島風


「おっそーい!」

DMMゲームスと角川ゲームスによるオンライン型ブラウザゲーム『艦隊これくしょん~艦これ~』に登場するキャラクター。
担当声優は『のんのんびより』の越谷夏海、ゲーム中では長門型、川内型、大井と北上を除く球磨型を担当している佐倉綾音氏。

プロフィール(元ネタの「島風」)

旧日本帝国海軍の島風型駆逐艦の1番艦。第一号哨戒艇に改名した峯風型駆逐艦の4番艦から艦名を引き継いでいる。
次世代駆逐艦として新型缶やタービンによる高速力、5連装酸素魚雷による高火力をコンセプトに設計された。
しかし艦隊戦の主力が航空戦力になった事、新型のタービン周りの生産性が悪かった事等もあり結局量産はされなかった。
その上その高すぎる性能から逆に連携が重要視される駆逐艦としては運用が難しく、持て余され気味であった。
大戦中は護衛任務に従事し、後に奇跡の作戦と呼ばれるキスカ撤退作戦にも参加する。
最後は輸送船の護衛中に戦闘機数百機からの襲撃を受けるも、その足力を活かして魚雷や爆雷の直撃弾を避け続ける。
しかし機銃で受けたダメージにより徐々に浸水し、足力が出せなくなりタービンがオーバーヒートして爆沈した。
現在、自衛隊の護衛艦として島風の名を受け継いだ、はたかぜ型護衛艦2番艦「しまかぜ」が就航している。

その他、細かな歴史は以下の動画で詳しく解説されている。

原作での島風

性格は自身のスピードに拘りをもつ明るい女の子。
事ある毎にやたらと自分の速さを自慢し、他の艦娘や敵を「遅い」と揶揄している。
提督や天津風とかけっこを所望するなど、趣味は少々子供っぽい。

常に謎の生命体(?)である「連装砲ちゃん」を3体引き連れており、可愛がっているのが見て取れる。
どうやらこの連装砲ちゃんにも感情があるらしく、中破すると表情が変化する。
この連装砲ちゃんが身につけている浮き輪に書かれている「ぜかまし」は島風の愛称として定着している。
(元ネタ当時の日本語に横書きの習慣はなくたとえ縦に一文字しか入らない横長のスペースでも縦書きしていたため)
連装砲を積んでいるのはどの艦でも同じだが、こういった形で艦娘本体から独立した別の生き物として引き連れているのは島風のほか、
天津風の「連装砲くん」、秋月型の「長10cm砲ちゃん」、名前はないが改までの潮の連装砲くらいで、全体ではかなり少数派。
なおこの中で潮以外は担当イラストレーターが同じである。

他の艦娘には姉妹艦や同じ艦隊の艦など、エピソードを共有する艦同士で絆を感じさせる台詞があるのだが、
前述のとおり、島風には姉妹艦も足並みを揃えて戦うことができた艦もおらず、話題を共有できる艦娘がほとんどいない。
その為このようなマスコットを可愛がるというキャラ付けがなされたと思われる。
「高性能過ぎて量産できなかった新型機」なんてどこぞのロボットアニメの主人公機みたいなロマン溢れる境遇だが、
実際はそのおかげで友達を作る機会がなかった孤独な娘、言い方を変えれば ぼっち だったのである。
何かにつけて速さ自慢をするのも「優れているから独り」であることを主張し、
自尊心で寂しさを紛らわそうと強がっているのだと考えると、また違って見えてくるだろう。
近代化改修時の「もっと速くなっていいの?」や建造時の「私より遅い艦ができたよ」というのは中々悲しい台詞だというプレイヤーも。

なお、夕雲型駆逐艦4番艦の長波の時報ボイスでは、彼女が島風と仲が良いという旨の発言が聞ける。
実際史実でも長波は島風と三回同じ作戦に従事し、最後の作戦で島風と共に沈み、今も同じ海で眠っていると言われている。
是非とも島風と一緒に組ませたいが入手条件が特定マップのボスドロップのみなので島風以上に出にくい。
……と言われたのも今は昔。アップデートで解放された新海域では全域で比較的出易くなったので、是非とも島風と揃えたい所。

また、2014年4月23日のアップデートでは、島風にとってプロトタイプ的な立ち位置(言うならば従姉な間柄か)に相当する
陽炎型駆逐艦9番艦の天津風も実装された。彼女も同様に 連装砲くん を引き連れている。
(連装砲ちゃんと連装砲くんでは大まかなシルエットの他、目と口の形が異なる)
連装砲くんの方が可愛いという彼女自身の台詞や、公式のツイッターで「島風に友達」という発言もあり、
二次創作などでも島風と絡めて扱われる事がかなり多い。
天津風の時報でも島風とは友達と明言されたが、当の島風は夜になってから天津風と競争しようと2時間粘るという
奔放過ぎる行動を取っていた。
オゥッ!?ニンジャ!?ニンジャナンデ!?
尚ニンジャは島風の巡航速度75km/hを超える100km/hを叩きだした。ハヤイ!

ゲーム中でのレア度は駆逐艦としては最高のホロで入手が難しい部類に入る。
そのために島風(及び同じレア度の雪風)をピンポイントで狙う建造レシピまで作られるほど。
しかしその性能はレア度に見合ったもので、特に雷装は重雷装艦の次に位置するほど高い。
回避も全艦の中でも最高クラスで、その他の性能も高く「駆逐艦という名の何か」とまで呼ばれる。
駆逐艦用の武装しか積めないので総合性能で上位艦種に劣ってしまうし、燃費も駆逐艦としてはやや悪いという弱点もあるが、
3-2などの駆逐艦必須マップでは彼女がいるかいないかでまるで難易度が違うと言っても良い。
ただその後の駆逐艦の改二実装によって島風以外の高性能な駆逐艦が増加したこともあり、
現在ではかつてほど需要の高い艦とも言えなくなりつつもある。
(特に昼間は軽巡~重巡並みの火力をたたき出し、夜戦では島風以上の火力となる夕立改二がライバルとされやすい)
さらに対潜の先制攻撃が実装された際、対潜値はコモンと同レベルとやたらと低かったため、
Lv99まで上げてどんなにレア装備を積んでも先制対潜はできない、と改二勢に対して明確に劣る点もでてきた。
(先制攻撃ができない改二は二人しかおらず、爆雷を積めないのも合わせても四人しかいない。ちなみに雪風も不可能)
とはいえ雷撃値の高さと回避の高さは改二といえど類似する艦がいないのと、
そもそも改二まで育てるとなるとLv55~70というかなりの高レベルまで育て上げる必要があるため、
手に入れさえすればすぐ使えるという魅力はいまでも変わっていない。

艦これアーケードにおいても当然初期から登場。
しかし、ブラウザ版との最大の違いとして、 艦娘の船速が細かく設定されており、戦闘に深く関わる ため、
全艦娘ブッチギリのトップである島風はブラウザ版以上に需要が高い。

だが、それよりも何よりも重要なのはその見た目。
うさぎ耳にも見えるリボンに露出の多い改造セーラー服、布面積が極端に少ないパンツとそれを隠す気が全く無いローライズのスカート等、
艦これのキャラの中でもトップクラスに「あざとい」外見をしている。
しかもこのパンツ、お尻をZ旗に見立てるという わけがわからない 斬新な発想の元デザインされている。
(Z旗とは船の信号として使う世界共通の旗の一枚。帝国海軍は「最後の文字=背水の陣」と言う意味で「戦闘開始の号令」としても使われている。ちなみに『艦これ』では大和がZ旗を腕章として着けてる)

ちなみにこの服装、企画段階でデザインされた吹雪の初期案の一つで、没になったものが島風に流用された。
つまり、一歩間違えば吹雪(および姉妹艦の白雪や初雪達)がこの格好になって、タイトル画面の中央を飾っていたことだろう。

更に上記のレア度に「描いたら出る」というオカルトめいた迷信が合わさり、Pixivやニコニコ静画に彼女のイラストが激増した。
その結果「イラストで興味を持ち始める→上記の迷信を信じてイラストを書く→更に新しいユーザーが興味を持つ」
という連鎖が引き起こされ、結果的に新参ホイホイとして艦これの宣伝に非常に貢献したキャラクターといえる。
実際にDMMの艦これ広告やフィギュア化等も彼女や連装砲ちゃんが全面に押し出されていることが多い。
ねんどろいど島風が予約受付を開始した途端、瞬く間に一時出荷分が完売してしまったほど。

実はキャラクターやゲーム内のユニットとしては確実に大人気だが、「島風が嫁」という提督は実は圧倒的に多いという訳でも無かったりする。
これはレア度故に入手まで時間がかかり、島風にホイホイされて艦これを始めた新人提督も、
手に入れるまでゲームを進めた頃には大抵それまでに育ててきた他の艦娘に情が湧いているためである。
初ドロップする海域が序盤最難関ステージの2-4であり、ここの最初のマスでの必至の攻略用レベリング中に出会うパターンが多いという事情もある。
無論そこから育ててエースとなり気に入られる場合や、一周回ってやっぱり島風が一番という提督もいるが。

+ 各種メディアミックスでの扱い

+ 二次界隈での扱いなど

また、『らき☆すた』が10周年を記念して『艦これ』とコラボした際は
ゲーマーズ限定の単行本カバーで、目つきと体系が似ている泉こなたが島風のコスプレを披露した。
他のメインキャラ三人も連装砲ちゃんとして描かれている。


MUGENにおける島風

MUGEN入りの一番乗りこそに抜かれたものの、手描きで製作された物が複数存在する。
ゲーム内の画像や音声の二次使用が公式において禁止されているため、立ち絵(本項冒頭の画像)とボイスを搭載した艦娘は存在せず、ポートレイトやカットインも作者の手描きか二次利用可能なイラストである。
事実、浜風制作中の動画で公式の音声が使われていたために視聴者からの通報が相次ぎ、
現在は編集で音声をなしにした動画に差し替えられている。
島風に限らず、これから艦娘を作ろうと思っている人たちは注意しよう。

+ minoo氏製作「島風(艦隊これくしょん)」
+ 適当な人氏製作「島風型駆逐艦」
+ mer氏製作「島風(艦隊これくしょん)」
+ 素熊氏(しろくま)製作「ぜかまし」
+ AnToR_M氏製作「shimakaze」

「お゛ぅ!?」

出場大会

出演ストーリー


「私が一番?やっぱり?そうよね!だって速いもん!」