秦こころ


「何だ何だ? こういう時はどういう表情が……。」

『東方Project』第13.5弾「東方心綺楼 〜 Hopeless Masquerade.」のラスボス。
『東方Project』第14.5弾「東方深秘録 〜 Urban Legend in Limbo.」ではプレイアブルキャラクターとなっている。
苗字の読みは後述の理由で格助詞が入り「 はた の  」。
種族は面霊気(付喪神)で「感情を操る程度の能力」を持つ。
二つ名は「表情豊かなポーカーフェイス」。テーマ曲は「亡失のエモーション」。

妖怪で正体は古い能面の付喪神(六十六枚セットで一つの付喪神である)。
こころ本人は無表情で周囲を漂っている面をかぶるとその面に対応した感情になるという特徴を持つ。
六十六枚全てに感情が割り当てられているが流石に多いので普段は喜怒哀楽の面くらいしか使用しないらしい。
ただし決して無口ではなく会話は普通に成立しており、会話シーンでは無表情のまま口調が次々に変化するという妙な光景が見られる。
トップのイラストではわからないがスカートは人の表情を模したような穴開き。
ドット絵をよく見ると、穴からなまあしがチラリと覗いている。(白タイツを履いているカラーで見るとわかりやすい)

+ 詳細な原作設定

+ こころのルーツ

+ 二次創作での扱い

東方心綺楼での性能

カードの出そろったVer1.20以降のプレイヤー版を主に解説。
固有の特技「変幻自在の感情移入」により、必殺技を使用する度に技ごとに決められた信仰に性能が変化するというもの。
信仰が変化すると自身の発する霊気とスカートの色が変わる。
+ 信仰チャート基礎知識
この特技により秦こころは全キャラ中唯一戦闘中に信仰を切り替えることができるキャラとなっている。
ただし特定の技使用時や被弾でデフォルト信仰に戻る。
また変化先が神道仏の3つだけなので自身によるデッキによる初期信仰が無以外だと無信仰性能の技は封印となる。
効率的な運用には慣れが必要だが変幻自在な立ち回り、他ゲーで言えば「構え変更」系のテクニカルキャラである。

+ そう思ってた時期が黄昏フロンティアにもありました…


MUGENにおける秦こころ

へちょ氏による手描きのもの、及び原作ドットを使用したものが複数存在する。
後者は元々が空中戦を想定しているドットであるためか、開き直って凶悪キャラにされていることも。
そのため、狂未満のランクの大会で登場するのはへちょ氏のものが殆ど。

+ ネンミン氏製作 原作ドット
+ へちょ氏製作 手描きドット
+ ねむねむ氏製作 原作ドット
+ エメル氏製作 天仙娘々
+ speldy氏製作 本気こころ
+ 影縫氏氏製作 オーメン
+ EINZBERN氏製作 こころぴょんぴょん!
+ Deoxgigas氏製作 Umi no Kokoro


因みに彼女のMUGENデビューはMoiky氏の豪族台車にイントロで跳ね飛ばされるバイトとしての登場。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21180789


出場大会

出演ストーリー



*1
元のお面の作者である豊聡耳神子が、無くしたお面の代わりに作ってあげた新しい希望の面。
「人心を一身に集める希望の象徴」たる自分(=神子)をモチーフにしたデザインらしいのだが…
+ そのデザイン(AA注意)