Eins


「会えて光栄だよ」

Dick Buckus氏が制作したオリジナルキャラクター。
読み方はおそらくアインズ、アインツ、アインスあたりだろうか。
格ゲー野郎』のキャラ、ライダー(カイ・ミトニック)のスプライトを元に制作されている。
カプコン式の6ボタン。前ステ、バクステ、ガードブレイク攻撃やスーパージャンプはそろっている。
必殺技はオーソドックスなものはだいたい搭載されている。良くも悪くも標準的。
波のように地面を走る飛び道具Power Surge、振りかぶって突撃しながらパンチするPower Drive
胴回し回転蹴りをお見舞いするKick Back。これら3つはどこかで見たような気がする
この他にSomer Saultキックや、追加入力で三連撃するCombinationもある。
Combinationはパンチ、キックのボタン入力で技変わるため択を相手にかけることができる。
超必殺技は4種類。
Kick Back→Kick Back→Somer SaultとつなぐTriple Threat(1ゲージ)
錐もみ回転しながら一定距離突進するPower OverDrive(1ゲージ)
威力は高いが射程はやや短い飛び道具を放つBlast Cannon(2ゲージ)
射程はかなり短いが初段ロック式の乱舞技の3ゲージ技Eins Trigger
タッグの乱戦や割り込みにTriple Threat、通常技キャンセルからつながるPower OverDrive
この2つが結構便利なので、Blast CannonやEins Triggerにゲージを回せないかもしれない


斑鳩氏が制作したAIが公開されていた。現在は公開停止。
AIレベルは1から8で初期設定は5。対AI特化はレベル7から。
氏によれば、対人のほうがよりEinsの強みを感じるかもしれないとのこと。

ストーリー

出場大会



"ハァァァァ チェス トォーーー!!!"