アストラナガン


「時を遡り…お前は無に帰するのだ…!」

スーパーロボット大戦』シリーズに登場する機体。
初出は『α』。その後は『α外伝』に戦闘演出の一部として、『第三次α』ではクォヴレーのOPで、アニメ『ディバインウォーズ』では第1話アバンと第25話にてそれぞれわずかに登場。
パイロットはイングラム・プリスケン

全高40.7m、重量178.9t。『α』世界のイングラムがパーソナルトルーパーラ・ギアス、バイストン・ウェル、ゼ・バルマリィ帝国の技術を結集して創りだされた究極の人型機動兵器。
平行世界から様々なエネルギーを取り出す機関「ティプラー・シリンダー」を搭載しており空間転移・並行世界へのシフト・時空間移動さえ可能にする。
その性能からグランゾンと本気で戦えば宇宙が消滅するとも言われている。
武装は頭部に固定装備「フォトン・バルカン」、液体金属を用いた剣「Z・Oソード」、重力散弾「アトラクター・シャワー」、翼から撃ちだされるエネルギー弾「T-LINKフェザー」、
サイバスターのハイファミリアを元に製造した遠隔誘導兵器「ガン・ファミリア」、ダークマターを撃ち込み相手を超重力圏へ落とし込む「アキシオン・キャノン」、
そして超光速の時間逆行を発生させて対象を「存在する前」の状態に戻し、存在そのものを虚無へ消し去る「インフィニティ・シリンダー」
…とラスボスを張ってもおかしくないようなチート兵器を山積みにしている。
『α』ではグランゾンとはライバルにも似た関係になっており、「本気で戦うと宇宙が消滅する」というとんでも設定がある。
実際に最終話では対決できる場面もあるが、閉鎖された空間となり、グランゾンも本気(ネオ)ではないため、その心配はない。
なお、その最終話でフラグを立てていると、熱い展開で味方となる。
追加ステージのある『DC版α』では改造することもできるが、 出撃時にリセットされてしまうため意味がない。

まさに超兵器とも言える存在であるが、 ゲーム内では設定ほど脅威となる場面は用意されていない。
唯一のユニットとしての登場作である『α』では敵対はしているものの、乗っている本人の目的(味方戦力の育成後に奪取)からか
殆どの場面で自軍に手加減しており、まともに戦う機会自体が少ない。
実際に上記の超武装であるインフィニティ・シリンダーをR-1に放つイベントもあるが 破壊できず 、切り札のSRXに合体され形勢逆転され、イングラムもそれで満足している。
確かに性能自体は高く、少し削っただけで撤退してしまい撃破が厳しいマップもあるが、その見返りが大きいため
ダンクーガの断空光牙剣を解禁して、 一撃で出落ちにする適切すぎる対処方法 が確立されているのも脅威と見られないポイントか。
最終話で仲間になった後は、ラスボスの精神使用回数を削るのに役立つ。

戦闘アニメでは「光の翼を広げる」「紋章が描かれ発射される」「逆光を背に手を握り締めるイングラムのカットイン」「敵の周りを回転して徐々に消滅させる光の玉」などの
様々な要素が詰まったインフィニティ・シリンダーの演出は非常に印象深い。実際、後の系列機の戦闘演出にも大いに影響を与えている。

後に本機以上の超存在である霊帝ケイサル・エフェスに立ち向かうも敗北、大破した挙句『α外伝』では本機体が回収されアウルゲルミルに組み込まれる。
それをはっきりと確認できるのはアウルゲルミルの「ドグマブラスター」の攻撃モーションだけで、会話では「ブラックボックス」と呼ばれるくらいだが、
それによって、組み込んだ側も タイムトラベルまでできるようになる のだから大したものである。
アウルゲルミル撃破後に中身は行方不明になるが、『第3次α』において突如再登場、クォヴレーのヴァルク・ベンと融合してベルグバウに、
そこからシヴァー制作のアストラナガン再現パーツとディス・レヴを組み込まれてディス・アストラナガンに新生した。
こうした経緯からアストラナガンというとむしろディス・アストラナガンのイメージが強いプレイヤーも多いのではないだろうか。
アニメ版OGでは自我を取り戻したイングラムがラスボスのセプタギンに取り込まれたSRXを助けるために召喚しているが、助けた後はどこ行ったのか不明

また、戦闘BGM「虚空からの使者」はやたらかっこいいため強く印象に残る。

なお、アストラナガンはOGシリーズには登場していない(アニメや戦闘演出には出てきたが)。代わりにR-GUNリヴァーレという機体が登場する。
これは単純にOGの原作であるドラマCD『スーパーロボット大戦α ORIGINAL STORY』の設定を引き継いでいるためだろう。
このドラマCDではイングラム寝返り後の初遭遇がそのまま最終決戦となるため、イングラムがR-GUN改修機に乗ってくる。
ただ、このドラマCDの知名度が非常に低かったため、ユーザーの間では「なぜアストラナガンを出さなかったのか?」と言う疑問の声が上がる事になってしまった。

R-GUNリヴァーレはある漫画作品では「R-GUNに異界の存在を憑依させた」と言われており、R-GUNにアストラナガンを憑依させたと思われる。
この機体が存在しないため、未来に飛ばされたアストラナガンを組み込んだ『α外伝』のアウルゲルミルもOGシリーズには登場していない。
後の作品では『α』のユーゼスが遺したデータからシヴァーが制作したヴァイクラン、『第2次OG』のユーゼスが制作したガリルナガンなど、
アストラナガンを再現しようとした機体が登場している。
また『ディバインウォーズ』の第1話アバンタイトルではディス・アストラナガンと戦っていたが、設定上はアストラナガンのほうが二倍近くデカかったりする。

アストラナガンの戦闘アニメまとめ

MUGENにおけるアストラナガン

Kn氏による原作ドットを使ったものとその改変版が公開されている。

+ Kn氏製作
+ パピット氏製作 通常版/アレンジ版

出場大会




添付ファイル