神禍忌

「次元のアギトに引き裂かれよ!」


禍忌神強化キャラ。巷では「次元意思」と呼ばれている。
製作はmapelaoなどで有名なmapelao氏。

宇宙意思と並ぶ最強ランクのキャラ。でもやっぱりキモい
12Pカラーになるとその力は覚醒する。
体が禍々しく輝き、ブラックホールのような黒いオーラ(?)を身にまとう。
そして数々の圧倒的力を得るのだ。
超必殺にはおなじみのユニバース・ディストーションだけでなく、
ブラックホール化し、相手を引き込み殺す「グラヴィティーホール」や、
黒いオーラを消して、しばらく何もせず攻撃してきたら即死当身をする「慢心の罠」、
ホワイトホールのような光球を射出する「グランドスフィアLv2」、
次元意思らしく次元崩壊と呼ばれる技も所持している。
即死攻撃には一部ADSの即死システムが使われているため非常に強力な模様。
防御面では100より大きいダメージ無効。更にダメージを受けた場合は、受けたダメージを20で割った余り分ダメージを受ける。
他にもヘルパーかき消しや、30秒攻撃が当たらなければゲージの増え方が上がるというシステムを持つ。

最新版では、黒いオーラが消えなければ敵からのダメージを受けることはない。
しかし、次元意思が撃った飛び道具を打ち消せば、オーラが消えて2秒間だけダメージを受けるようになる
黒いオーラ=フィールド  で、「 フィールドが消えなければ無敵 」である。
また、最新版では相手が回復すると便上して次元意思も回復する。

イントロを飛ばさない場合、つまり普通に試合をすると1ラウンドはダメージを全く受けないが、
イントロを飛ばして試合させるとダメージを受けるようになる。
そして1ラウンド毎ごとにダメージを受ける、全く受けないと交互に変わっていく。

このようになかなかダメージを与えられず、攻撃も強力なものがあるため
ほとんど倒せない。そのため、強さが神キャラを通り越した論外クラスに近い。
しかし、宇宙意思とはなかなかいい勝負をする。

また、「攻撃型」と「防御型」があり、CNSを見て変えることによってどちらにするか決めることが出来る。
  • 攻撃型→即死することがあるが、殺傷力が高い。
  • 防御型→即死しないが、殺傷力が低い。
強さでは、防御型>攻撃型である(攻撃型は論外との戦いで即死しやすいため)

5月21日に最終更新(かも)をされた、ディスプレイネームを「Xenos」と変える事もできる。
Xenos(ゼノン)の語源はギリシャ語で『異国の人』を意味するXenos。

参考動画
最新版

現在は製作者が復帰すると共に、「神禍忌V2」が公開された。
実に約1年。技や演出が改良されたとともに技術も強化され、少しづつ近代の神キャラと戦えるよう目指すらしいとか。

なお、禍忌に取り付いている次元意思の本体が顕現した姿が黒姫である。
こちらも同氏により公開されている。

出場大会

削除済み

出演ストーリー