きゅうきょくキマイラ

「◆いいか くれぐれも いっておくが・・・
 ◆あかくて くちのでっかいキマイラには ぜったいに てをだすな。
 ◆いいな。
 ◆ちゅうこくしたからな。」

ピキン!ガブガジガジガジガジガジガジ…


任天堂のRPG『MOTHER3』のトラウマ製造機のひとつ。
そのトラウマ度はタネヒネリの幻覚よりもきついらしい。「キマイラけんきゅうじょ」で登場。
見た目はたいして怖くはない。しかし、あまりに強すぎるために 触れただけで戦闘すら発生せずにゲームオーバー となる。
この辺り、SagaのトラウマとかFFのとかVPのトラウマ以上にタチが悪い。
こいつに匹敵するっつーか同類はライブアライブSF編ベヒーモスぐらいのものだろう。
終盤のトイレダンジョンで唐突に再登場し、アイテムを取ろうとして逃げ遅れたプレイヤーをことごとく噛み潰す姿は、プレイヤーに大きな恐怖心を植えつけた。
ただしコンティニュー地点がすぐ近くにあるので 実害は無い一種のミニゲームである。

+きゅうきょくキマイラ
ポーキーがブタマスク達に作らせたキマイラのうちの1体。
基本的に機械と生物をあわせた「メカキマイラ」と生物同士をあわせた「生物キマイラ」が存在するが
これはそのどちらでもなく電子制御されたハイテクキマイラであるらしい。その為か足音がロボットっぽい。
上記のような理不尽な強さを持つが背中にスイッチがありそれを押せば動かなくなるという弱点がある。これ機械じゃね?
しかしこれで安心かというとそうではなく頭のヒヨコが別行動を起こし本体のスイッチを入れて復活してしまう。
そのためプレイヤーからはヒヨコが本体と言われることがある。

大乱闘スマッシュブラザーズX』ではニューポークシティーステージのやくもの(トラップ)として登場。
ランダムで出現し、触れると 200%もの大ダメージを受けものすごい勢いで吹っ飛ばされる 。吹っ飛び率や場所にもよるが、ほとんどの場合は一撃で場外KOとなる。



MUGENにおけるきゅうきょくキマイラ


N64Mario氏が製作。
ドットは『MOTHER3』のものだが、
触れただけで「はるか彼方に吹っ飛ばされ、更にカメラにぶつかりKOとなる」スマブラ風味の演出で一瞬で相手を葬り去る。
その姿はまさに「きゅうきょく」の名に恥じない。
またAI操作ではあまり見られないがダッシュや挑発(雄たけび)もあったりする。

当たり判定は存在しないが、 対神キャラ対策はされていない ため、即死当身など専用攻撃には無力。
当て身投げを使えば普通のキャラでも倒すことは可能。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7609100

またこのキャラのdefにある[Size]を見ると、元の大きさの3倍の大きさに設定されている。
この数値を1にすると、かなり小さくなり可愛くも見えてくる。
狂キャラなのには変わり無いが。

出場大会

削除済み
凍結

出演ストーリー


プレイヤー操作