道路標識

道路標識(どうろひょうしき)は、道路の傍らに設置され、利用者に必要な情報を提供する表示板の事を指す。
交通事故を未然に防ぐための規制・危険箇所への警戒喚起、指示・案内による交通の円滑化などを目的として、世界各地に設置されている。
現行の標識は、1968年の道路標識及び信号に関する条約(ウィーン標識条約)により分類等が決められ、
距離単位の使用や書体、標識の色などについても細かに決められている。

日本においての道路標識は、「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(国土交通省令)」によって定められている。
大きく分けて「案内標識」「警戒標識」「規制標識」「指示標識」の4種類があり、
案内標識および警戒標識の2種は、国直轄の国道(2桁までの国道)については国土交通省、
それ以外の国道や県道などの一般の道路には都道府県・市町村などの道路管理者が設置することになっている。
残りの規制標識および指示標識は、主に都道府県の公安委員会が設置している。

標識の種類は今や数千にも及ぶ数があり、どこでも見られるものから、各種オリジナルの標識など地域性があるものも見られる。
中には制定されているにもかかわらず、日本全国を探しても数カ所の設置例しか見られないものもある(併走可・駐車余地など)。

巨人出没注意

格ゲー的にはとある格闘家とある妖怪の賢者の近接主要攻撃手段として有名だろうか。
またとある吸血鬼も使ったことがある。


標識の種類

  • 案内標識
「○○まで何キロ」というような主に行先の方面や距離を「案内」する標識。
一般に高速道路に関連する物は緑色、それ以外は青色が利用される。
大型の標識がほとんどだが、国道や県道を示す番号を表記したものもこれに分類される。
基本的に近郊圏(50キロほど)の距離を案内していることが多いが、まれに数百キロ先の案内もあったりする。

  • 警戒標識
カーブや交差点など、運転中に特に注意したい事項への「警戒」を喚起する標識。
正方形のダイヤモンド型に黄色地に黒字で統一されている。
大抵は落石や急勾配など山間部のイメージが強いが、バイパスの車線数の増減や踏切の存在等都市部で多く使われる内容のものも多い。
中でも動物が飛び出す危険を喚起する「動物注意」は、たぬきであったり、シカであったり、場所によって注意すべき動物が異なるので多種多様。
また、「その他の危険」(!マークがでかでかと描かれている標識)は希少価値が高く、TV番組とかで探索が行われたこともある。

  • 規制標識
最も一般的な、通行そのものや速度や車種等を「規制」する標識。色は赤が多く使われる。
ちなみに速度制限の標識がない場所でも、一般道は60キロ、高速道路では100キロの速度制限が存在する。
形は円形がメインだが、一時停止や徐行といった逆三角形のものも。
斜線を引く事で禁止を表す場合が多く、斜線が2本のものは1本よりも強い規制を意味する。
円形に斜線は「NO」を示しており、世界共通である。
基本的に上段から「速度指示→追い越し禁止→駐車禁止」とまとめて設置されてることが多く、通称「お団子」とも呼ばれる。

  • 指示標識
可能な事を「指示」している標識で、青地が使われる。
他の標識に比べて種類が少なく、設置されている範囲も狭いので見かける機会も多くはない。
中には、「警笛を鳴らす」などといった、すべきことを示す標識もある。

  • 補助標識
他の標識の下に付設して標識の説明を「補助」するための標識。
(例:駐車禁止の標識に「この先50m」の補助標識を付けると、この先50mは駐車禁止区間を示すものになる)
主に規制標識と併せて使われ、標識の内容の対象となる車種や時間などを表す。
内容によっては長文となり、他の標識と同等かそれ以上の大きさになる事も。


MUGENにおける道路標識

奇抜なキャラを作るNeoKairi氏が製作。2014年3月13日に更新され、 遂に完成版になった。
日本で見られる様々な道路標識に変身して戦うキャラで、様々な行動時に対応した標識に姿を変える。
スタイルとしては直接攻撃によるコンボと、強力な遠距離技を併用するゲージ溜めアタッカー。

技の隙が大きいものの、戦法は狂キャラらしく厄介で、
その強さはマスター・ギースAIレベル6、足元のオーラ、ライフを減らさない)と互角以上に戦う程。

  • 強烈な地上&空中繋ぎで猛攻を仕掛け、投げなどで端へ追いやった後、遠距離攻撃で封じる。
  • 動物を相手に絡みつかせて、自分はその間にゲージ溜め。
  • 攻撃を喰らってもゲージを消費して風を起こし、喰らい抜けが可能に。
  • 相手を攻撃で吹っ飛ばし、空中にいる間にゲージ溜め。攻撃されると風で吹き飛ばした後その隙に溜める。
  • 電車を呼び出して相手を上空に吹っ飛ばす。相手が空中にいる間にまたゲージを溜めて繰り返す。

とは言え、相手を端に追い詰めた後は強いが、当て身や投げに弱い。
超必殺技は、主にゲージレベル1の物を使い、レベル3はあまり使わない。
尚、相手のアーマーを感知すると「鎧破り多岐列拳」で全力で殺しにかかってくる。
又、コンフィングやATK・DEFの弱体化によって強キャラとしての運用も可能。




+ 必殺技・超必殺技詳細

+ 特殊カラー

出場大会