カシウス・ブライト


「諦めなければ必ずや勝機は見える。
    そう教えたことを忘れたか?」

プロフィール

性別:男
年齢:45(空の軌跡FC時?)
家族:レナ・ブライト(故・妻)、エステル・ブライト(実娘)、ヨシュア・アストレイ(養子)

日本ファルコムの看板シリーズ「軌跡シリーズ」の登場人物。
「空の軌跡」の主人公エステルとヨシュアの父であり、卓越した戦略眼と武術の持ち主である。
地球連邦軍の艦長とか現代編のラスボスではない。
担当声優は岸野幸正氏。

原作では

空の軌跡FC~The 3rdに登場。クロスベル自治区編・エレボニア帝国編のシリーズでは未登場。
八葉一刀流の使い手であり『理』に至った達人であるため、『剣聖』の呼び名でも通っている。
ゲーム開始以前はリベール王国軍に所属していて階級は大佐だったが、
《百日戦役》とよばれるエレボニア帝国との戦争中に妻を亡くしたことで軍を引退して遊撃士に身を移す。
FC時代は国際的問題を解決した遊撃士にのみ与えられる称号であるS級の称号を与えられていたが、
FC時の事件を通じて遊撃士を引退して軍に戻った。

……とここまで書いてるだけでも凄い親父なのだが、事細かに書くと単なるチート親父どころではない業績を積み重ねている。
+英雄伝説 カシウスの軌跡
  • 百日戦役において、小規模の独立部隊や飛行艇による奇襲戦術によって国力の差で負けているエレボニアを相手に休戦を確約させる。
  • 各国から子供を誘拐したD∴G教団による非人道的実験を表側において全面的な指揮を取ることでS級遊撃士になった可能性が高い。
    (作中では明確に語られていないが、ゲーム開始以前の時間でカシウスが関わった国家に大きく関わる事件として語られているのがこの一件のみである)
  • FCにおいてはエレボニアのギルドが連続して襲撃される事件が起きたため、それの収拾にあたっていた。
  • FCのラスボス戦には間に合い、封印区画を全力疾走してタマネギ大佐が諦めかけたところをラスボスの腕一本を余裕で吹き飛ばすor機能停止させた。
  • SCでは軍属(なお階級は准将)に戻り、司令部が地震で狙われることを予見して前もって対策を取って被害を最小限に留めた。
  • 七の至宝の行く末を見守る聖獣とマブダチ、これには娘と更生させた不良青年も驚愕。
  • FC終章以降、放蕩王子と共謀していてSC七章の事件を予見していた。最悪の状況に最高の可能性を持って登場した。またお前か
  • 更にはネギ神父と養子の息子とも共謀し、面白もとい《白面》のやらかすことを予見して対策を施した。またお前だろうな
  • ダチと一緒に娘と息子の窮地を救ってSCをハッピーエンドにした。もうお前じゃなかったら本当にどうしようかと

これら全てが全て事実である。
ファルコムの中年親父は本当に自重しないな!

なお、これだけの業績を積んでいるカシウスではあるが作中世界の実力者を列挙するとこの親父が基準になっている。
具体的な内容は剣帝レーヴェの項目で語られている。

原作中の性能


「俺に勝ってみせろ。以上だ」

「無理だよ!(プレイヤー一同)」

そんな上記のチートぶりから、The 3rdで戦うことになることが分かった時点でプレイヤーは戦慄した。
そして立ちふさがった剣聖はプレイヤーの想像通り、壁となった。

通常攻撃で画面を揺らし、
セピスボーナスの時に百裂撃を叩きこまれたらセピスをゴリゴリと奪われ、
固まっていたら雷光撃による散らし、裂甲断による行動遅延、
CPが貯まると擬似全体攻撃の親父フェニックスこと鳳凰烈波、
挙句の果てにはライフが減ってくると攻撃力と素早さを50%増やす麒麟功をしてくる。
そこから叩き込まれる鳳凰烈波はパーティーを壊滅状態に追いやってくれること請け合いである。
そのうえこのチート親父には軌跡シリーズ終盤ボス恒例のあらゆる状態異常・能力ダウンが通らない耐性持ち。
PSP版では更にAIが強化されて手に負えなくなっている。

そんな弱点らしい弱点がないチート親父の弱みは「行動遅延を除く妨害行動やアーツ系の攻撃・回復を持っていないこと」である。
つまり物理攻撃への抵抗を高めておけばの代名詞であるレンやオーバルギアに乗っていないティータでも耐えきれるだろう、多分。
逆を言えばオーバルギアでボッコボコに出来てしまう。

ちなみに武器は棒だが、『剣聖』の名の通り本来の得物は剣である。まじで自重しろ親父。
しかしレーヴェとの正面きっての戦いでは勝てないとのこと。
逆に言えば戦術・知略もろもろ込みなら勝てるということだ。

MUGENにおけるカシウス

  • いるか、氏制作
ゲーム中のグラフィックを元にしており、技や攻撃はレーヴェと同じく作中で使われた技や娘が使っている技を搭載している。
殆どの行動にアーマーが付与されており、強引に自分のターンに持っていくことが出来る。
またコンフィグではレーヴェや氏の制作したヨシュアと同様アクセサリで性能を上昇させる事ができるほか、
下に表示されるHPの表示量を原作仕様(最大HP80000)と実数値(最大HP1333)から選択可能。実際の性能は変わらないためお好みで。
この他、カラーにより性能が変化する(1~3Pが弱体化したイージーモード、4Pが基本となるノーマルモード、5・6Pがノーマルモード+麒麟功自動発動)。
更新によりレベル設定が可能なデフォルトAIが搭載され、スーパー親父タイムこと麒麟功の使用頻度を個別に変えられるようになった。
余談だが、更新で追加されたSクラフト(超必殺技)の鳳凰烈波は根性キャプチャーに近いことをやっているため氏のトラウマになったとか。

その後の更新で新たにカウンターヒットや壁バウンド、フラッシュガードなどのシステムが追加され、
通常よりCPを消費する分性能を上げた強化版クラフトが多数追加、更にロック技ではなく範囲攻撃系Sクラフトの鳳凰烈波Bが追加された。
また新たに7P~9Pにステータス上昇や攻撃に当て身付与、喰らい抜けや割り込み鳳凰烈波Bなどが使えるようになるハードモードが追加された。
アクセサリにも操作可能かつコンボ中以外の場合CPが100まで自動回復する月の刻印、同条件でCPがMAXになる太陽の刻印が追加された。
それにしてもこのチート親父自重しない。
AIはレベル制が削除された代わり(?)常時起動、2P側のみ常時起動、常時OFF、常時OFF+人操作時にオートコンボから選べるようになった。

2015年8月の更新で性能調整やバグ修正が行われたほかハードモード以降の麒麟功に防御力上昇が付くようになり、
10P以降で常時アーマーに加え凄まじい性能強化が入るナイトメアモードが起動するようになった。ランクとしては狂上位~最上位。
麒麟功が入れば更に性能が上がり、常時麒麟功状態の12Pでは旧鬼巫女Rare Akumaを殴り倒す立派な準神キャラとなっている。
この他、通常技や動作SE、対レーヴェ戦用イントロなども追加されている。
この更新版は現在氏のサイトではなくTwitterで公開中。
2015年10月の更新でバグ修正が行われたほか、遅延無効再現で特殊条件下での食らい抜けが搭載されたVer1.7はティータ剣帝杯などのシイタケ氏のonedriveで代理公開していた。
現在の最新版はいるか、氏本人のonedriveで公開されている。


出場大会



添付ファイル