オスモウさん

最強の国技。それがSUMOU。

裸身(に近い状態)で道具を用いず、掴み合い、相手の体を倒す競技。
元々は日本古来の神道に基づいた神事であり、古事記における軍神建御雷神と建御名方神の決闘図を人が演じたものが原点とされる。
現代でこそ相撲は上記のような競技だが、かつては天皇の御前で行われた武芸・武術試合の一種であり、非常に苛烈で死人も珍しくなかったようだ。
神話ではヤマトタケルが兄を相撲で 蹴り 殺してしまったなどと伝えられる。
似た格闘技として、モンゴルのブフ、中国のシュアイジャオ、朝鮮半島のシルム、沖縄本島のシマ、トルコのヤールギュレシ等があり、
ユーラシア大陸東部の文化圏において類似したものが見られる。
純粋な力比べ以外に神への奉納、豊穣祈願等の特別な意味を持つ。
昭和50年代には相撲を玩具化した「紙相撲(かみずもう)」というゲームがブームにもなった。

+ 間違っても…
格ゲーでは一般的に、投げと突進技がメインとなるパワーキャラ。
千代の富士や舞の海のようなテクニカルキャラではない。
実際の力士は鈍重どころか相当な瞬発力の持ち主だが、ゲームとしてはパワータイプの方が映える(プロレスも同様)。

(以上、格闘スタイルのページより抜粋)

MUGENでは様々な相撲キャラの活躍 及び主要な犠牲者のインパクト により「SUMOU」と呼ばれ恐れられている。


相撲の選手は「相撲取り」「力士」「関取」などと呼ばれる他、親しみを込めて「お相撲さん」と呼ばれることもある。
この「オスモウさん」名義でMUGENオリジナルのキャラクターが製作された。


MUGENにおけるオスモウさん

ゴリラゲリラの製作者である、ますけんぷくん氏が製作。
絵は手書きで、弱中強の3ボタン形式で操作する。
基本的には一般的な相撲の技で戦う。
本来なら技ではない動作で攻撃したりもするが、 八百長 メールが来たので仕方ない。
ゲージ消費の技は高速機動が可能になる自己強化技「土俵入り」のみで、打撃の超必殺技は持っていない。

AIは最初から搭載されており、3段階に調節可能。


出場大会