リリス(ヴァンガードプリンセス)


「百万年早~い!!」

プロフィール

身長:123cm
体重:22kg
B62:W54:H73
血液型:不明
年齢:不明
誕生日:1月2日
戦闘スタイル:プロレス (現:おにょーれ級王者)
好きなもの:ぬいぐるみ(常時右手に持っている)、ラーメン
苦手なもの:炭酸飲料、辛いもの

原作でのキャラクター

ある日、突然魔界から現れて学園理事長の座についた幼女悪魔。
自身を悪魔であると主張するが、周囲は誰一人信じない。
クマのぬいぐるみを「リデルハート」と名付けて相棒と言い張っているらしい。

「リリス」という名前はメソポタミアに伝わる伝承上の「夜の魔女」であり、ファンタジー作品ではメジャーな悪魔。
格ゲー界でも先駆者として同じ名を持つヴァンパイアシリーズのリリスなどがいる。

こちらのリリスは悪魔であるにもかかわらずプロレス技を駆使して戦い、破壊力より魅せる技を好む。
当然、レバー1回転コマンド投げも標準装備。
使用される主なプロレス技は打撃は逆水平チョップ、飛び膝蹴り、ボディプレス、ドロップキック等。
投げはスタナー、ブレンバスター、フェイスクラッシャー等。
(ただし、各種コマンド技は全てひらがな表記になる)
華の超必殺投げ『FMB(ふぁいなるめておばすたー)』は自身の体力が4割を切っていた場合、
その威力が一撃で相手の体力を5割持っていくまでに高まる、まさに一発逆転技である。

因みに、なぜか同じ投げキャラ幼女である大道寺きらと身長と体重が同じである。

担当声優は大山チロル氏。

原作中の性能

ヴァンガードプリンセスの投げキャラ担当。
きら様だってスライムで巨漢を取り繕うこのご時世、 最少サイズなのに鈍重な投げキャラ という対戦ゲーでは希少な存在。
機動力の低さに加えその体格からリーチも短いため投げキャラとしては至極真っ当な性能。
キャラが大きく画面が狭いヴァンプリなので、見た目最小でもそこまでちんまい印象はないかもしれない。

評価としては5強の一人に数えられる。
というより、最上位と名高い羽澄えりの直下の4強と言った評価だが、接近戦でもえりに引けを取らない唯一のキャラとされ
投げキャラ故に実践値も高いため最上位キャラの一人と言っても過言ではない。
理論値のえり、実戦値のリリスといったところか。

1F投げ「はいぱーこめっとばすたー」、超火力のリバティアーツ「F.M.B.」をはじめとする
高性能な投げ技を最大の持ち味とし、これらを駆使したガード崩しや切り返し、起き攻めは非常に強力。
また、打撃のコンボも安定しており、強力な投げをちらつかせつつ打撃でもダメージを取っていける。

体力と根性値がナタリアに次いで高く、身体が比較的小さいのでコンボを落とされやすい、
「前歩き中はダメージが減る」というリリスだけの特徴もあって防御力も全キャラトップクラス。

反面、見た目通りリーチが短い、前ダッシュが無いため機動力が低い、ゲージ効率が悪いなどの欠点も抱えている。

MUGENにおけるリリス

ZSM氏制作のキャラが存在。
原作仕様とアレンジ仕様を選ぶことができ、サポートキャラも完備。
各種設定可能なコンフィグや10段階に調整可能なAIも搭載してある。

SXVector氏制作のものはMUGEN1.0専用で、残念ながらAIは無い。
しかも氏は現在ほとんどのキャラを公開停止しており、リリスもその中に入っている。

出場大会


出演ストーリー



添付ファイル