イルカ

イルカは哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種の内比較的小型の種の総称である。
魚に似た姿だが哺乳類なので肺呼吸である。頭部には呼吸を行うための噴気孔が存在する。
多くは海に生息するが、カワイルカ類のように淡水である川に生息する種類や、海水と淡水を行き来する種類も存在する。
水族館でもよく飼われ、イルカショーが行われたりもする。
また、人によく懐き知能も高いため、これをアニマルセラピーに利用されることが多い。
寿命は40年程だが、飼育下では寿命が7年程に縮まってしまうため、実は飼育には向いていない動物だとされている。

高い周波数をもった超音波を発する事でも知られ、それを用いて物体に反射した音からその物体の特徴を知る能力を持つ。
更にその特徴を他の個体にパルス音で伝えたりと、コミュニケーション能力は高い。

クジラやシャチの違いは主に体長のみであり、成体でおよそ4mをクジラとイルカの境界とされることが多い。
ちなみに、クジラ目に最も近い陸上生物はカバ類である。

脳の大きさやそれに裏打ちされる知性、コミュニケーション力の高さからしばしば
「人間と同等、若しくはそれ以上に頭の良い生物」とも言われたりする。
『海のトリトン』等主人公が背中に乗って移動手段として活用している姿がたびたび見られる。
作品によっては「人間を乗せてる時は溺れさせないように泳ぐ」生態を持つとされているが、現実においても同様かは定かではない。
日本のSF作品でも『トップをねらえ!』や『ベターマン』等では、作中に登場する機動兵器の演算装置に
イルカの大脳皮質を生体パーツとして利用しているという設定が導入されている。
また、『機動新世紀ガンダムX』や『絶対可憐チルドレン』等イルカ自体が物語の鍵を握る重要キャラクターとして登場している作品もある。
+ Q:人間より、イルカのほうが頭がよいのですか→A:イルカがせめてきたぞっ

格ゲーではメイの登場時に錨を運んできたり技の演出として出てくる姿が最も印象的だろう。

また、ゲームとしてはセガから発売された『エコー・ザ・ドルフィン』シリーズがある。
メガドライブとドリームキャストで発売され、難易度は比較的高めであるが、爽快な操作感と水中を泳ぐ楽しさが
融合した良質のアクションゲームとして知られている。
現在はWiiのバーチャルコンソールやニンテンドー3DSで移植版が配信されている。
ちなみにこのゲーム、英国王立海洋生物保護団体のお墨付きである。
事実、欧州でのみ販売された限定版では推薦状も付いてくる。
が、これは元々「断られてネタにする」事を前提にネガティブプロモーションのつもりで送ったんだとか。
この辺りがセガらしいと言うかなんと言うか……。


パソコンを日頃よく利用する人にとってはExcelをはじめとしたofficeソフトにアシスタントとして登場する「カイル」が馴染み深いだろうか。
office97では平面的なイラストだったが2000以降はアニメーションで動くようになり、見た目も可愛らしくなった。
しかし、このアシスタント機能はどちらかといえばうっおと鬱陶しくと感じたユーザー達のほうが多かったようで、
それをネタにした「お前を消す方法」というフレーズ及びAAなどがネット上で流行した。
(実際に入力した場合「質問の意味がわかりません」とはぐらかされる)
office2007でアシスタント機能が完全に廃止されてしまったため、現在リアルタイムで彼を見ることは難しいと思われる。



MUGENにおけるイルカ

NeoKairi氏作成のイルカが存在。
地面が海面のような水浸しになり、相手の足元にイカダが現れる。
尾鰭や鼻先などで攻撃したり、ボールや水飛沫や超音波で攻撃する技がある。
スーパーアーマーが付いているが、攻撃で吹き飛ぶ、ガードが使用できるなど、仕様が特殊。
2014年7月に更新され、集団で戦うようになった。
AIはデフォルトで搭載。強さは狂ランク程度。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm20429234 http://www.nicovideo.jp/watch/sm24107615
ちなみにNeoKairi氏以前にMUGENでイルカと言えば科学図鑑(せめてきた方のイルカ)を元にしたカーベィ氏のパチモン怪獣「ドルフィン」を指すことが多かった。

出場大会