続編的な意味で。

公式ギャルゲー『Days of Memories』では第9作『世界で一番熱い冬』に出演。
教師のくせにやたら生徒をクズ呼ばわりしたり、「立て付けが悪いッ! このクズ扉がッ!!」と
教室の扉を震牙で吹っ飛ばしたりするヤバい人。
原作どおり、ほたるに対しては兄だと言うことをかたくなに認めない割に、ほたるルートではの攻撃から庇ったり、
主人公に対して 「俺は兄ではないが高校生の分際で交際など十年早いわ! 手を出したら八つ裂きにしてやる!!」 (意訳)
などと言い放ったり、前述の負傷のため医務室に搬送される際などには「ほおおたあああるううううぅぅぅっっ!!」
と絶叫しながらブチキレるシスコンっぷりを発揮していた。まあ同作品だとほたるはそれ並か以上のブラコンっぷりなのだが……。


キャラクター性能

MOWではもちろん、KOFでも出るゲームで毎回最強争いをするほど性能が良い。
MOWでは、しばらくケビン・牙刀・グラント・ジェニー・カインの5強と言われていたが、最近グラントと一緒に最強候補からは滑り落ちた。
2003でもDDコンビには及ばないものの、強キャラとしてその下にしっかりと位置づいている。
KOFXIでは牙刀とクーラの2強状態、人によっては1強と言う者もいる(当初はオズワルドも入って3強だったが最近転落したらしい)。

MOWでは接近戦に強く、特に超必・零牙が小技から繋がり、ガードされても隙無し、
超必版から発生0F(MOWでは発生0F技はテリーフリーマン、カイン以外には最低一つは備わっている)、潜在版もそこまで威力が伸びないため、基本超必でOKと非常に性能が良い。

同作は着地時に1Fの硬直があり、そこを狙って0F技を当てるとガード不能になるが、零牙は0fの区間がやたらと長いため、この現象との相性がとても良い。
その他にも+2or+3fの状態から0f超必を使うと何故かガード不能、補正リセットとなる現象と相性がよく、
性能の良いジャンプ攻撃(特にJB)や小足から零牙が疑似連続技として繋がるなど強力な物が多い。

他にもMOWには特定の技の特定のタイミングで小P+小Kを押すと動作を中止する
ブレーキングというゲージ消費無しのFRCのようなシステムがあるが、
牙刀にはそれとは別の 風牙の後にAを押すとジャンプしない 通称風キャンと呼ばれるバグ(?)テクニックが存在する。
牙刀の最大の強みであり、この風キャン一回で 必殺技2回分ゲージが溜まる。
これを遠距離で連発するのが基本中の基本戦術なのだが、そのたびに地団太を踏みまくる(ように見える)。
しかし、このテクニックは発生11F目に、Aビタ押し(猶予0f)と非常に難易度が高い。
とは言え孔牙が漏れても牽制になるとかやっぱりぶっ壊れている。
しかも上級者は何故か処理落ちにも負けずドスドス決めてくる、あ…ありえん。

この風牙は飛び道具を出す孔牙、対空っぽい蹴りの旋牙、中段・弓牙、スライディングをする滑牙に派生。
風牙ガードもしくは風キャン中に飛び道具を出されたら孔牙でフォロー、弓牙が当たれば零牙、
端なら地獄の旋牙ループ、しかもコマンドが214のため狙っていなくても勝手にガードキャンセルになり易いなど、
風牙は牙刀の攻めと守りの最大の要なのである。

欠点と言えば対空に少し乏しいぐらいだがガードキャンセル雷牙や上段避け、超必・龍牙で何とでもなる。
(ちなみに龍牙の読みは『たつきば』。他の技は音読みなのに、何故か龍牙と零牙(ぜろきば)だけ訓読みである)
……と思われていたが、「相手がゲージ溜めるんであれば、前に出て溜めさせなければ良いじゃない」という
空気が流れてくると一転、豊富なゲージ量を生かす龍牙による対空が使いにくくなり、
上段避けをつぶせる通常技が知れ渡ると上段避けも使いにくくなり、後はガーキャンしかないという状況に。
攻めは強いが守りに弱いキャラ特性がだんだんと強まってしまい、5強の座を明け渡す事になってしまう。
ただ代わりに強キャラとなったドンファンが理論上では強いというだけなので、
実戦値ではまだまだ最強レベルとして君臨している。

KOFでは雷牙が削除され、攻撃判定の無い裏風牙が追加されたが
XIで攻撃判定が追加されたため、ぶっちゃけ派生技が違うだけの風牙になった。

2003では裏風牙からの派生の投げ技である無牙が「 空中の相手投げる 」という性能をしており
同じく裏風牙派生の全打撃対応当身技・応牙、当たりさえすれば隙の小さい、風牙派生の飛び道具・孔牙の使い分けが恐れられた。

XIでは画面端でクイックシフト等を使って相手を浮かせ、旋牙を当て続ける通称「旋牙ループ」が猛威を振るった。
これは威力にも優れているが、それ以上に凄まじいゲージ効率を誇る。
さらに、リーダー超必殺技・天龍烈牙がMOWや2003から大幅に性能アップしており(具体的には高威力・高ガークラ値・3段目が固定ダメージ)、
闘劇ではほぼ全員がチームに加えていたという。

余談だが企画当初の零牙は「相手の背後に立ち耳に指突っ込んでピッキ~ン」だったが、ある問題が発生する。
グリフォンマスクは耳が隠れていたのだった。


MUGENにおける牙刀

+ GM氏製作 MOW仕様
+ Tin氏製作 MOW仕様+アレンジ
+ 別府氏製作 XI仕様
+ K.O.D氏 XI仕様+アレンジ


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー