金剛(ウォーザード)

「虫ケラめっ!!」

ウォーザードに登場する敵キャラクター。
ジパングの伝承などに登場する巨大なであり、タヌマという男が変身する。
トクガワ幕府の臣下兼用心棒のタヌマはジパングのトクガワ幕府第24代将軍ナオスケの命により
ムクロを殺害しようと襲い掛かってくる。
そのほかの主人公の場合は権力の後ろ盾があるのをいい事に町中で暴れ回っている所を主人公が通りかかった為に戦闘に。

なおムクロ編ED前の選択でナオスケを斬らなかった場合、タヌマが城下町で再び暴れているとナオスケから伝えられるが
本人が生き返ったのかムクロを誘い出す為の嘘なのか不明である。
どちらにしてもムクロを謀殺するためのナオスケの罠である事に変わりはない。

二本の角、赤い大きな身体、そして金棒と『 赤鬼』がモチーフなのは明確だが、巨大な手に反して小さい肩周り、胸の辺りの肉の薄さ、
そのわりに奇妙に膨れ上がった腹など、『餓鬼』を思わせる要素も入っている(ただし西洋的な美意識と無縁の
仏教美術などでは、ここまで極端ではないにせよ人物を腹が出たような身体つきに描く事は多い)。
『餓鬼』をモチーフとしながらも巨体の持ち主である妖怪腐れ外道とは外見上の共通点が多い。
その巨体のパワーで金棒を振り回して戦い、攻撃の範囲はかなり広い。
腕を千切ってロケットパンチのように飛ばしたり、
腹を破って胃液を相手に浴びせたりと少々気持ちの悪い技も持っている。
更に本作は切断KOもあるのだが、断面図も外見に伴って非常にグロいので注意。

CVはレオヴァルドールと同じ郷里大輔氏。

ハウザーと同じようにバーサークモードを発動し、攻撃力アップとスーパーアーマーになることが出来るが、
元々スーパーアーマーを持っていないためハウザーのものより性能が低く、
一定ダメージを受けたり投げられたりすると解除されてしまう。

ちなみに、他のウォーザード勢がプレイヤーキャラクターとしてはモチロン、背景のオブジェだったり
他のキャラのエンディングで登場したり、『ポケットファイター』でタバサ盾にされたりする中で唯一外部作品に出演してない


MUGENにおける金剛

MUGENでは他のウォーザードキャラでお馴染みのDoggiedoo氏製作のものとKong氏製作のもの、
そしてYoungKirei氏製作のアレンジ系が存在している。

+ Kong氏
+ Doggiedoo氏
+ YoungKirei氏 アレンジ

+ 大会ネタバレ

「がはははははっ!わしの邪魔はさせんぞー!」

 「どうだびびったかーっ!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー