トニー・ウォン

タイトーの発売した格闘ゲーム『バイオレンスファイト』のボスキャラクター。
後に海外でのみ発売された続編『Solitary Fighter』で使用可能になった。
中国人風の名前であるが特攻野郎Aチームのコングの様な見た目で強力な打撃とチェーンを使って戦う。

身長225cm、体重115kgというかなりの巨漢。
1940年1月5日生まれ(ゲームの舞台は1950年代前半)、ニューヨーク出身。
大会優勝候補とされる圧倒的パワーを持ち、勝つためならいかなる手段も選ばない。

タイトーメモリーズ下巻収録『バイオレンスファイト』動画、12:36あたりで登場


MUGENにおけるトニー・ウォン

mitai dake氏が製作したものが存在。
同氏のパズズロンと同じくプロレス風味の大幅なアレンジが施され、特殊ガード「シールド」や当て身投げの他、
原作での軸移動の動きを再現した回り込みも搭載。
ゲージ溜めを持つ上に攻撃時や被ダメージ時の増加量も多いため、瞬く間にゲージが溜まっていく。
また、パズズほどではないがデフォルトの体力が1200とかなりタフである。さらに根性値補正で試合の終盤はとんでもなく硬くなる。
もちろん原作の技に加えて多数のオリジナル技が搭載されており、力強い打撃技に加えて
木箱を投げつけたりチェーンで殴ったり虎に襲撃させたりと反則技も得意とする。
なんとなくスト1のバーディーとストゼロのバーディーの中間に位置するようなイメージである。
試合中は行動に応じて実況解説のボイスが鳴る。設定でON/OFFが可能なので気になる人はOFFにしておこう。
AIは搭載済み。

youtube動画にmediafireへのリンクがある。

出場大会




添付ファイル