空母ヲ級


「…………ヲ?」

概要

DMMゲームスと角川ゲームスによるオンライン型ブラウザゲーム『艦隊これくしょん~艦これ~』に登場する敵キャラクター。
作中で登場する謎の敵「深海棲艦」の一種。灰色の肌をした人間に大きな口のついた帽子のような頭部がついた姿をしている。
公式読本によればモデルはアメリカ海軍のヨークタウン級航空母艦とのこと。

+深海棲艦とは
深海凄艦とは『艦これ』における艦娘達の敵として登場する謎の集団であり、
各個体はクラスごとに(実装順で)イロハに基づく名前がつけられており
(駆逐イ級から始まり重巡リ級、戦艦ル級、空母ヲ級、輸送ワ級etc.)、
殆どのクラスにおいて上位種であるeliteおよびさらに上位種のflagship、そして一部はflagship改が確認されている。
その姿は小型艦(駆逐艦、軽巡洋艦、潜水艦等)は完全に人の形をしていない異形であるが
大型艦(重巡洋艦、戦艦、空母等)になるほど人に近い姿になり、
所謂ボス専用艦種である「鬼」や「」クラスともなると一部は人語も話すようになる。
その正体は過去に沈んだ艦船や艦娘達の怨念だとも言われているが、
その目的、何故生まれたのか等は(メディアミックスによっては多少示唆される事もあるが)全く不明。
(開発側からはユーザーの創作活動のためにあえて明かしていないと取れる発言もある)
ただ2014年秋イベントにて、元となった作戦で沈んだある艦娘とそっくりの姿をした敵や、
水鬼(船幽霊のこと)の名を持つ敵が現れたり、2016年春に関連があるのではないかと囁かれていた連合国所属艦娘の実装される事が発表されたりと、
その正体は少しずつだが明かされているような……?
また、イラストの方も艦娘とは雰囲気がだいぶ異なり、厚塗りのようなタッチで描かれている。

二次創作では艦娘達が轟沈した後深海棲艦になってしまったらこんな姿になるのでは……?という
「深海棲艦化(つまりは闇堕ちや悪堕ち、魔女化バイド化ものと類似ジャンルである)」が裏ジャンルとして静かな人気。
自分を沈めた鎮守府への恨みで狂い襲い掛かるものや、はたまた提督や仲間達にまた逢いたくてその姿のまま帰ってくる
(そして敵と認識される)悲劇もの等盛り上がっている。
それを受けてかどうかは不明であるが、とりわけ最近のボス級キャラは艦娘と同じ外見的特徴を持つものが多くなっている。

+そして劇場版
劇場版では、 艦娘が沈むと深海棲艦になり、深海棲艦が沈むと艦娘に戻る場合がある という長らく提督達の間で囁かれていた深海棲艦化が初めて明確に描かれた。
この仕組み上、最悪の場合艦娘→深海棲艦→艦娘→深海棲艦と立場が変化し続けるため、互いに沈む限り両者の戦いは終わりのないループになる。
このため、戦いを終わらせるには 艦娘は一人も沈むことなく深海棲艦を倒す必要がある という命題が存在することが明かされた。 アニメ3話でもう失敗してるじゃんとか言わない。

深海棲艦化した艦娘についても複数の事例が描かれており、かつて深海棲艦化したが再び沈んで艦娘に戻った者、
轟沈した後に中途半端に深海棲艦化している段階で救助(ゲーム的に言うとドロップ)されたために徐々に艦娘から深海棲艦へと変質していく者、
かつて沈んだ際に深海棲艦化したが、それとは別に艦娘として分離してしまった者の3タイプが登場。
いずれも基本的には最初に艦娘として轟沈する前の記憶や深海棲艦としての記憶は失われるが、稀にすべての記憶を保持している艦娘も存在する。
なお、 一度始まった深海棲艦化を止める術はなく、救うにはもう一度沈めるしかない ため、その事実を知った吹雪達が苦悩する事となった。
ただし、最終的には 深海棲艦化をその強い意志で一時的に制御し、深海棲艦となりながらも艦娘の仲間達を救うために駆けつける という展開になったため、
(回想シーンでかつてそのような悲劇が起きた事は示唆されているが)艦娘と深海棲艦化した艦娘の対決という最悪の事態だけは避けられている。

ちなみにアニメシリーズの深海棲艦の設定は数あるメディアミックスの一解釈という扱いなので、そのままブラウザ版や他メディアミックスの深海棲艦の設定と一致するわけではないことに注意。

第一海域「鎮守府海域」の最終エリアのボスとして初登場し、
まだ対空装備も航空母艦も揃っていない新米の提督達に開幕爆撃の恐ろしさを見せつけてくる。
第二海域以降ではザコやボスの取り巻きとして登場し、特に戦艦の上位種であるflagship戦艦と組んで登場した場合
制空権を取れないとflagship戦艦からの弾着観測射撃(所謂2回攻撃)を発生させてくるので非常に厄介。
また同時に上位種であるeliteやflagshipも登場し、flagshipになると戦艦並の耐久・装甲に加えて
味方の空母では不可能な夜戦での爆撃も行ってくるうえ、中破状態でも行動してくる。
尤も、夜戦で攻撃してきてもダメージ計算式の関係で殆ど脅威にならなかったりするが。

とは言うものの、装甲はflagshipでも所詮は普通の戦艦程度であるので
練度の高い戦艦や重巡洋艦の弾着観測射撃を叩き込めば一撃で大破~撃沈可能であり、
また高性能な艦載機がこちら側に揃ってくると搭載してる艦載機をすべて落とされて棒立ちなんてことも珍しくない。
そして後半海域ともなると火力・耐久ともに提督たちの脅威となっているflagship戦艦が道中からゴロゴロしているため
中~上級者の提督にとっては一種の癒やしとされてるフシもある。

……が、新たに実装された第五海域「南方海域」の第五エリアのボスとして、とうとう空母ヲ級flagshipが登場。
(当該ステージは最終エリアをクリアした後に行けるようになるが、報酬目当てで無ければクリアする必要は無い)
外見は左目から青い炎が出ていることを除けばflagshipと変わらないが、
通常版の倍近い耐久にflagship戦艦以上の装甲、そして大幅に増加した艦載機数と最強クラスの艦載機を装備しており、
既存の空母とは最早段違いといえるレベルの強さで見事に汚名返上を果たした。
尤も同エリアではそれよりも初登場した戦艦レ級の方がその凶悪っぷりで話題に挙がっているのだが。
またその後追加された海域やイベントマップの後半部などでも上級者向けパターンでは道中からしばしば登場し、
こちらの戦力を大幅に損傷させてくる手強い敵として認識されるようになってきている。
さらにその後のアップデートでヲ級flagship・改flagship共に更に強力な新型艦載機
(14年夏イベント追加の白い新型艦載機、15年夏イベント追加の赤い新型艦載機)を搭載したバージョンの実装が行われている。
特に赤い新型艦載機を搭載したヲ級改は素の火力・開幕攻撃性能共にちょっとしたボスクラスと大差ないものとなっており、
そんなのが命中の上がる複縦陣を取って2人同時に道中マスに出現する(通称ダブルヲー)15年夏イベント最終海域(E-7)、
ダブルヲー(+更に高性能なボス)が空襲戦マス(一方的に艦載機の攻撃を受けるマス)含めて最大5回襲ってくる16秋イベント第4海域(E-4)は
多くの熟練提督を恐怖に陥れるなど、ノーマルとは大違いの恐怖の大破メーカーとして認識されている。

その人間に近い外見からか深海棲艦の中でも非常に人気が高く、二次創作やファンアートも多数見られる。
ゲーム中では言葉らしい言葉を発しない為、二次創作では「ヲ」としか喋れない(若しくは送り仮名はカタカナのカタコト喋り)な物が多い。
ちなみにコンプエース連載の漫画版『水雷戦隊クロニクル』ではeliteヲ級が「ヲ…」「ヲァッ」「ギィギギ」等と喋っている。
一応は日本語も解せるようでファミリーマートとのコラボでは(ヲ...ヲヲ... 店舗の中には艦娘ばかり... ヲ...)という心の声が漏れていたり、
カードゲーム『ヴァイスシュバルツ』のPRカードでは「今日は暴れるのやーめたっ」というごく普通の台詞もある。
現時点で公式での台詞といえるのはこの2つのみ。

+公式での扱いとか
各種メディアミックス作品でも敵方の正規空母枠ということもあり頻繁に登場している。
『Side:金剛』では金剛バックブリーカーをかまされるというシュールな倒され方をしたと思えば、
前述の『水雷戦隊クロニクル』では天龍と艤装がお互いに有効打ではないと悟った後お互いの杖と刀で接近戦による死闘を繰り広げた。
アニメ版でもヲ級一体が敵方でもクローズアップされており、翔鶴・瑞鶴姉妹との戦いでは左目を奪われ口惜しそうに撤退、
のちに左目から青い光を発する改となってリベンジにやってくる、彼女の撃沈が勝利のカギと見られる等地味に存在感のある扱いを受けていた。
でも肝心の最終回で棒立ちのまま、それも画面外であっさり撃墜されて夕立の「撃沈したっぽーい!」で片付けたのはどういうことだ公式。

劇場版では別個体が回想シーンで登場。ある艦娘と深いかかわりがあったことが示唆された。
元ゲーだと別のボスクラスがそれっぽい関係匂わせてたし劇場版に顔見せしていてスルーされたのは秘密。

敵専用キャラクターのため仲間にすることができず、中には「鹵獲して使えるようにしてくれ!」なんて意見もちらほら。
イラストサイトあたりだと一部の艦娘よりもイラスト投稿数が多いとか。なんか間違ってる気がしないでもない。
そのため一部では自称アイドルの艦娘のセリフをもじって敵艦隊のアイドルなどと呼ばれることも。
最近では表情豊かな戦艦レ級や爆乳大要塞こと港湾棲姫にその妹的存在なロリっ娘・北方棲姫と手強いライバルも増えつつあるが。

二次創作ではプレイヤー側の鎮守府にスパイとして潜入して艦娘達にしれっと混じって生活しているものや、
そもそも潜入はバレバレで艦娘達や提督も休戦し仲良く接してくれちゃっているもの、
艦娘達に諭されて善の心に目覚めるもの、提督に惚れて提督争奪戦に身を投じるものなど境遇色々。
一方深海棲艦サイドを描いたものでは常識人・良心担当であることが多く、
上司である戦艦棲姫や飛行場姫達が戦闘狂だったりフリーダムだったりで指揮を代わりに取る頭脳担当だったり、
子供っぽい駆逐艦や巡洋艦を纏めるヲ母さんポジションだったりと存在感は一番である。
また、帽子が本体というネタは勿論のこと、歯をむき出して上顎から脚(手?)が生えたような外見から
ダウンタウンのごっつええ感じ』で放送されたアニメ「恐怖のキョーちゃん」を思い出した提督さんもいるとか。


MUGENにおける空母ヲ級

moiky氏による手書きのものが公開されている。ただしパスつきなので各自moiky氏のサイトを探して見つけること。
他の深海棲艦や艦娘同様、版権元に消される可能性が高いことから公式のイラストや音源は使用されていない。
ヲ級に関してはそもそも原作でボイスがないが。

一枚絵キャラで、ストライカーとして艦載機や護衛の駆逐艦、潜水艦を呼び出して戦う他、
近接でもキックや頭部の触手で戦うことが可能。どっかでみたカッターもあるよ。
10~12Pカラーで性能が強化され、ストライカーの呼び出し制限の撤廃やパワーゲージ回復が加速する。
10Pは凶、11Pは狂下位、12Pで狂中位ほどを想定しているとのこと。
氏のキャラとしてはある意味当然というか大破カットインも搭載。

デフォルトでAIが搭載されている他、亜種ちゅ氏によるAIが本体同梱で公開されている。
外部AIはデフォルトAIより接近戦を狙ってくる傾向にある。
紹介動画

出場大会

プレイヤー操作

出演ストーリー

ブランドー一家は眠らない(名前は「ヲ母さん」)



添付ファイル