ガンダムF91




     分類:汎用試作型モビルスーツ
     形式番号:F91
     開発:サナリィ
     所属:地球連邦軍
     全高:15.2m
     本体重量:7.8t
     全備重量:19.9t
     動力:熱核融合炉
     ジェネレーター出力:4250kW
     スラスター総推力:88400kg
     装甲材質:ガンダリウム合金セラミック複合材
     主なパイロット:シーブック・アノー、ベルフ・スクレット

「F91、ガンダムは・・・シーブック・アノーでいきます!」

1991年に公開されたサンライズの劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』に登場する主役メカ。
同作の主人公、シーブック・アノー(演:辻谷耕史)が搭乗する。
この時代では既に「アムロ・レイとガンダムの伝説」は歴史の中の一コマとなっており、この機体がガンダムと呼ばれるのは
見た目が昔のガンダムに似ていることからスペースアークのクルーがニックネームとして付けたに過ぎず、
正式名称はあくまで「F91」である。*1


機体概要

地球連邦軍の研究部門であるサナリィの「フォーミュラ計画」により建造されたモビルスーツで、
第2次ネオジオン抗争から30年後の宇宙世紀0123にロールアウトしている。
UC100年代までのMSはザクに代表される第一世代からΞガンダムに代表される第五世代に至るまで
世代を経るごとに多機能化、重武装化していき、それに伴い徐々に巨大化していった事で
補給、整備に多大な負担がかかる事が問題視されていた。
「フォーミュラ計画」はその見直しを図った物であり、その結果本機は15.2mとそれまでのMSと比べて大幅に小型化している。
このように小型化したMSはそれまでのMSと区別して第二期MSと区分される。*2

また、制御系にバイオセンサーサイコフレームといった従来のサイコミュ系技術から
スピンオフしたシステムであるバイオコンピュータを搭載している。
このシステムは元来障害者用の義肢制御技術として開発された物で、操縦者の意思をダイレクトに機体に伝え、
逆に機体側が得た情報をパイロット側にフィードバックする機能を持つ
(「F91」本編のラストシーンでシーブックが宇宙に投げ出されたセシリーを発見できたのもこの機能の賜である)。
このバイオコンピュータは熱に弱いため、最大稼動時には顔のマスク部分など各部が展開し排熱を行う。
それでも装甲が薄く剥離してしまうといった副作用(MEPE効果とも呼び、これも排熱の作用はある)を免れなかったが、
劇中では「質量を持った残像」として敵を撹乱する効果を発揮した。
後のハリソン・マディン専用量産型F91は排熱機能の向上やバイオコンピュータの改良によりMEPE効果を起こさずに最大稼働状態になることができる。

(眉唾物の話ではあるが)試作段階のミノフスキードライブが補助的に搭載されていたという話まであり、
それが真実だとするならば、機動性においても同世代のMSより頭ひとつ抜けた性能を持っていた事になる。

+ F91の武装一覧

劇中ではコスモバビロニアの戦闘部隊クロスボーン・バンガードのサイド4・フロンティアサイドへの襲撃に際し、
地球連邦軍の練習艦スペースアークに収容されていた本機にシーブックが(周囲から半強制的に乗せられる形で)乗り込み応戦。
クロスボーンの最高司令官カロッゾ・ロナの乗るモビルアーマー・ラフレシアとの戦いにて中破するも、これを撃破している。
以後の続編的作品の描写によると、コスモバビロニア紛争においてはシーブックは最後まで本機で戦っていたようである。

+ F91のバリエーション

+ F91の関連機体

+ パイロット、シーブック・アノーについて

+ 『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』

+ 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』

+ 『ガンダムビルドファイターズ』

+ SDガンダム

+ 外部出演

+ これでゲームオーバーだ ド外道ーッ!!!


MUGENにおけるガンダムF91

スクライドのカズマなどを製作した天田志朗氏のものが公開されている。

同氏のヘビーアームズなどと比べて、設定どおり小さめにサイジングされている。
時間経過で回復する専用のスラスターゲージが存在し、これを消費してホバリングやダッシュ(空中版は上下方向も)が可能といった点は、
GBAの格闘ゲーム『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に近い。スプライトの改変元も同ゲームと思われる。
ヴェスバーは単発射撃の通常版と連射する1ゲージ版があり、
通常版はタメ撃ちにより弾速や威力が変化する仕様。最後までタメるか1ゲージ版なら例の台詞も聞ける。
また2ゲージ技としてバイオコンピュータフル稼働のMEPE状態への変形が可能。発動中はスラスター使用で残像が出るようになり、
攻撃モーションが専用のものに変化。どっかで見たようなのもあるが気にするな! この作者には前例もあるし
高速で飛び回りつつラッシュをかけられるようになる他、残像にAIの狙いやホーミングを誤認させ本体のダメージを肩代わりする効果も。
スラスターゲージが0になると終了となるため、終了間際に専用超必をぶっ放すのが有効か。
2Pカラーは『クロスボーン』に登場した量産型のハリソン機カラーになり、
MEPE発動中に残像が出なくなる代わりに発動時間が長くなるといった差異が出る。
7Pカラーは敗北すると次ラウンドで常時MEPE、11Pカラーは常時MEPE、12Pカラーは常時MEPEに加えて常時スラスターモード。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22383884

「こいつは……強力すぎる……!」


出場大会



*1
……が、F91の兄弟機である「F90」は旧ホワイトベースのクルーであるジョブ・ジョンが開発に関わっており、
テストパイロットを始めとした開発スタッフからも「ガンダム」と認識されている。
続編扱いの『クロスボーン・ガンダム』では主人公トビアの同級生が
「目が二つあって角が生えてりゃマスコミがみんなガンダムにしちまうのさ!」とぶっちゃけてしまい、
更にその続編の『鋼鉄の七人』ではSNRIの最新鋭機「F99レコードブレイカー」を
「連邦に売る時は角を付けてガンダムって事にして売る」と更に酷いことを言っている。

なお、件の発言をしたF99の開発スタッフの名は「オーティス」であり
部下にミノフスキードライブの開発者「ミューラ」がいる
……後の「ビクトリータイプ」がガンダムに酷似している理由がなんとなく見えてくるが、
オフィシャルではございませぬ故、 真相は不明である。

*2
メタ的には「プラモが大型化(=高額化)して子供が買い辛くなっていたから」というスポンサー側の思惑である。
しかし、小型化した結果それまでの主力製品であった1/144サイズでは満足する精度が出せず、
商品の主力が1/100スケールに移るという結果を産んでしまい、結果的に「主力商品がより大型化する」という
本末転倒の結果になってしまった。
その反省から、Vガンダム以後の所謂「平成アナザー」であるG、W、Xでは16m~17m台と少しサイズアップし、∀以降は18~20m級の大型MSが主流に戻っている。