ゴースト

データ

図鑑No.093
分類:ガスじょうポケモン
タイプ:ゴースト/どく
高さ:1.6m
重さ:0.1kg
特性:ふゆう(じめんタイプの攻撃技が当たらない)

+ポケモン図鑑による説明
【赤/緑/ファイアレッド】
くらやみで だれもいないのに みられているような
きがしたら そこに ゴーストが いるのだ。

【青/リーフグリーン】
ブロックの かべも すりぬけるので いじげん くうかんの
じゅうにん ではないかと うわさに なっている。

ピカチュウ
なめられると いのちを すわれる。からだが ふるえて
とまらなくなり やがては し に いたるという。

【金/ハートゴールド】
ほんとうに なにも みえない くらやみで
ゴーストは しずかに えものを ねらっているのだ。

【銀/ソウルシルバー】
ガスじょうの したで なめられると からだの
ふるえが とまらなくなり やがては し に いたるという。

【クリスタル】
くらやみで いきを ひそめながら まよいこんだ
えものの いのちを うばおうと たくらんでいる。

【ルビー/サファイア/エメラルド】
やみに うかぶ ゴーストが てまねきしても ぜったいに ちかよっては いけないよ。
ペロリと なめられ いのちを すわれてしまうぞ。

【ダイヤモンド】
どんな ものでも すりぬけられる。かべの なかに
もぐりこんで あいての ようすを かんさつする。

【パール】
ガスじょうの したで なめられると たましいを
とられてしまう。やみに かくれて えものを ねらう。

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』に登場するポケモン。名前の由来はそのまんま、幽霊を意味する英語だろう。
ゲームや漫画にはメジャーな名前で、『ドラゴンクエスト』にも同名のモンスターが登場し、ゴースト○○といったキャラも数多く存在する。
ポケモンでも「ゴースト」はタイプの名前としても使われており、名前と持っているタイプ名が同じという唯一のポケモンである。

ゴースの進化形で、通信交換に出すとゲンガーに進化する。ゴースが出現するフィールドで低確率でエンカウントする事が多い。
深い紫色の顔だけの姿で、体から独立した手がある。
高さはなにげにゲンガーより大きいが、重さはガス状なのでゴースと変わらずめちゃくちゃ軽い。この二種類がポケモン界で一番軽い。
ゲンガーと同じくポケモン図鑑の説明がやたら物騒であり、「舐められたら死ぬ」と言った記述ががいくつもある。
最初から覚えている「したでなめる」には相手を一撃で倒す効果などないが。
ゲンガーと同じく、命を奪いに現れることもあるとされる。

進化前のゴースも説明はかなり恐ろしいが、ゴーストタイプよりどくタイプ寄りであり、ゴースト、ゲンガーとはベクトルが違う。
レベルアップで覚える技はゲンガーと同じ。そして、作品内通信交換で進化前のゴーストがもらえるのだが、
進化できなくなるアイテムを持たされているため、こちらに送られてもゲンガーにはならないという罠のような展開が待っている。
詳しくはゲンガーのページにて。

原作におけるゴーストの詳細

種族値

HP:45
攻撃:50
防御:45
特攻:115
特防:55
素早:95

第1世代においてはこの系統が唯一のゴーストタイプ。ノーマルタイプとかくとうタイプを無効にすることができる。
当時最強と目されていたエスパータイプに対して効果抜群……のはずだったが、
この世代で使えるゴースト技が無きに等しかった上に、そもそも手違いで抜群どころか無効になっていたため、
毒タイプの弱点だったことも相まってまともに戦えばカモられる有様だった。
素早さと特攻が高く「さいみんじゅつ」、「ゆめくい」、「10まんボルト」、「サイコキネシス」といった優秀な技を覚え、
当時猛威を振るっていたノーマル技「きりさく」や「はかいこうせん」を無効化できるが、ゴーストのまま使うのは厳しい。
それでも素早さと特攻の高さを活かし、ゲンガーの使用が禁止されたニンテンドウカップ99では代用として
多くのパーティに抜擢され、きりさくを武器に猛威を振るっていたペルシアン対抗策要因としての活躍が非常に目立った。

第2世代ではタイプ一致で攻撃力が上がる「シャドーボール」と「ヘドロばくだん」という新技を得たが、
当時のゴーストとどく技は攻撃力依存のため、ゴースの進化系のポケモンは攻撃が低く有効でなかった上に、
ねむり状態の弱体化と新タイプの追加による弱点増加という向かい風もあり、強化されたとは言いがたい状況だった。

その後、第3世代で全ポケモンに特性が追加されたことで、ゴーストは特性「ふゆう」を手に入れ、
弱点のじめんタイプを無効化できる強力な特性を取得、
そして第4世代で物理と特殊の分類がタイプ別から技ごとに分類される仕様になったため、
シャドーボールとヘドロばくだんが強力なメインウェポンとなった上に、
さいみんじゅつの命中率が60から70に上昇したため、各地で猛威を振るうこととなった。
第4世代後半でさいみんじゅつの命中率が低下したために一部弱体化こそあったものの、
現在では、自分が瀕死になった場合相手も瀕死にすることができる「みちづれ」などを覚えることができ、
速攻アタッカーや、豊富な変化技を駆使した耐久型として活躍しているが、
ゴーストはゲンガーに進化しないと弱点のあくタイプとゴースト技無効のノーマルタイプに対して
有効な「きあいだま」を覚えないため、やはりゴーストのまま使うのは厳しい。

特攻と素早さは高いがHPと防御と特防が低いという、いわゆる装甲のため、
アタッカータイプのポケモンの攻撃をまともに受けると、弱点をつかれずとも倒されてしまうことも。
しかし、その紙っぷりがむしろ見切りをつけ易く、「きあいのタスキ」を持たせて1発を耐え、「みちづれ」で相打ちになるという、
いわゆる道連れ型が主流になっている。特攻と素早さが高いためみちづれする前に1体倒せる可能性が高い点も優秀。
しかし、これらの強みは相手に先制をとれる素早さが前提となっているため、自分より早かったり先制技を持つ相手、
「でんじは」などでまひ状態にしてくる相手には非常に弱い。
上級者になると、豊富な技を活かして「だいばくはつ」による味方の間接役割破壊で役割関係が無い相手を
無理突破してサイクルを崩したりなども可能。

『X・Y』ではタイプ間の相性が見直され、ゴーストタイプの技は鋼タイプ相手に通常のダメージを与えられるようになった。
さらに、毒タイプの技は新規に追加されたフェアリータイプの弱点となり、ヘドロばくだんの需要も高まった。

メディアミックス作品におけるゴースト

アニメ版のカントー編ではポケモンタワーに登場。
この回に登場したゴーストはお笑いを好んでいたらしく、仲間のゴースやゲンガーと漫才をしていた。
サトシにゲットされ(正確にはサトシと友達になっただけであり、モンスターボールに入れられた訳ではない)、
心を閉ざしたジムリーダーのナツメを笑わせて心を開かせ、サトシはバッジを入手した。

漫画『電撃!ピカチュウ』にはブラックフォッグと呼ばれる超巨大なゴーストが登場。
数年ごとに大量のゴースを率いて出現し、人間やポケモンの生命を喰い尽して殺害するという災害レベルの存在であり
作中においてはサトシ一行と、過去にポケモンの命を奪われた因縁を持つナツメが共同戦線を張って挑んでいる。
(同漫画はアニメ版のコミカライズという形式だが、上述の通りナツメとの関連性は真逆になっている)


MUGENにおけるゴースト


猫飯氏によって作られたものが存在。ゆうれいの姿からゴーストになる演出がなされている。
ペットショップのように空を飛び回り、「シャドーパンチ」「たたりめ」「さいみんじゅつ」「したでなめる」などを使う。

出場大会

  • 「[大会] [ゴースト]」をタグに含むページは1つもありません。