仁義なき戦い

OP1 OP2

この中で頂上を奪い取るのは誰だ!?

解説

極道映画 仁義なき戦い をモチーフとした大会。
大会はチーム構成員を決める 旗揚げ編 と成長システムを取り入れた団体戦 抗争編 の二部構成で進行していく。

旗揚げ編

ルール

キャラクターの中から抽選王によるランセレで6人の構成員を選出。総当たり戦で獲得したSP(シノギポイント)で組長、若頭を決定する。
総当たり戦は1R制で勝利すると +2SP 、敗北すると -1SP となる。
終了時に合計シノギポイントが一番高いキャラクターが 組長 、2番目に高いキャラクターが 若頭 となり、合計-3SPのメンバーは 破門 となる。

出場選手

+ ...

抗争編

ルール

6組織による対抗戦方式。ランセレでカチコミを行いシノギを削りあう。構成員が2名以下になった組織は解散、残り2組織になった地点で決戦が発生する。

カチコミ

カチコミ形式は3系統に分けられて進行する。
  • タイマン(シングル戦、2ラウンド先取制)
  • タッグ(2ラウンド先取制)
  • 3VS3チーム戦(SPが低い順に並び替え)
※参戦者はランセレで決定し、勝てばSPが増え、負けるとSPが削られる。

SP(シノギポイント)

各構成員には戦績と肩書きに応じてSPが設定されている。
勝利すると +2SP 、敗北すると -1SP 、SP-3以下で 破門
なお1SPあたり LIFE+20、Attack+2 のボーナスあり、また肩書きに応じたボーナスもある。
※4巡目以降はどんなにSPがあろうが 7敗した地点で強制的に破門となる

肩書き

  • 総SP所持1位→ 組長  所属構成員数×2SP
  • 総SP所持2位→ 若頭  所属構成員数×1SP
  • 他組織から移籍→ 外様  所属構成員数×-0.5SP
またボーナス付きでSPが同じ構成員が発生した場合、肩書きを賭けてタイマン(下剋上)が発生する。

落とし前

敗北すると各条件に応じて落とし前をつけられる。
  • タイマン、タッグ時に1本も取れずに負けた場合(早い話ストレート負け)。
  • チーム戦時に1人もKOできなかった場合(各キャラクターごとに判定)
+ 落とし前の内容

下剋上タイマン

肩書きなしの構成員と肩書き持ちの構成員のSPが並ぶと肩書きを賭けてタイマンが発生。
肩書き持ち同士が1R先取のタイマンを行い、勝てば肩書きを獲得(もしくは維持)、負けた場合は落とし前になる。
なお下剋上を達成すると追加ボーナスとして Attack+20 が加算される。
+ 下剋上専用落とし前の内容

組織の解散

各組織の構成員が2名以下になった地点で組織は解散、その時に残っていた構成員は解散用ルーレットにより今後の身振りが決まる。

+ 解散用ルーレット

構成員勧誘について

リザーバーよりランセレで選ばれたキャラクターと2本先取のタイマンを行い、勝つとそのキャラクターを構成員に加えることができる。
構成員は都合上1敗ついた状態で加入する。

+ リザーバー紹介

桜田門組

桜田門組とは警察のこと。強めのキャラクターで構成されており、3VS3のチーム戦で戦うことになる。
なお桜田門組は3人負けるまでメンバーは固定され、ステータス更新はされない。

構成組織

+ ネタバレ注意!

関連大会


コメント

  • とりあえずページ作成、この大会見ると微妙にダンを応援したくなるような。 -- 名無しさん (2013-11-23 13:17:20)
  • ページ作成、ありがとうございます!気づかなくてすいませんでした!というか作られるなんて思ってなかったので。こんなチマチマしたルールを記載いただいて恐縮の至りです。 -- うp主 (2013-12-30 15:19:51)
名前:
コメント:


マイリスト