理論上最強(笑)

ヴァンパイアセイヴァーにおいて、最強キャラとされるザベル・ザロックの、MUGENでのかつての通り名。

元々原作のザベルは、その膨大なポテンシャル(ザベル・ザロックの項を参照)を活かしきるのが
(闘劇クラスの第一線級ザベル使いでさえ)非常に難しいため、「理論上最強」と呼ばれる。
対戦環境が極限まで煮詰まった状況下では、突出した一強になると目されるのだが、未だにその境地を見た者がないのである。

それを受けて、AIによって動きを作り込めるMUGENにおいては「まさに最強の活躍ができる」と期待されていた。
だが、実際のMUGENの彼はデフォでは強AIを搭載していなかったため、まともに活躍できず「最強」どころか「理論上最強」にすら届かないとして
理論上最強(笑) という屈辱的なあだ名を付けられてしまった。

そんな彼にも、ついにキミーニョ氏によって待望のAIが公開されるようになった。今後の活躍に期待できる。
もう理論上最強(笑)なんて呼ばせない!
ところがAI作成者のYahoo!ブリーフケースアカウントが無くなり、公開される事はなくなった。
ザベル、貴方は今泣いて良い
その後、おまけの人氏制作のAIも公開された(こちらはエアダンクバグが改善)ので少なくとも(笑)は抜けています。

ヴァンパイアセイヴァーの総合サイトより転載
ザベルというキャラの性能は”高すぎる”ため、プレイヤーがその性能を使い切れず持て余してしまいます。
大会などで結果を出している現在の上級プレイヤーですらザベルの全ての性能を引き出しいるわけではなく、ザベルの性能の一部を特化させ結果を出しています。
それほどまでにザベルを使うのは難しく、プレイヤーに負担をかけるテクニックが多く、全てを使いこなすのは不可能といわれているキャラそれがザベルです。

参考動画(これでもザベルを完全に使いこなしているわけではない)


似たような難キャラにザッパ上月澪ユダ中西姉妹キム・ドンファン 伊達政宗(クソル氏談) などがある。
いずれのキャラも理論上の最善手を打つためには、複雑なモードチェンジや多彩な動作を持つSTなどを
状況に応じて的確に使い分ける判断力、そして膨大な知識と実戦経験がプレイヤーに要求される。
逆に 「操作は楽だが強AIを作るのが大変」 といったキャラもMUGENには存在する。
例としてあげるとスペランカーひろしウルトラマグナスなど、一部のかみキャラ達。
彼らはポテンシャル自体は結構強いのだが、 一回攻撃を食らうと死ぬ という仕様上、どうしても完全回避を要求される。
つまり、裏を返すと 「AIには難しいこいつらを操れることこそ、人が持つ理論上最強の可能性」 …なのかもしれない…