蓮華



原作でのキャラクター

三国志をモチーフとするアドベンチャーゲーム「恋姫†無双」シリーズに登場するキャラクター。
姓は孫、名は権、字は仲謀、真名は蓮華(れんげれんふぁ)。
なお毎回人気投票で上位になるほどの人気キャラ。
使用武器は細身の両刃剣「南海覇王(なんかいはおう)」。
孫堅の次女にあたり、小蓮の姉。

『三国志』に登場する国、『呉』の王である同名の人物「孫権」をモデルとする。
『三国志演義』では孫権は碧眼(青い目)だったという逸話が掲載されており、その事から「碧眼児」等とも呼ばれた。
呉を起こした父・孫堅の亡き後、続けざまに勇猛な兄・孫策が没したことでわずか19歳にして
孫家の軍閥及び政財全てを一任される事となった。

その孫権をモデルとし、呉をまとめあげる若き王として設定されている。
上述の逸話を反映してか、褐色の肌に碧眼という外見。
覇王として天下統一を目指した姉・雪蓮(孫策の女体化キャラ)とは違い
呉の国内と人民を豊かにすることを目指し、無駄に争うことを避けている。

気むずかしい面があり、自他ともに厳しく当たる面があるが本来は温厚な性格。
領土拡大や覇権に対しては消極的で、突出した才能が目立つわけではないが部下の扱いが上手く、
部下にやる気を起こさせる事に特に長けており、このことをして王者の資質ありと言われることもある。

1作目の恋姫†無双では主人公達と戦闘後敗北、その際王としての生き方だけでなく女性としての生き方も学んだ。
2作目の真・恋姫†無双では真面目で気難しいが心を許すとデレデレになるツンデレキャラとなっている。
呉ルート前半と他のルートでは見た目は変化しないが呉ルート後半では姉である雪蓮が死んだあと
長い髪を切り短髪姿となる。このゲームでも珍しい見た目が大きく変化するキャラである。
なお主人公との間に娘を一人もうけており続編の萌将伝でもその設定は引き継がれている。


真・恋姫†夢想 ~乙女対戦★三国志演義~』『恋姫†演武』における蓮華

上記のゲームの世界観を元に製作された格闘ゲーム『真・恋姫†夢想 〜乙女対戦★三国志演義〜』及びその続編、
『恋姫†演武』に呉の代表キャラクターとして登場している。
しかし、何故かアーケード版初代『真・恋姫†夢想』の初期バージョンでは彼女だけボイスが一切入っていなかった。
バージョンアップでこれは修正され、ボイスが追加されたが原作でのCV、櫻井浩美ではなく、儀武ゆう子によるもの。
(続編の『恋姫†演武』では原作ゲームと同じCV櫻井浩美に変更された)

性能面では細身の両手剣「南海覇王」を使ったリーチの長い攻撃を持つキャラクターとなっており、
その反面ほとんどの攻撃がやや大振りで隙が大きくなっている。
発生の早い突進技「威信斬」の他に、落下してきた机を切り飛ばし本体の斬撃と中段判定の机の残骸で
二段攻撃する「玉案攻」等の特徴的な必殺技を持ち、使いこなすには多少慣れが必要なキャラクター。

基本的には近距離から中距離で立ち回りつつ、近Bを起点とした攻めで一気にダメージを取っていく事になる。
遠距離では自分から攻めに行ける技が無いため、同作の基本システムである軍師によるサポートを使いつつ
強引に接近する等の作戦が必要になる場合もある。

『夢想†奥義』は剣に炎をまとわせ、上・横方向に判定の強い斬撃を放つ「英霊への誓い」、
『夢想†秘奥義』はアッパーを放ち、落下してくる相手に逆側の手に持った「孫」の字が入った巨大印鑑で
もう一度アッパーを食らわせる『孫呉の証印』。


MUGENにおける蓮華

  • suigin氏製作 SS6蓮華
『真・恋姫†夢想~乙女対戦★三国志演義』ドットの蓮華。
システムは『サムライスピリッツ天下一剣客伝』風アレンジとなっており、
スピリッツは剣サムのアーケードで使える6つ(怒・真・斬・天・零・剣)に加え家庭用で追加された魔・獣・祭、
ブシドーブレードをモデルにしたオリジナルの武、ドラゴンボールをモデルにしたオリジナルの「超」の全11種類から選択できる。

AIは未搭載だが、ギル氏、ガンホール氏によるAIパッチが存在する。


  • suigin氏製作 原作仕様
2014年7月10日公開。
SS6仕様と同様に製作者はsuigin氏で、また同氏の他の恋姫仕様のキャラクターと同様にMUGEN1.1専用。
崩撃や軍師呼び出しといった原作のシステムが再現されている。
性能の問題でダウンを奪う機会が殆ど無いが、逆に言えば敵の地上受け身の仕様に影響されないとも言える。

デフォルトAIは存在しないが、華琳と同じ製作者によるAIが存在する。
手堅く立ち回り、「威信斬」を軸にダメージを稼いでくる。

出場大会




添付ファイル