グレッグ・ワイラー






「俺はここだぜ!」
 年齢:29歳
 身長:187cm
 体重:105kg
 血液型:O型
 誕生日:9月3日
カルチャーブレーンのアクションゲーム『飛龍の拳』シリーズの登場人物。
作中では「ワイラー」と表記されるが龍虎外伝のアミバではない。
海外版では「グレッグ」と表記され、『バーチャル飛龍の拳』でフルネームが「グレッグ・ワイラー」となった。「チャーリー・ナッシュ」みたいな感じである。
越前とダニーの戦友ではない。

『飛龍の拳2』より登場。
かつて大魔神を討ち滅ぼした龍天大聖が、大魔神の復活を阻止する為に地上へ遣わした五人の龍戦士の内の1人で獅子の化身。
CIAに所属。特殊部隊ホワイト・テンプルの隊長。龍戦士で最年長の巨漢。
ペルーに存在する生物兵器研究所に派遣された第一次調査隊の生き残りで、
第二次調査隊に参加した龍飛たちと出会い龍戦士の一人であった事が判明する。
その後は龍飛たちと行動を共にして、大魔神封印に尽力した。
素手で虎をも倒す怪力の持ち主で、ワンマンバタリオン(1人大隊)の異名を持つ。

格闘スタイルはプロレスだが、続編ではよく変わっている。



MUGENにおけるグレッグ・ワイラー

暗黒内藤氏が製作したものが存在。
スプライトは『SD飛龍の拳』のものを使用している。

アキレスクラッチホールドには特殊やられポーズがあり、
同梱テキストを参考に19851番のアニメーションを作ると対応させることができる。

NS氏がAIを作成している。

出場大会


プレイヤー操作




添付ファイル