火抜慣行








年齢:17歳
出身地:日本/沖縄
格闘スタイル:日置流思徳派護之銘
身長:166cm
体重:59kg
誕生日:5月3日
好きなもの:素潜り
嫌いなもの:雨


「ボクは行かなくちゃいけないんだ」

生まれながらにして火遁を操る術を持ち半妖であると言われている。
伊賀、服部班の中忍。
幼い頃から母代わりの半蔵に体術を仕込まれ若くして中忍長の任に就く。
情報収集に特化し、最高の技術を用いて
全てを捨て置いてでも帰到する事を命じられている。

サークルPDW:HOTAPEN製作の同人格闘ゲーム「ヤタガラス」の主人公。AC版での声は田村睦心氏
苗字が「火抜慣(ひぬかん)」名前が「行(こう)」で「ひぬかん・こう」と読む。
「ヒヌカン」は沖縄の方言で「火の神」のことである。火はかまどの火のこと。
また、ヒヌカンとは、お墓や神棚、仏壇のようなものも指す。
家の台所に、ヒヌカンとして草花や水や香炉を供えて祀る家もあるようだ。
「火の神は台所から家庭を見守っていますよ」という言い伝えがあるとか。
ただし、赤の他人が、その人の家のヒヌカンを拝むのはいけないので注意しよう。
火抜慣行も出身が沖縄という公式設定があるので、名前はおそらくここから来ているのだろう。
ストーリー中、クロウに「まるで人間みたいに」と言われる等、人間ではない事が示唆されている。

原作における性能

直球の主役キャラらしく、性能も波動昇龍タイプの正統派ど真ん中キャラ。
通常技も一通り使えるものになっており、EX技、必殺技、超必いずれも優秀。
しかし同タイプのクロウと比べると一つ一つの威力は高いが追撃不能の技が多く、下位互換と判断されやすい。
とはいえ、性能自体が悪い訳ではなく、リーチ・判定・リターンが伴った立ち大P・大足・J大K、
全キャラ一早い殆ど見えないステップからの投げ等食っていくには困らない。
強キャラでなく弱キャラでなく、いい立ち位置のキャラ。プレイヤーにとってやりがいのあるキャラクター…
と言いたいところだが、実際はやはり慣れてくるとより攻撃的なクロウに鞍替えする人が多いらしく、
使用率はあまり高くないらしい。AC版の調整に期待か。

+

必殺技

中て弓・影火
いわゆる波動拳。強弱で発生・弾速・隙が異なる。
EXで二段技になり、地上ヒットでも浮く。
特に隙が少ない訳でも、中足先端から繋がる訳でもなく、
全キャラ完備のハイジャンプで遠距離からでも飛び込まれる等を考えると使い道が少ない。
使い道としては端-端やガン待ちの相手に振る、超必殺技のキャンセルまでの猶予を稼ぐ等。
なお、中て弓とは弓道用語で「的中を狙い過ぎて姿勢が崩れている」事を指す。

万中印・鳥打ち
昇龍拳。弱は1ヒット、強は3ヒット。
弱は投げ読みの割り込みや牽制潰し、強は主に小技からの連続技や対空に使う。
これは強の初段が地上くらいのため、牽制潰しに使うと初段のみヒットしてカッ飛んでいく事があるので。
逆に弱は空中ブロッキングで防がれやすいため。
EXは4ヒットし、威力が高く無敵も長い。主に連続技として使うが、対空にも使える。
なお、鳥打ちとは和弓の部位の名前。

姫反り・弓弦羽
交互にソバットしながら前進する突進技。つまり竜巻旋風脚。初段は地上判定の膝蹴り(強制立ちくらい)
強弱共に二段目以降はしゃがみ状態の相手には当たらない(一部キャラのしゃがみくらい除く)。
威力自体は高めだがヒットさせても五分~微不利になるため、あまり使う機会がない。
EXは回転が早くなり、しゃがみにも当たり、ヒット後は浮く。
全てに共通する欠点として空中ヒット時は追撃不能でタイミングが悪いと着地と硬直がかち合ったりする事。
なお、姫反りとは和弓の部位名、弓弦羽とは兵庫県にある神社の名前。シンボルはヤタガラスである。

一射絶命・鬼火
そのまんま真空波動拳。立ち大Pから繋がる。
コウの一番大事な技である。
至近距離を除き最終段赤BL以外反撃される事が殆ど無い、優秀な技。
削りも多く、空中ヒット時は最終段を除き浮く。
なお、一射絶命とは弓道における心構えの事。
不完全な中て弓とは違うという事であろう。

重ね十文字・雉無名
アッパー・膝・ソバットの三段技。
出掛かりに短い無敵があり、初段はガードクラッシュ効果がある。
二段目はリーチが殆ど無く、ほぼ密着でないと当たらない。
三段目は逆にリーチが長く、二段目が当たっていなくとも繋がる。
クロウの重ね十文字と違ってカス当たりが無いが、
かわりに三段目は横に吹っ飛ぶため追撃不能。
通常技キャンセル波動からスーパーキャンセルで赤BL以外回避不能の連携になるが、
同様の事はクロウでも可能な上に向こうは追撃し放題なので……
なお、雉無名は沖縄の妖怪(妖精?)ガジュマルの木に宿る精霊、
キジムナーを指すと思われる。出身地ネタか。


MUGENにおける火抜慣行

斑鳩氏によるものが公開されていた。現在は公開停止。
ベースはヤタガラス4.3版や4.2版を参考にしているようだ。
原作のシステム、必殺技、超必殺技に加え、別SE、エフェクトが追加。
AIもデフォルトで搭載されておりレベルは8段階(初期は4に設定されている)。
改変は自己責任で自由とのこと

出場大会




添付ファイル