マグマ

1962年公開の東宝映画『妖星ゴラス』に登場した怪獣。体長50m、体重2万5000t。別名「南極怪獣」。
外見はまるでセイウチかアザラシを思わせる姿だが、設定上はれっきとした爬虫類とされている。

劇中では、地球に衝突する『妖星ゴラス』を回避するため地球を動かそうと南極に設置してあったジェットパイプ基地の熱で目が覚め、
基地の一部を破壊したが、その後国連VTOL機のレーザーで葬り去られる。
……これで出番は以上。時間にしても5分あるかないか。視聴者から見ても唐突な出現、そして死んだかどうかよくわからない演出。
更に海外公開版ではマグマの登場シーン自体カットされている。
そもそも「人類の知恵と科学で未曾有の災害を乗り切る」と言う
SFスペクタクル映画(見せ場はゴラスによって起きた大災害のシーンと地球が動きだすシーン)だったのに対し
東宝の上層部がクランク・アップ直前になって「せっかくの円谷特撮だから怪獣を出してほしい」との要求したのが原因であり、
案の定取ってつけたような要らないシーンとなってしまい、ファンからの評判もよろしくない。

その後『怪獣総進撃』にも登場する予定だったらしいが弱すぎたからか没となった。
スーツ自体は微改造されて『ウルトラQ』のトドラとして再利用されている。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

+ 妖星ゴラスについて


四次元怪獣トドラ

後述のようにMUGENキャラのトドラもこのページで扱うため、トドラについてもここで述べる。

『ウルトラQ』に登場した怪獣。体長30m、体重2万5000t。別名「四次元怪獣」。
アザラシのような外見をしており、2本の巨大なキバを持つ。
零戦の残骸など、様々なものが散乱する、霧で覆われた四次元空間の中に住み、迷い込んだものを次々と襲う。
四次元空間に迷い込んだ超音速旅客機・206便と乗客に襲い掛かったが、
万城目の操縦で離陸を始めた206便からの噴射圧によって吹き飛ばされた。
映像作品ではその後の生死は不明だが、中城健氏のコミカライズ版ではその際に絶命したかのような描写がある。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおけるマグマ


カーベィ氏によるマグマが存在。氏のサイトで公開されている。
他にもマグマのスプライトを改変したトドラが同じくカーベィ氏により作成され、マグマに同梱されて公開されている。

同じくカーベィ氏が作成したバラン(2代目)ではマグマがストライカーとして登場。
+ マグマ
+ トドラ

出場大会

  • 「[大会] [マグマ]」をタグに含むページは1つもありません。