チルノ

「ほら、あたいったら最強だって」


『東方Project』の登場キャラ。初出は『紅魔郷』2面ボス。
『花映塚』『非想天則』では自機で『妖精大戦争』では 主人公
『永夜抄』のリグル・ナイトバグのスペカ解説の記述をカウントすれば花映塚まで毎回出続けていたことになる。
『風神録』からは新しい区切りになったので、流石にもう整数作品には登場せず…と思いきや『輝針城』1面中ボスとしても登場。
「冷気を操る程度」の能力を持ち、常に体から冷気を放っている氷の妖怪(妖精)*1
専用BGMは「おてんば恋娘」「おてんば恋娘の冒険」。

+詳細な原作設定
普段は紅魔館がある「霧の湖」の畔に住んでいる氷の妖精。
+東方projectにおける「妖精」という種族について
幻想郷に多数生息する自然の権化。
殆どは大きくても10歳の人間程度の体格で、虫の様な羽を持った姿をしている。
悪戯好きで幼い思考のものばかり。
人間や妖怪に悪戯を仕掛けるが 崖から突き落とす、背中に火を付ける など悪戯の範疇を超えることもある。
また付近に強力な妖怪が潜んでいれば悪戯ではなくいきなり攻撃を仕掛ける事も。
生物というよりは自然であり、いかにして生まれるのかは不明。幾ら死んでも復活する、つまり不死。
妖精の住居は自然に完全に溶け込んでおり、少なくとも人間には見つけられない。
しかし腕力は妖怪どころか人間以下で、春告精を子供が捕まえたという話もある。
チルノはそんな妖精の中での「最強」で、下位の妖怪と同程度の力を持っており、更に好戦的で人妖問わず喧嘩を売ったり買ったりしている。

メタ的に言えば、弾幕STGにおける大量の雑魚敵の役割を主に果たしているのが妖精である。
チルノの他にも同じく霧の湖にいる大妖精、3人一組で行動するサニーミルクら光の三妖精、春の到来を告げるリリーホワイト、紅魔館で働くメイド妖精、ゾンビの格好をしたゾンビフェアリーなど、多くのバリエーションが存在する。


一人称は『文花帖』では「私」、『花映塚』では「あたい」、『非想天則』ではその両方で使い分けている。
自分を最強だと公言してはばからず、他の人間や妖怪に対してかなり好戦的で「熱い」性格。
作中の人々によれば実際「妖精としては」規格外の強さらしい。
但し自分より強い相手を前にしたときは実力差を見抜いているので、
どこまで本気で最強と名乗っているのかは謎。
酒の席では「私より強い奴に会いに行く」と発言したこともあり、強さに対する向上心はあるようだ。

氷の妖精なので暑い(熱い)のは苦手だが、火山の火口に近づいてもある程度は耐えられる。
触れたものを一瞬で凍らせてしまう為、彼女が寝ていても触れれば凍傷になり、熱湯程度の温度なら自分の能力で凍らせられる。
自身の数倍の大きさはある巨大な氷塊を一瞬で作り出すことも可能。
意外と器用で中は水のままの氷の玉を作ったりすることもでき、よくカエルを氷漬けにする虐めに応用している。
彼女の作る氷の矢は大きな木に突き刺さる程の強度で、普通の人間相手なら十分すぎるほどの殺傷能力を有す。

『花映塚』では雰囲気的なものもあるが幽香や映姫にびびっており、『妖精大戦争』では本気の手前の 尽滅光 魔理沙に勝った
が、魔理沙はボロ絵でなくチルノがボロ絵だった(魔理沙はスペカが尽きたので降参した)。
しかし『非想天則』では誰に対してもびびってはおらず(お空が相手の時は「 ぎゃー 」と叫んでいるが)、
魔理沙もいじめでなくまともに相手している。
四季映姫・ヤマザナドゥによると既に妖精の粋を外れかけており、死ぬかもしれないことを告げられ、
当人も「死」を理解し恐怖しているようだ
(但し諏訪子と対戦した時に「冬眠!凍眠!知ってた?冬眠した蛙を冷やすと目覚めないー。いつまでも」と他者の死については深く考えていないような描写もある)。
好きな季節は冬以外で、夏であっても積極的に行動して悪戯に精を出す。
曰く「冬はなにもしなくてもみんな凍っててつまらない」。
大晦日に人間の屋台を真似てかき氷屋(みずあじ)を出し誰もこないのを不思議がるなど、人間の価値観は理解できていない模様。。
冬の妖怪レティ・ホワイトロックは、儚月抄でパーティでチルノと会話している場面はあるが、チルノを「自然の歪み」呼ばわりしたり格下扱いしたりしている。
しかも「寒いときに、より寒くするのが一番楽しい」と言ってのけ、チルノとの相性は悪い。

初登場の『紅魔郷』のおまけ.txtに「あまり頭はよくありません」、チルノのBGMのコメントに「バカな女の子をイメージしました」と書かれており、
元々公式でそういう扱いだったが、特に2面ボスとして放ったスペルカード「アイシクルフォール」が
「ボスの目の前が安全地帯」という、弾幕としてお粗末斬新すぎるものだったため、
プレイヤーの間で「こいつ実は相当なバカなのではないか」と囁かれはじめた。*2
(ちなみに他にも目の前が安全地帯だったり、全難易度で安地があるキャラがいるのは内緒な!)
それと関係あるのかどうか、『花映塚』のマニュアルで⑨=バカとなった。

これにより、ファンの間でのチルノの通称に「⑨」が加わった。
後の『東方非想天則』にも紅美鈴東風谷早苗と共に参戦したが、説明書にまたしても ⑨-バカ の記述が…
更にマニュアルのチルノ紹介が9ページ目。しかも パッケージシルエットもチルノ だったり。
製作者側から別の意味で愛されているような……
最近は他作品のキャラまで⑨を名乗る始末である。ここまでくると愛称というより、一種の形容詞と言えるかもしれない。

尤も妖精には事実上「死」が存在しないため向こう見ずな行動を取る者が多く、
その為「妖精はあまり頭が良くない」という偏見が幻想郷の住人全体にあるのでその辺りをやや割り引いて考える必要はある。
その上で考えても『求聞史紀』のチルノの記述は酷い物であるのだが。
因みに、人間が遭遇したらなぞなぞを出してやれば考えている間に逃げられるらしいが、逃げ遅れたら凍死させられてしまうという。

漢字はおろか平仮名をひっくり返して書いたことがあり、書き取りは苦手な様子。
が、新聞を読み内容を理解して批判したり、
「カエルは冷やすと冬眠する」とか「だいだらぼっち」*3や「ハスもハラハラ」*4
妖精らしく 自然現象に関してはよく知っている
また見た目より長生きで、六十年周期の異変を把握している*5

漫画『東方三月精』にも登場し、主役の三月精と同じいたずら好きの妖精として協力を求められ、書き下ろし漫画では宣戦布告をされた。
比良坂氏の描くチルノは、彼女の妖精らしい幼い体型に加え、ふとまゆ、口をあけるとのぞかせる前歯が独自の、この作品以外では少ない特徴となっている。
後に漫画の続編という位置づけで『妖精大戦争 ~ 東方三月精』としてゲーム化されたが、
イラスト担当も比良坂氏であり、まさかのSTG逆輸入となった。EDがZUN絵であり、本編ZUN絵ED黄昏の『花映塚』とは逆な形になっている。
(正確には当該漫画の執筆前に構想があり、実現しなかったものが漫画版らしい)

「ふざけやがって~!あんたなんて、
英吉利(イギリス)牛と一緒に冷凍保存してやるわ!!」

+二次創作での扱い
東方界隈では「⑨」と「バカ」と「チルノ」は同義語。
が、「愛すべきバカ」「バカなところが可愛い」の他に文字通り罵倒でもある。
ファンを自認するならば注意が必要であろう。
本気で相手を馬鹿にしたい時は「ダラズ」(東北方言で「愚か者」を意味する)が使われることも。
ルーミアリグル・ナイトバグミスティア・ローレライと4人合わせて「バカルテット」とファンには呼ばれ、その中でもリーダー役が多い。
ただしこの四人のグループは好きだがバカルテットという名称自体は嫌い、という人も少なからずいるため注意が必要である。
ゲーム内ではミスティアと対戦したことがあるくらいで、ルーミア、リグルとは面識の有無すら不明だったが、
『東方三月精』ではルーミア、リグル、ミスティアや他にてゐと一緒に行動してる事がある(てゐ以外とは会話の描写もないが)。
バカルテット結成の経緯も「永夜抄展開中当時、他キャラと接点の薄いフリー妖怪を集めたら なんかそれっぽくなった 」といったところのようである。

レティとは親子・親友・姉妹時には恋人など、仲が良い関係にされることが多い(能力が似ている事や妖々夢で同じステージに出演したため)。
洩矢諏訪子が登場してからは蛙を凍らせる遊びに対して抗議しにくるという話も多い。
神と妖精という天と地の力量差ながらベストバウトしてたり、死闘の果てに友情が芽生えていたりする。

一応チルノの仲間である大妖精や、チルノと同じくレベルの低い魔族である小悪魔は、
チルノと同じような性格(バカ)であるとの公式設定があるが、
二次創作では両者はチルノと比べ知的なキャラとする描写が多い。
一方、チルノ自身は氷のように素直な性格が他のキャラと絡ませるのに使い易い為か、原作からの性格改変が少ない人物の一人である。
その為か原作で会ってすらないキャラとも絡みが非常に多く場合によっては魔理沙並、下手したらそれ以上にモテてる事もある。
たまに周囲に振り回される常識人役や突っ込み役もやらされる(特に射命丸文登場以降)。

また「良くも悪くも非常に素直な為、どんな人物であろうと態度を変えずに接する事ができる」
という風に描写され、何かしら心に傷を持っている者の救いになることもあれば、
逆にその性格及び氷の属性(常に冷気がダダ漏れ)故に(主に冬場に)様々な人物、特に本来暖気が好きな同族である妖精から疎まれ、その為誰よりも孤独に敏感だったりするという風に描写される事もある。
自身のバカをコンプレックスにしている場合も。

「氷の妖精」という設定を「体が氷でできている」と解釈して、暑くなると溶ける設定も多い。

一人称については「あたい」の方が⑨っぽいということで二次創作ではそっちが定着している。
紅魔郷から今に至るまで髪はウェーブがかかっているが、二次創作だと何故か髪型はほぼストレートで若干外ハネしたショートボブに描かれることが多い。
また、寒さに応じて長さ(と体系)が急成長するという二次設定で「ロングチルノ」なるものも多く描かれ、髪型は基本的にストレートで統一されている。


因みに海外では、日本でいうなら八雲紫なみの超人気を誇る(人気TOP10以内どころか5位以内も、日本でも20位前後を維持している)。
ニコニコのお絵カキコ数が、東方キャラ中ぶっちの最多。
そしてついに主人公に大抜擢。
そういう意味では「チルノ最強伝説」は、ある意味間違ってはいないのかも?

+チルノのカリスマ?
ニコニコ動画に数多く投稿されている『信長の野望』『三国志』といった歴史戦略SLGシリーズ動画においては
能力的にはどうってことないハズなのに、何故か矢鱈と大活躍する傾向がある。
その凄まじさから「チルノ補正」なるものの存在が囁かれるほど。
特に『三国志』シリーズでの暴れっぷりは尋常でなく、一説には「『チルノ』という登録名に強烈な補正があるのでは?」とさえ言われている。
尚ごく一部の例外を除き、彼女が登録される場合には知力(あるいはそれに準ずるステータス)が⑨に設定されるのはお約束。

ファンの制作した二次創作ゲームでもステータスが⑨ピンまたは⑨ゾロに設定される傾向がある。知力あるいは(ryならばなおのこと高頻度。
⑨にこだわった結果、999といったカンスト値をたたき出すことがしばしばあり、作品によってはかなり危険な存在になっているケースもある。

あまりの最強っぷりから、こんな動画まで作られてしまった。

別世界では故郷が大変なことになっていたり。

200⑨年⑨月⑨日は「 チルノの日 」としてチルノ関係の動画やファイルが多くアップロードされた。


原作での性能

+『東方非想天則』での性能
比較的素直な挙動のスピードタイプ。中距離の牽制・差し込みと密着での固めが強み。
後述するホバリングという特殊な行動はあるものの、基本的には入力した通りに動き、
殆どの空中技が慣性変化なしか弱化だけで反動などがないため動かしやすい。
というか、非想天則の事実上の主人公である東風谷早苗先祖共々妙にトリッキーすぎるのでスタンダードに見える。
とりあえずC射撃を使っておけば割となんとかなるので、初心者にもとっつきやすいキャラのはず。

小さな妖精だけあってドット絵の身長が非常に低い。が、立ち状態では浮遊(但し足元の隙間にも判定がある)でしゃがみ状態が仁王立ちなので地上での当たり判定は結構大きい。
空中であれば見た目どおりの判定の小ささなので、コンボをやや受けにくい利点がある。

特殊行動としてホバリングを使うことができる。
ダッシュジャンプ以外のジャンプ後に下要素を押すか攻撃を使うまで落下速度が極端に遅くなり、左右には慣性を無視した移動ができる。
使い慣れると飛翔の代用にしたり起き攻めめくりに使ったりと、他のキャラにはない機動力を発揮。チルノの強みのひとつ。

優秀な点としては全キャラ最速タイの発生6F近A、低姿勢の下段でリーチが長く一部の切り返しをすかせる3A、
発生は遅めだが斜め上まで判定のあるJA、リーチが長く低姿勢のグレイズ突進打撃のダッシュC、
そして何よりC射撃が地上空中ともに非常に優秀。チルノと言えばC射と言われるほど。
前方3方向に放射状に氷を発生させる攻撃で、牽制に迎撃にコンボにととにかく用途が広く、この技がなければ戦うことができないレベル。
因みにしゃがみCはHP1000の身代り判定を持つ氷の玉を低姿勢で投げる技で、発生こそ遅いが牽制や対空として優秀。地味だけど。

必殺技では突進技のアイスチャージが光る。
隙が小さくLv2から空中発動まで可能になり、ローリスクな打撃択として気軽に入れ込むことができる。
主に結界狩りやコンボダメージの底上げ、射撃を置いてからのぶっぱでグレイズ狩りなど、チルノの214コマンドの主力になっている。
他にも銃口補正付きの速射であるアイシクルシュート、相殺されない射撃対空のリトルアイスバーグ、
霊烏路空のC射撃すら相殺しきる超強度の対空技アイシクルライズ、ガード不能のフローズン冷凍法などなかなか優秀な技が揃っている。

スペルカードはコスト5の氷塊『グレートクラッシャー』が飛びぬけて優秀。
氷のハンマーで一発ぶん殴るだけ、という非常にわかり易い打撃技で、発生は微妙に遅いが射程が異常に長く、高さもジャンプした程度の高さまで届くのだが、
なんとこの攻撃範囲なのに 空中/しゃがみガード不可
ジャンプした相手を落とす、相手の回避結界を狩る、受身を取った相手を殴り潰すといった使い方ができる為、構えておくだけで大きなプレッシャーになってくれる。
ぶっぱで当たればおいしくガードされても不利なし+削り、JAからコンボで4割など、他の用途にも使えるので腐ることがない。
しかし無敵などはなく大きく飛び上がるモーションのため、攻撃を置かれていたりすると顔面から突っ込んでカウンターである。でもそこがチルノらしい。
使いどころさえ見極めれば全キャラ屈指の強力なスペカである。
因みに密着でダッシュされると相手を飛び越えてしまい当たらない。原作再現
他には発生が早く威力も高めのコスト3『ソードフリーザー』とコスト4の切り返し技『アイストルネード』がメジャー。
というか、その他のスペルカードを使うチルノがほとんどいない。。
空中コンボパーツになるグレイズ打撃『スーパーアイスキック』や近距離で霊力を2.25削って不利の殆どない『瞬間冷凍ビーム』、
直撃すれば6割弱を奪い去るロマン技『パーフェクトフリーズ』など魅力的な技はあるのだが…

上記のように強い部分も多いのだが、欠点として
  • 発生の早い技はリーチが絶望的に短い
  • リーチ・判定に優れた技は発生が遅い
  • メインになる射撃の射撃強度が軒並みC(強度Bの射撃に一方的に相殺される)
  • 対空技の発生が遅い
  • 空対地が弱い
  • 切り返し技がシステムカード以外だとコスト4しかない
といった部分が挙げられる。
2Aはこのゲーム最速の5Fで正ガードして五分・誤ガードさせて2F有利と一見強そうに見えるが、
ちょっとでも距離が離れると近Aが出ないという仕様上ガードさせても当ててもその後が安定しない。
また、この遠A(発生12F)の距離の仕様によって暴れを通すのが非常に辛く防御の弱さに拍車をかける。
切り返しは、当初は昇竜コマンドのフリーズタッチミーがLv2から無敵が付いていたのだが、
その後のパッチで 無敵がバグだった という衝撃の事実と共に消滅してしまった。
そのフリーズタッチミー自体は無敵がなくなった現在でも扱いやすい全方位射撃として活躍している。

強度は低いものの使い勝手のいい射撃と、接近してからの素早い打撃を使い分けることが最強であることを証明する決め手となるだろう。
因みにチルノの氷エフェクトは全て白色の加算合成のため、背景が明るいステージ(特に一部の天候)では西行寺幽々子パチュリー・ノーレッジの射撃以上に見えにくい攻撃になる。
そして今作での背景が明るいステージの代表はチルノのホームステージ・霧の湖。チルノの知略である。

リーチの差をフットワークと技術で補い最強を名乗るチルノ(3分20秒より)。
自分の天候を利用した起き攻めにも注目。

1.10では使用者が多かったアイスチャージがLv2以上でなければ空中で使えなくなった、
設置技のように使えた冷凍光線がキャンセルで途切れるようになった、
DCの突進距離短縮(これは殆どのキャラが当てはまるが)などの弱体化があったものの、
  • アイシクルソード空中可
  • アイシクルライズのC版が前方に伸びるように
  • アイシクルボムが複数発射可能に
  • アイスキックにグレイズ付与
などなど使用者が少なかったスキルの強化が目立った。
A連3段目が3HITとなったのでヒット確認の難易度も低下。
射撃は弾速が速くなったものが多いが、その分ヒット・ガード時の拘束時間が短くなり固めがやりにくくなったものもあるので一長一短。
相変わらず射撃強度は低くリーチにも悩まされるが、以前よりスピードが向上しスキルの幅も広がったので、総合的には強化されたと言える。

天候は「ダイヤモンドダスト」。何故か一人だけ片仮名。しかも長い。
効果は ダウンするごとに一定のダメージを受け、移動起き上がりが出来なくなる というもの。
起き攻め回避がしにくくなることによって切り返しの弱いキャラはダウンしたら地獄が待っている。
起き攻めや固めの強いチルノとの相性は中々いいが、あくまで攻めているときの話。
チルノは切り返しに乏しく固められると辛いので、なんとしても先にダウンを奪いたいところである。

性能面とは関係ないがドット絵のクオリティは流石といったところ。
攻略Wikiにも「Iceべきバカ。超かわいい。」などと書かれている。
ニュートラル時や前後移動時は腕組みした状態、しゃがみポーズは腰に手を当て仁王立ち、と矢鱈に偉そうなのが如何にもチルノ的である。
(文字通り)頭を使った攻撃があったり、表情豊かなところにも職人魂を感じさせる。
一人だけ異彩を放つ彼女の魔法陣は必見。
また、旧作のアリス・マーガトロイド(通称ロリス)のようなカラーが存在する。

有名であるアイシクルフォールは、早苗さんのストーリーモードで使用するが、
ランダムに大量の氷を降らすスペカになっており、easyでも安置は存在しないが、かわりに矢鱈タメが長い…

「もっと強い奴を探しに行くよ!」


MUGENにおけるチルノ

20体以上のチルノが公開されている。うち6体が『非想天則』発表以前に作られたもの。

オオバコ氏ドット・非想天則ドット以外のチルノ

+ネンミン氏製作「チルノ」
ネンミン氏製作「チルノ」


MegaMari -魔理沙の野望-』のドットを基に製作されたチルノ。2頭身。

ボイスは二次創作作品『東方M-1ぐらんぷり』のスカーレット家のシーンから拝借。


同氏のキャラらしく、原作STGの弾幕の再現が見事。
「アイシクルフォール」も原作通りの軌道が再現されており、“Easy(壱符)”であれば目の前にいるだけで回避できるという仕様になっている。
ただ、かなり離れていれば地上でもヒットするし、また対空に使えるかもしれない。
体が小さい分、リーチは短い。
ダッシュはバカのくせに妙にかっこいい。
攻撃は基本的に安いが、稀に弾幕がバカ当たりして大ダメージが入ることがある。
飛び道具は弾幕ゲー出身らしく安いもののかなり厚く、大半のキャラでは接近するのも難しい。
しかし霊力切れをよく起こす。
そうするとアイスガードタックルで突っ込んでくるので、そこをガツンだ!

+大会ネタバレ
初出場のカップル-戦友・男女タッグトーナメントにおいてQとタッグを組み「弾幕の⑨、格闘のQ」としてなかなかの奮闘を見せた。
当たり難いと思われたアイシクルフォールもタッグならかなりの援護力を期待できる。
第二回 東方でやれ(?)トーナメント-アレンジキャラ祭り-では毎試合「まちがってるよ!」の掛け声とともにフライングを繰り返し、
その度に視聴者から「お前がまちがってるよ!」「誰かルールブック読んでやって」とツッコまれていた。
チルノの性能がよくわかる試合
因みにダブルチルノシステムの命名者である。でもバカ。

+プレート氏製作「ジョブチェンジチルノ」
プレート氏製作「ジョブチェンジチルノ」


チルノをベースに『FFVII』のクラウド・ストライフと某デビルハンターの要素が入ったキャラ。
グラフィックも黄昏風ではなく『MELTY BLOOD』の琥珀がベースだと思われる。
学生にして発明家の天才らしいが、それでもカエルいじめが趣味。
クラウドと某デビルハンターが混ざったら単純に装備が増えたのか、全体的に重武装。
あらゆる熱を斬り裂く聖剣「エクスイカバー」を装備しており、6回まで連続で攻撃できるという能力を持つ。
クラウドの技を多く持ち、最強の必殺技「超九武神覇斬」も使用可能。
他には反物質を撃ち出せるオートマチックのマグナム銃なども所持している。
尚、繋がりか、コンフィグによってコジマモードになり、
アサルトアーマーを使用したり、知り合いのさんを召喚してKARASAWAで援護してもらえるようになる。
コジマ粒子は使用していないようなので汚染も安心だ。…コジマは、まずい。

+◆MnsUouxgOs氏製作「全開チルノ」
◆MnsUouxgOs氏製作「全開チルノ」

凶悪板に突如として投下されたチルノ。登録ファイルを変えると大ちゃんに変更できる。
見た目は非常に小さくかわいらしいが、その実数々の凶悪技術を搭載した神キャラ。
Helperステコン無しで「神」がコンセプトで、混線の仕組みが特殊。
親変更や開幕混線は搭載しておらず、汎用殺傷力では他の神キャラにやや劣る。
しかし、専用対策は充実したラインナップ。撃破困難な準論外や 上位~最上位神が何人か入っている

+幽霊荘氏製作「手描きチルノ」
幽霊荘氏製作「手描きチルノ」


2012年12月に公開されたオリジナル手描きドットのチルノ。
アドベントチルノオマージュらしく空中移動技使用時以外は羽根が無く、デカい靴を履いているのが特徴。
頭身は黄昏ドットよりとジョブチェンジチルノの間ぐらい。
余り弾幕は張らず、肉弾戦で戦う。
デフォルトAIは存在しない。

斧ロダで公開中(下記動画にDL先)。

+nomucoke氏製作「紅魔城チルノ」
nomucoke氏製作「紅魔城チルノ」

2016年8月16日に公開され、最新は2016年8月24日公開版。
Frontier彩による東方二次創作ゲーム「紅魔城伝説」の1面ボスであるチルノを再現したもの。
デフォルトAIが搭載されており、原作の挙動を再現したものとなっている。
広範囲に広がり追尾する弾幕やAIの挙動も相まって格ゲーキャラでの対応は困難。
なお、原作では倒した後に魔理沙同様(こちらはチルノ戦直前から使用可能)プレイヤーをサポートする「パートナーキャラ」として使用可能になる。

プレート氏製作のアドベントチルノゆっくり化したチルノフ、うにゅほ化したさゐにょは各ページを参照のこと。

オオバコ氏のドット絵を使用して製作されたチルノ


氏のサイトでフリー素材として配布されている。見ればおわかりだろうが、非常にクオリティが高い。
ドット絵製作者を明記してあれば加工、改変はフリーとのことなので、興味があればDLしてみよう。
+こんな改変ドットもあるようだ
@さる氏による改変ドット。SkyDriveにてSFFが公開されているので、こちらも興味のある方は一度触れてみてはいかがだろうか。
+339氏製作「チルノA-style(アグレッシブ・スタイル)」
339氏製作「チルノA-style(アグレッシブ・スタイル)」

オオバコ氏ドットを使用した最初のチルノ。製作者は作ろうぜスレの住人(339氏)。
弾幕に依存しない(文字通り)頭を使った格闘寄りのoriginal versionである。三頭身。
かなり速いダッシュと飛行で高い機動力を有しており、それを存分に生かすAIと相まって非常に強い。
デフォでLIFE900、ATK90と控え目な能力値だが、相手に機会を与えない戦い方をしてくる為その低さは殆ど感じられないだろう。
東方キャラらしく1敗後に超必殺技が強化される他、ゲージは1回分しか保有しない(=あらゆる超必が1ゲージ)ので、
タッグ戦においてはパワー溢れる戦いを展開する。
+大会ネタバレ
男女タッグ祭り2009春にて、ネンミン氏作チルノとも組む事の多かったQとタッグを組んで参戦。
前衛後衛を分担するタッグは良くあるが、このチームは他に例を見ない「攻撃と防御を分担する」タッグとして大活躍する。
」、「アルプスの少女」といった強豪を早々に下し、ベスト4まで勝ちあがった。
余談だが、Pixivでオオバコ氏が作成したQと⑨の中睦まじいドット絵が見られる。
(6:46~10:02あたり)
+ふるれ氏製作「アチチルノ(BarningBurningCirno)」
ふるれ氏製作「アチチルノ」

氷の妖精である事を投げ捨て、炎を駆使して攻撃する。
デフォカラーは火の象徴である赤を基調としており、AIも標準搭載されている。
東方キャラには珍しく投げ技を持っている。しかもけっこう威力が高め。
どうやら保有ゲージ数に応じて攻撃力がUPする隠しパラメーターが存在するらしく、
タッグ戦でウルトラマグナスのように凄まじいゲージ数のキャラを1P相方にした上でゲジマユ化した日には彼女の殆どの技が即死攻撃と化すので要注意!
現在は公開停止になっているため入手不可。

因みにニコニコで「アチチルノ」というと松岡修造(東方熱血漢)を指す場合が多い。

+吉宗氏製作「緋想天風チルノ」
吉宗氏製作「緋想天風チルノ」

作ろうぜスレにて製作されたチルノ。斧ロダで公開されている。
AIはもちろん大小ポトレすら無い未完成品だが、現段階でも十分遊べる。
「アイシクルフォール(easy)」の正面安地も見事に再現しており必見。

+加楽薬味氏製作「最強チルノ」
加楽薬味氏製作「最強チルノ」

CVSダン風味のチルノ。現在は非公開となっており入手不可。
咲夜ブランドーのAIでおなじみのクマ屋氏がAIを作成している。

+Moiky氏製作「サイキョー流チルノ」
Moiky氏製作「サイキョー流チルノ」


ストZEROのダン風味のチルノ。
この動画を応援したくて制作したとのこと。AIは搭載されていない。
こちらも上記のチルノと同じく、クマ屋氏からAI+改変パッチが公開されている。

+Moiky氏製作「チルノ・ブランドー」
Moiky氏製作「チルノ・ブランドー」


リーチ不足を補うためにダンの氷像に攻撃させようとしたらスタンド使いみたいになってしまったチルノ。
スタンド名はクレイジーダン。
時間経過でゲージが溜まる機能を持っているが、5つあるスーパーコンボのうち3つが挑発というなんとも素敵な仕様である。
中でも「時よ凍れ!」はその名の通り時間を凍らせる技だが、 自分も動けない (=無意味)。
ただ、「挑発伝説」と「挑発流星群」に関しては大量に出てくるクレイジーダンによって飛び道具を防ぐ、移動を妨害するなどの意外な効果がある。
挑発を優先した素敵なAIが組み込まれており、ダンによる間接攻撃を軸に隙あらば挑発を狙うサイキョーな立ち回りを魅せてくれる。
そして、大量のゲージを確保できる環境を与えると フィールドが人間ダン幕で埋まる 、是非お試しあれ。
「どした、どしたぁ!」「ナメんじゃねーぞ!」「ヒャッホーイ!」等、彼のボイスが入り乱れ非常にやかましいが。
因みにポトレと同じ配色のDIOあるいはレモン味カラーは6pカラーなので、黄色に拘りたい人は要チェック。
現在では裏・特殊カラーも追加され、7pからスタンドがシアーハートアタック(要するに 爆弾 )と化し、
11Pの黒カラーでゲージ回復速度10倍、12pでは本体の常時アーマーに加えパワーアップした爆ダンが常に空から降り注ぐ。オヤジィー!
…冷静に考えると人間ダン幕=MUGENでも数少ない群体型スタンドなのかもしれない。

+Moiky氏製作「すごいチルノ」
Moiky氏製作「すごいチルノ」

その名の通りすごい漢の必殺技を搭載し、ゆっくりボイスで彼の台詞を喋るなかなかすごいチルノ。
超必闘神翔は原作のしょっぱい仕様ではなくMUGEN仕様なので凄まじい火力と攻撃範囲を誇る。
これも東方キャラには珍しく投げ技を実装。いわゆるジャイアントスイングをかましてくる。
AIもデフォで入っており、なかなか強い。
現在OneDriveにて公開中。
12Pは色々と性能がUPする。12P限定オリジナル技も搭載された。

+Moiky氏製作「極限流チルノ」
Moiky氏製作「極限流チルノ」

くんしょうも氏ののりのもとを改変して作られた、氷でできたバイクに跨ったチルノ。
バイクに跨ったダンの氷像を飛び道具として用いる。
旧版では氷像攻撃がCPU専用技になっていた。

+Bask氏製作「豪鬼の弟子チルノ」
Bask氏製作「豪鬼の弟子チルノ」


豪鬼のような技を持つチルノ。
完成とともに殺意の波動に飲まれた模様。
氏のブログで公開していたほか、如月竜人氏のサイトでも代理公開されていた。
前者はブログ解約&2016年のフリーティケットシアター終了により、後者は現在DL先に繋がらず入手不可。
デフォAIはないが、nns氏による外部AIが公開された。
AIレベルやブロッキング率などを100段階に調整できる。nns氏によれば強上位程度とのこと。

+橙華とっつぁん氏製作「待チルノ」
橙華とっつぁん氏製作「待チルノ」

SF2’のガイルを真似て待ち戦術を身につけたチルノ。2013年9月30日に公開された。
Readmeによると現時点ではほぼ差し替えキャラだが、今後技や演出を追加する予定とのこと。
AIはない。
同名ストーリー待チルノと直接の関係はないとのこと。

+石氏製作「ポセイドン」
石氏製作「ポセイドン」

Readmeには「水没少女」と記されている。
1Pでは紙、12Pで下位神程度。凍結当身、即死返し、OTHKなどを搭載している。
ライフは完全に内部変数で管理しており、ライフバーは仕事をしない仕様となっている。

+RGM氏製作「Unit ⑨」
RGM氏製作「Unit ⑨」

2013年7月19日に公開された海外製のチルノ。
必殺技「Ice Needle Cannon」は凄まじい連射スピードで、食らうと一気にLifeを減らされる。
巧妙な設置技を駆使するなど他のチルノとはひと味違う性能となっている。
AIは入っていない。

非想天則のドットを使用して制作されたチルノ

+339氏製作「チルノAT(Assault type)」
339氏製作「チルノAT(Assault type)」

同氏のチルノA-styleより、さらに近接戦特化型version。
更新で簡易AIを搭載。
非想天則ドットで一番初めに公開されたチルノである。

+ふるれ氏製作「非想天則アレンジチルノ」
ふるれ氏製作「非想天則アレンジチルノ」

基本的に非想天則の技を使うが、スペルカードはカード制ではなくゲージ技として実装されている。
一時公開停止状態だったが再公開された。

nns氏によってAIが製作、公開されている。
弾幕は牽制程度で突っ込むようにガン攻めすることが多いが、距離をとろうとして(画面端でも)後退しようとすることもある。
また、5ゲージ技のグレートクラッシャーを狙ってゲージを溜め込む傾向があるようだ。

+Noobic Cube氏製作「ニュークリアチルノ」
Noobic Cube氏製作「ニュークリアチルノ」

氷ではなく核融合の力で戦うチルノ。主に機動面や通常攻撃はチルノ、射撃と必殺技は霊烏路空となっている。
更にお空の技に聖帝染みたものがあるせいか…。
デフォルトでAIも搭載のほか、ボスモード版も同梱。通常・ボス共に特殊カラーもある。
初期スキルレベルや制御棒の使用頻度などについても設定できるため、幅広い強さに調整が可能である。
また、技の特殊効果の再現の為に相手側の記述が必要となる技の多くに対応していたり、特定のキャラへの勝利台詞が非常に豊富。
普通の東方キャラは勿論、同氏製作のキャラや他のチルノ等にまで対応している。
凱氏のAIが公開されている。
+Lates氏製作「⑨」
Lates氏製作「⑨」

最終更新日は2011/4/11。
ナインボール=セラフのストライカー風チルノ。
ENゲージや弾数など、ACのシステムが使用されている。
技はPS時代の物とNBの武装と、ノーマル9のブレードとセラフの様な青いブレードが搭載されている。
飛び道具は豊富だが近接攻撃の手段がブレードのみなため、距離を詰められると苦戦する。
また基本的に実弾系の武器は弾数制限があるため、隙を見て「弾数回復」する必要がある。
ENゲージを消費して飛行できるが、上昇し始めはやや遅めな事、ブレードやEN系の武器にもENを使う事、
そしてゲージが0になるとチャージング状態になりゲージが回復するまで飛行やEN系の武器、更にはガードが使えなくなる事に注意。
  • 通常モード
1P~6Pはこのモード。
この段階では弱点も多いので扱いが難しいが、東方系のキャラとは割と普通にやりあえる。
  • なんちゃってセラフモード
7P~11Pはこれ。弾幕と高機動をまるで自重しない状態になる。
また既存の技の性質も変化し、加えて「チェインガン」とブレード使用時に追加入力で出せる光波が使用可能となる。
  • コジマ汚染モード
12Pではこれ。
ブーストと弾数の制限がなくなりバリアまで展開するようになる。
ブースト用のゲージはプライルアーマー(PA)ゲージに転用され、PAが減衰している間しかダメージを受けない。
PAは攻撃を受けると減少するが、高速で動き回る上に当身技が無効なため、なかなかダメージを与えられない。
さらにはPAゲージを消費する全画面判定の攻撃「アサルトアーマー」、最大二つまで展開できる自立兵器「EO」を使用可能となる。

AIはなぜか 通常版をすっ飛ばしてセラフモードにのみ対応 していたが、更新により通常版にも搭載された。
分裂ミサイルで固めてブレで斬り込んでくるが、攻めに夢中なのかガードが甘めな辺りチルノらしい。
ZuBeN氏によってブーストジャンプを搭載するパッチが公開された。

+piyo氏製作「セレネ」
piyo氏製作「セレネ」

三日月のオーラを纏い、氷の弾幕を放つ神キャラ
三日月の色は一定時間ごとに変化し、弾幕に相手をに変えたり、イェアさせたりする効果を付与する。

+piyo氏製作「黒チルノ」
piyo氏製作「黒チルノ」

正式名称は「セレネ 新月スタイル」。
上記のセレネを並キャラ化したもので、強さは悪咲氏ゴッドルガールと互角程度。
時間経過でのみ溜まる特殊ゲージがMAXになることで覚醒することができるが、
これはあくまでgdり防止のための能力であり、凶以上を相手にするのは制作者としては想定外とのことである。

+Moiky氏製作「しもやけ意思」
Moiky氏製作「しもやけ意思」

ポセイドン、セレネに続く3体目の神キャラ…ではなく防御性能が特殊な改変。
弱い相手ほど負けやすく、強い相手ほど有利という極端な性能のため相性に左右されやすい。
製作者自身のブログで細かく書かれているので気になる方は見てみよう。

+にんにく氏製作「チリー」
にんにく氏製作「チリー」

氷に関する技を中心に改変されたチルノ。
「星のカービィ」の敵キャラではない(能力的に名前の由来になった可能性はあるが)。
その場にいるだけでも相手は凍りつき動けなくなり、何か行動する程体力を奪うタゲステ技を使い、
氷の鎧を着ている間はダメージを受けず、威力の高い攻撃で割れ本体も一瞬で溶ける。
つまり攻めている間は強く、火力の高い相手には不利といった感じ。
因みに運がいいと1Pでもスーパーメカ翡翠を倒してしまうとか。

+ザウラー氏製作「D-Chirno」
ザウラー氏製作「D-Chirno」

最早氷とは殆ど関係なく、黒い魔方陣で戦う。中には「⑨」と書かれたものも。
強さは狂下位~上位。

+熄癈人氏製作「Widerspruch」
熄癈人氏製作「Widerspruch」

禍霊夢などの狂キャラを制作している熄氏のチルノ。
手から放つ剣のようなオーラを振り回して戦う。
氏の事なので最弱設定でも余裕で狂下位~中位に達する。


出場大会

+ネンミン氏製作

ネンミン氏製作

+ジョブチェンジチルノ

ジョブチェンジチルノ

凍結
+オオバコ氏ドット絵使用

チルノA-style

更新停止中

アチチルノ

削除済み
凍結
更新停止中

サイキョーっぽいチルノ

サイキョー流チルノ

凍結

チルノ・ブランドー

すごいチルノ

極限流チルノ

豪鬼の弟子チルノ

ポセイドン

+非想天則ドット使用

チルノAT

更新停止中

ニュークリアチルノ

セレネ

凍結

黒チルノ

チリー

非想天則ドット

+その他

その他のチルノ

更新停止中
凍結
削除済み
非表示

出演ストーリー

+...
⑨とVAKAとアーイの物語(ふるれ氏作。主人公の一人)
BELIEVE AGAIN!! ~the astray story on crystalsphere~
MUGEN学園カラス部
MUGENの星
Reverse Night(チル姉)
SOS団と3人の姫君
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~(⑨)
Timekeepers
Transfer Avengers
萃まれ!萃香温泉(メガ⑨)
アリスさん姉妹
アリスさん姉妹・R
あるくような速さで
居酒屋mugen(アチチルノと共に番外編で登場)
炎邪じゃー!!
影気ままなストーリー(スーパーにて)
神キャラが送る学園ストーリー (セレネ)
仮面ライダー778
仮面ライダーMIOMEGA
がんばレイセン!(ネンミン氏)
がんばレイセン!R2(ふるれ氏)
霧雨魔法店
幻想郷戦隊ハクレンジャイ⑨違い
香霖堂夜想曲
こんな非想天則は嫌だ
サイキョー流珍道中(主人公)
サイキョー流珍道中第二幕 サイキョー漫遊記(主人公)
サウザーの拳
ザキさんの上の死兆星
早苗さんとけーくん(ジョブチェンジチルノ、母はチルノ。アドベントと双子)
待チルノ(主人公)
ジョブチェンジ!(ジョブチェンジチルノ)
シンクロナイズド・ストーリーズ(居酒屋mugenから 非戦闘)
すごい漢シリーズ
大闘領 -Sengoku Legend of the Gainers-(萃香温泉から、非戦闘)
劇場版:大闘領(同上)
チルノ絵日記(主人公)
月宮あゆの幸せな毎日。
ディオ・ブランドーは落ち着けない
豆腐屋 早苗さん(凍らせ屋「霞羽 チルノ」)
”凍らせ屋” -Spine Chiller- (霞羽 チルノ:主人公)
とある吸血鬼の東方見聞録
東方先代録(⑨)
東方妖夢伝(天才。⑨)
東北紅魔卿
突撃!隣の幻想郷!
中の国(解説役)
パーフェクトソルジャーは動かない
ヒナナイの剣(番外編)
暴君の日常(すごいチルノ)
魔法少女リリカルあきは
八雲家の家庭の事情(大人)
ヤマトさんフリーダム!
ラディッツがMUGENで幻想入り
ルガール運送魔理沙支部 (ジョブチェンジチルノ)
ロックマンゼロが幻想郷の住人と戦うシリーズ(チルノ&ジョブチェンジチルノ)

その他


*1
紅魔郷おまけ.txtでは「雪ん娘」「あの程度の妖怪」とあり、妖々夢.txtでは「氷の妖怪」。
人外の存在全般を差す意味で「妖怪」だと思われる。
*2
これはZUN氏にとっても想定外の出来事だったらしい。
但しあくまで Easyモードでの話 。Normal以上の難易度では自機狙い弾がつくことで安全地帯はなくなるし、Easyモード時の感覚で正面から戦おうとするととても避けにくい。
*3
映画『もののけ姫』で有名な巨人。『非想天則』でチルノが手下にしようと思っていた神や妖怪の一種で、東日本(特に関東甲信地方)に伝承が多い。
ZUN氏の故郷である長野県でも
「大町市北部の仁科三湖はダイダラボッチの足跡」
「塩尻市の高ボッチ高原はダイダラボッチが一休みした場所」
といった伝承がある。表記はひらがな、カタカナが混在してるが、柳田國男によれば元来は「大太郎」に法師を付加した「大太郎法師」で、
一寸法師の反対の意味。
*4
蓮の花托(いわゆる蓮コラのアレ)には発熱作用があり、開花期間中に花の温度を一定に保つという、植物では
非常に珍しい「恒温性」を持つ。その蓮すら冷気でハラハラ散らしてみせる、という意味。
相手をハラハラさせるとの洒落でもあるかもしれない。
*5
六十年周期の大結界異変のこと。チルノは「60年に一度のお祭り」と呼んでいる。
幻想郷のあらゆる花が開花季節とは関係なく突然咲き始め、幽霊が大量出現する。
原因は「還暦」。60年に一度、外の世界では死者(=幽霊)が増加し、幻想郷では「結界の緩み」が起こり外の幽霊がなだれ込む。
幻想郷担当の三途の川の案内人である死神の仕事の許容量を超える幽霊が幻想郷に出現、溢れかえった幽霊が花に憑依し咲き乱れる。