デガンジャ

海外で製作された特撮作品『ウルトラマンG』の第4話『デガンジャの風』に登場した怪獣
体長89m,体重7万4千t。別名「風魔神」。
アボリジニーの伝説にある「地の怒りを伝える風の神」が、宇宙から飛来したゴーデス細胞に取りつかれ、風魔神として実体化した怪獣。
肉食動物のような外見をしており、一説ではハイウェイで轢死したタスマニアデビルなどの動物の姿だとも言われているらしい。
かなりの怪力の持ち主で、グレートをはね飛ばすほど強力な雷電光という指先から放つ光線技を武器にする。

劇中ではゴーデス細胞により黒い竜巻となって暴走し、祭壇を射撃したハンターの一人を車ごと竜巻で空に巻き上げ叩き付け殺害した。
ちなみに伝承ではあくまで竜巻はデガンジャの使者でしかないらしい。
竜巻となって移動しているところに防衛チームの攻撃を食らったことで、怪獣としての姿を現した。
グレートとの戦いでは序盤は怪力や雷電光で苦しめるが、最後はマグナムシュートで雷電光を跳ね返されて敗北。
その後ゴーデスからの支配を逃れたようで、砂漠に雨をもたらした。

海外でSFC用に発売されたゲームにも登場。こちらでは3番目の対戦相手として戦うことになる。
原作通り雷電光も使うが、なぜか転がり攻撃をしてくる。しかも移動距離も長いのとダメージ判定も強く、強力な技である。
パンチと尻尾攻撃を使うが、尻尾が短すぎるので尻尾攻撃の射程は短い。
映像作品では尻尾攻撃も転がり攻撃も使っておらず、逆に映像作品のイメージである竜巻や風を使った技は使えないなど、
映像作品のイメージとは大きく異なるイメージになっている。


MUGENにおけるデガンジャ

muu氏が製作したものが、2014年3月24日に公開された。ディスプレイネームは海外名のdegolaになっている。
氏のブローズと同じく海外で発売されたSFCゲーム版のドットを使用しているが、性能はアレンジされており、
避け動作の代わりにガードも搭載され、技数も増えるなど全体的に一般的な格闘ゲーム寄りの性能に仕上がっている。
転がり攻撃や尻尾攻撃といった映像作品のイメージに合わない原作ゲームの技はオミットされ、
代わりに風や竜巻を使った攻撃が多数搭載されている。
また常時体力が自動回復するが、理不尽な勢いでもなく一般キャラでも削りきることは可能だろう。

「風魔神」という肩書の通り、竜巻を使った技を中心に持つ。
レパートリーも豊富で、自らが竜巻となって突進したり、竜巻の分身を使って攻撃したりする。
さらに竜巻は操作可能なので遠距離からでも相手に当てることができる。

超必殺技として、「雷電光」と「デガンジャの風」が搭載されている。
「雷電光」は光線を放つ強力な技で、エフェクトも綺麗で使ってて見栄えがする。
「デガンジャの風」は自らが竜巻になっているときにのみにだせる技で、巨大な竜巻となって相手に攻撃をする。

また2ラウンドとかを相手に取られて完全に敗北した際のモーションが凝っており、
風になって消えた後に雨を降らせるという映像作品でのラストシーンのイメージをうまく再現している。

竜巻状態のエフェクトや雷電光などエフェクトが綺麗で見栄えがするので動画に出しても問題はないだろう。
性能的にも飛び道具、移動技の揃ったバランスのいい性能をしており、強キャラと言える性能をしている。
デフォルトでAIも搭載されている。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル