仮面ライダージョーカー


 ■スペック
 身長:195cm
 体重:85kg
 パンチ力:1.25t
 キック力:3t
 ジャンプ力:ひと跳び30m
 走力:100mを6.2秒





「どうやら切り札は……常に俺の所に来るようだぜ!」


平成仮面ライダー第11作『仮面ライダーW』に登場する仮面ライダーの一人。
仮面ライダーWの変身者の一人・左翔太郎が、ロストドライバーにジョーカーメモリを装填して変身する姿で、
主に翔太郎と同じく変身者であるフィリップが何らかの理由で変身不可能な状況でドライバーを用いる事が多い。

外観は仮面ライダーW・サイクロンジョーカーの左半身(ジョーカーサイド)の色や模様を右半身にも施したような姿。
かつて『MOVIE大戦2010』に登場したWの特殊形態・ジョーカージョーカーに似ているが、あちらと違いメモリは1本しか用いておらず、
体中央のラインは黒く塗られている。
変身ベルトであるロストドライバーはWの変身に使われるダブルドライバーによく似ているが、変身に使えるガイアメモリは1本のみ。
作中ではジョーカーの他にスカルやエターナルが使用しているなど、実はライダー用には一番普及しているタイプともいえる。
(余談だが、元々ダブルドライバーの左側に入れるジョーカーメモリをロストドライバーに入れているため、
 変身時はメモリの「J」の字が「つ」のような形になってしまう)

劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』で初登場。
風都にばらまかれたT2ガイアメモリを集める仮面ライダーエターナル=大道克己率いる謎の組織『NEVER』との交戦の末、
T2以外のガイアメモリを使用不可能にされ変身不能に陥り、さらに相棒であるフィリップも敵の手に落ちるという絶体絶命の状況の中、
師匠たる仮面ライダースカル=鳴海荘吉の遺したロストドライバーと、事務所に落ちてきた最後のT2ガイアメモリであるT2ジョーカーメモリを使用して変身。
NEVERの戦士であるヒート・ドーパントとメタル・ドーパントを技のキレで圧倒してタイマンで制し、
首謀者たるエターナルに挑むも、格闘の末にロストドライバーを破損して変身解除、T2ジョーカーメモリも奪われてしまった。
T2メモリは最終的にエターナルの爆死に巻き込まれ全て破壊されている。

+ 人とメモリ

その後ユートピア・ドーパントとの最終決戦を終え、データ人間として肉体の限界を迎えたフィリップは消滅したが、
彼は翔太郎一人でも風都を守れるよう、置き土産にロストドライバーを遺していた。
翔太郎はこれと今までWへの変身用に使っていたジョーカーメモリを組み合わせて使い、
フィリップが復活するまでの1年間を仮面ライダージョーカーとして戦った。
復活後も、彼が検索に夢中になっている間などはWのかわりにこちらに変身することがある。

Wと異なり使用メモリがジョーカーメモリ単体という事もあり、総合的なスペックは全体的に劣っているのだが
(パンチ力、キック力、ジャンプ力はサイクロンジョーカーのちょうど半分。
 他作品と比べると、なんと敵怪人に傷一つ付けられなかった電王最弱形態・プラットフォームにすら劣る)
翔太郎自身の戦闘能力に加え、ドライバーの効果でメモリの「切り札の記憶」を最大限に引き出しているため
必ずしも弱いという訳ではなく、一般の怪人を数体相手にして互角に戦う事も十分可能。
通常のメモリで変身したジョーカーでも、翔太郎自身の経験もあり一般怪人を苦もなく撃破している。
戦法は徒手空拳による格闘戦オンリーであり、マキシマムドライブによる必殺技も単にエネルギーを纏った格闘技である
ライダーキック及びライダーパンチ。T2版では、発動時に昭和ライダーのものと同じSEが入る。

Wとは違う、腕でJの形を作る独自の変身ポーズは、翔太郎役の桐山漣氏が『仮面ライダーBLACK』のファンであり、
氏がその要素を取り入れ考案したものだという。
また、上記2つの必殺技のネーミングやアクションにもBLACKのイメージが取り入れられている。

平成ライダーでは極めて珍しい武器や特殊能力、フォームチェンジ等に一切頼らず己の肉体のみで戦うスタイルは、
商品化数が少なく短い期間しか登場しない劇場版ライダーだからこそできたものであり、そこが逆に強烈な印象を与えている。
公開前こそW・ジョーカージョーカーとほとんど変わらないあからさまなリペイントに見えたため評判はあまりよくなかったが
(なおジョーカージョーカーはCG撮影でスーツが存在しないため、実際にはジョーカーのスーツは新造である)、
実際の印象的な活躍と作品自体の出来の良さ、さらに本編最終回への登場で高い人気を獲得しており、
少ない登場ながらWには欠かせないライダーとなっている。

+ 「今名付けよう……ぼくは……仮面ライダーサイクロンだ……!」

(以上、Wikipediaより一部抜粋、改変)


MUGENにおける仮面ライダージョーカー

Wも製作したqzak氏による手描きキャラが2013年12月29日に公開。
原作同様にパンチ・キック技オンリーの技構成で、「仮面ライダー」の「カンフーマンというコンセプトで更新してゆくとのこと。
AIの類は未搭載。

また、平成ライダーの改変に定評のあるnipa3008氏による仮面ライダージョーカーも公開されている。
こちらはqzak氏のWを改変したもので、2012年に公開されたためライダーパンチがヒートナックルcを改変したものとなっていたが、
更新により他の氏が改変したライダーと同様qzak氏のブログやDCD1号の素材を改変したものへと変更された。
何故かリアクト版眼鏡風のストーリーが搭載されていたが、現在は削除された模様。
通常のジョーカーカラーの他、仮面ライダーサイクロン風のカラーも存在する。
こちらもAIは未搭載。

2015年1月には改変Wやファングジョーカーを製作したarumikan氏による仮面ライダージョーカーも公開された。
氏の製作したファングジョーカーとqzak氏ジョーカーが素体の模様。
飛び込みや対空といった基本的な技を一通り搭載し、また通常技を含め多くの技でダウン追撃出来る。
ゲージ技はライダーキックを搭載、1ゲージ消費の通常版と2ゲージ消費のロック技版がある。
カラーはジョーカーの他、サイクロン・ヒート・CJ・HJ・HM・LJが存在する。
デフォルトで並~強レベルのAIを搭載しているが、プレイヤー操作用defとAI用defで分かれているので注意。

出場大会




添付ファイル