名無しの超戦士1P

とうとうやったな!
畜生、まだふるえが止まらないぜ!

1988年に稼働したカプコンのアーケードゲーム『ロストワールド』のプレイヤーキャラクター。
その名の通り1P側のキャラであり、2Pを選択するとモヒカン頭の黒人男性の超戦士2Pとなる。
作中設定では、かつて天帝バイオスによって滅ぼされてしまい、現在は廃墟と成り果ててしまった
辺境惑星ダストワールドの住民達の無念の感情に応えて姿を現した戦士とされている。

外部出演としては『MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES』にスペシャルパートナーとして出演した他、
NAMCOxCAPCOM』では超戦士2Pと組んで自軍ユニットの一体として参加する。
後者での担当声優は大塚明夫氏。更には2Pが玄田哲章氏なので、プレイヤーからは木曜洋画劇場と言われる事も。

ちなみに2Pは『ファイナルファイト』の雑魚キャラ・TWO.Pの名前の元ネタとなっているそうである。
TWO.Pは超戦士ほど屈強じゃないのでむしろダックにしか見えんのだが


MUGENにおける名無しの超戦士1P

mazemerald氏がMVCのドットを基に製作したキャラが存在。名義はUNKNOWNSOLDIERとなっている。
氏の製作した他キャラ共々、海外サイト「mugen multiverse」において代理公開されている。
手にした銃やビットでの攻撃が主な技だが、判定の付け方がかなり適当で、残念ながらキャラとしての出来は良くない。
AIは入っていない。

出場大会

  • 「[大会] [名無しの超戦士1P]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル