遮那姫

生年月日:9月16日
年齢:19
性別:女性(表向き男になっている)
性格:物静かな所があるが、基本男勝りな感じ
3サイズ:91・55・86(胸が大きいので戦の時は邪魔になると本人は語る)
MUGEN参戦の動機:「無限と言われる所には色んな兵(つわもの)がいるらしい。右腕となる家臣が見つかるかもしれない」
その他:のちに牛若丸や源義経と名乗る


解説

父の仇である平家の打倒を夢見ながら北の山奥にて日々修行をしている。
剣術の腕は一流だが、本人は武術のほうがあうらしくあまり刀を振ることはない。
いつかくるであろう平家源氏の戦に備えて右腕となる家臣を探すため旅に出る。
余談だが、近隣の家臣は姫が一言だけ書いた手紙を見て探し回ってるらしい。

19町氏が制作したオリジナルキャラ。最新版はVer.1.61。
戦闘スタイル飛び道具を持たない徒手空拳型。
タムタムほどではないもののジャンプが非常にふわふわしている。
平安時代の人なのに、なぜか八極拳の貼山靠や、プロレス技のヤクザキックを得意とする。
いろは改変であるが、スパッツを履いているのでその手の表現が苦手な方も安心である。
ブリス技、レイの投げ技、謎ジャム、裸エプロンにも対応。
デフォルトでAIボイスも搭載されている。

DHQ氏による改変パッチがOneDriveで公開されている。
判定やらモーションやらの微調整がメインで、多過ぎて書ききれないので割愛。
人操作時の違和感はいくらか解消されるのかもしれないが、AIは未搭載。
こちらにはカサイ氏による外部AIパッチが公開されている。


なお史実の源義経は、生まれたときに牛若丸と名づけられ、鞍馬寺に預けられてから遮那王、元服して源義経と名乗ったとされる。
弓を流された時に「こんな弱い弓を使っていると思われたくない」と慌てて拾ったなどの逸話から、
非力で華奢な美少年というイメージが強く、『 少女義経伝 』など女体化ネタも多い。
もっとも、名乗って一騎打ちするという当時の戦の作法を丸無視しちゃう空気読めない子で、
80m先の扇を一射で撃ち落とす神業をぶっつけ本番でやらせた上に「じゃ次あの爺さんな」と部下に無茶ぶりしたり、
兄貴に「やめろよ!絶対やめろよ!」と言われてるのに追い込みすぎて帝と三種の神器を水没させちゃったり、
伝説でも天狗の娘をだまくらかして秘伝の武芸書を貢がせたりとわりとフリーダムな行動をとりまくり、
さらにはネズミ顔の不細工だったとかなんとかいう説もあったりするのだが*1

出場大会


プレイヤー操作

色々な人達の挑戦(part45、DHQ氏改変パッチ、プレイヤー操作)


*1
ちなみに斎藤一も似た様な話があったりする。
るろ剣作者も「斎藤のイメージを壊したくなければ写真を見るな」といったとかなんとか。実際Mr.スポックである。