六尺棒を使う【伊賀忍者】の末裔、
以前の戦いで重症を負い、サイボーグ戦士となる。

『シャドウフォース 変身忍者(へんしんにんじゃ)』は、株式会社テクノスジャパンの開発。
業務用ビデオゲーム機(アーケードゲーム)向けとして稼働したビデオゲーム。
このシャドウフォースの主人公が、魁(かい)である。

シャドウフォース変身忍者とは?

くにおくん」や「ダブルドラゴンシリーズ」で知られるテクノスジャパンのベルトアクションゲー。
1993年に稼働開始したアーケード専用アクションゲームであり、家庭用版は出ていない。
当時としてはまだ珍しい、選択キャラによって変わるEDシステムや、
各キャラそれぞれにコマンド技、敵に乗り移り操るシステム「スナッチ」などがあった。

ストーリー

西暦2018年、急速に発展した科学力により、人類は繁栄の一途をたどるかに思えた。
しかし、その科学力を【悪】に利用しようと企む巨大組織【ティーサー】により、人類は恐怖と絶望の縁に立たされた。
【ティーサー】の首領であり、科学者の「Dr.WONG」は自らを「選ばれし者」と名乗り、
「新たなる人類創世のための魂の浄化」と唱え
その英知をもって作り上げた怪物達を使い、人類大虐殺を行っていた。
しかし、人々が生きる希望を失いかけたとき、【ティーサー】壊滅のために立ち上がった4人の戦士がいた。
彼らは悪に立ち向かうため サイボーグとしてよみがえった忍者なのである。
 操作できるキャラは4人。
 日本古来の魔人【天狗】の顔と紅色ボディの真紅の魔人、元レジスタンスリーダー「天狗(てんぐ)」。
 【ティーサー】の改造手術で獣人になったが、洗脳される前に脱走し、復讐を誓う「コヨーテ」。
 他の3人と違い生身の紅一点でありながら、戦闘能力は3人と互角の2刀流剣士「ブルネット」。
 そして、伊賀の忍者の血統を受け継ぐ忍者であり、負傷からサイボーグとして復活した主人公「魁(かい)」。
 タイトルにもある「SHADOW FORCE(シャドウフォース)」とは彼らの俗称である。

 魁は六尺棒を自在に操る。4キャラの中では主人公らしく標準タイプである。
 必殺技はボタン連打技「連続突き」と「回転棒攻撃」、そして必殺技の「龍神降臨」である。

MUGENでの魁


MUGENでは、mass氏が制作した魁が存在する。AIも搭載されている。
元が非格ゲーであるため、格ゲーナイズドされている。
原作はレバー8方向で横方向縦方向前後と動き、ボタンはパンチ、キック、ジャンプの3種類だった。
こちらは弱強のパンチキックの4ボタン式となり、ジャンプはレバーでの操作になっている。
また、ダッシュ、バクステ、投げ、2段ジャンプ、三角飛びといったシステムが追加されている。
原作でもあった「連続突き」はパンチボタン連打で。「回転棒攻撃」はヨガコマンド式に。
オリジナルの必殺技も複数追加されている。原作にあった全画面技「龍神降臨」はゲージ飛び道具技になった。
残念ながら、スナッチはmugenでの再現は無理なので搭載されていない。
オリジナルの超必「変身乱舞」は、原作でスナッチができた11キャラに変身しながら攻撃するというニクイ演出。

沈黙を破り伝説のステージが 始まりを告げる

出場大会

プレイヤー操作