夢空萌慧


 誕生日:1992年4月25日
 星座:牡牛座
 血液型:o型
 身長:164cm
 体重:48kg
 スリーサイズ:82/58/83
 学校:都立富士見ヶ丘高校3年
 クラブ:水泳部
 趣味:ゲーセン通い
 好きなもの:スペースハリアー
 好きな人:ナイジェル・マンセル
 嫌いなもの:タルタルソース



「落ちついていこうね、萌慧。」


1995年にDISCOVERYが製作したPC98の18禁格闘ゲーム『ヴァルキリー』のメインヒロイン。
「ゆめぞら もえ」と読む。

プレイヤーの同級生でドジっ娘。
しかしてその実体は、魔法の国からやって来た魔法少女である。

魔法少女たちは次期女王候補の座を賭けて対決し、勝ち残った一人が現女王への挑戦権を得る。
そして現女王を倒せば魔法の国の新たな女王となり、願いを一つ叶えられる。
プレイヤーの役割はその審判で、あと(以下削除
なお他のキャラのストーリーだとこのへんを大会進行役のモコモコが解説してくれるのだが、
萌慧編でのモコモコはマスコット役のため、少々展開が異なる。

基本的にドジっ娘。
大切な女王決定戦の日取りをうっかり忘れてバイトしてたレベルのドジっ娘。
バイト先は遊園地で、子供向けアトラクションショーでマジカルプリンセスを演じている。
このため対萌慧ステージは遊園地が背景。
なにせ本物の魔法を使っているので評判は上々だが、ときどき魔法の加減を間違えてしまう。ドジっ娘なので。

性格自体はいわゆる普通の魔法少女のヒロインであり、
女王の座に憧れを抱いてはいるが、「ライバルを蹴落としでも勝ちたい」といった闘争心には欠けており、
むしろ遊園地のマジカルプリンセスとして子供とふれあっているのが天職である。


EDでは、本物の魔法の国の女王となったにもかかわらず、引き続きマジカルプリンセスのバイトに励んでいる。
なんだかんだ彼氏となったプレイヤーも戦闘員役のバイトとなり、二人でキャッキャウフフする日々である。


リア充爆発しろ? ご安心ください、ほっとけば魔法の失敗で爆発します。ドジっ娘なので。


……ちなみにこのゲームの女王候補たちは、誰一人としてED後に国へ帰る様子が見られない。
故郷に家族がいないのだろうか。魔法の国の明日はどっちだ。



原作での性能

+必殺技性能
  • 「アステロイドトライアングル」
弧を描くようにマジカルステッキを振り上げる。トライ…アングル…?
なお技ボイスはどう聞いても「あすてろいどあんぐる!」

飛び上がらないので隙が少なく、広範囲高威力、出掛かり無敵あり、空中ガード不可の高性能対空。
コマンドも→↓→パンチボタンとわかりやすく対空技である。
もちろん、ヴァルキリー名物「いつでもガーキャン」にもガンガン使っていける。
攻撃判定は小だと1回、大だと2回出る。
小は対空に、大は地上連続技やガーキャンに使っていけばいい。


  • 「シューティングスター」
立ち小パンチと同じモーションから繰り出す飛び道具。
コマンドは↓→パンチとこれまたわかりやすく飛び道具である。
コマンドで手軽に出せ、水平に飛んでいくだけのごく普通な飛び道具だが、
全体的にジャンプ時の挙動がゆるく飛び越すのも一苦労なゲームなのでこれだけでも有利。
高性能対空のアステロイドトライアングルもあるので、きっちり「飛ばせて落とす」に徹するだけで相当強い。

また空中でも同じコマンドで出せる。こちらは主に下記する突進技の後に使っていくことになるだろう。

  • 「シューメイカーレビーキック」
高速で水平にカッ飛んでいく、いわゆる「スーパードロップキック」。
名前は発売当時に接近していたシューメイカー・レビー彗星から取っているが、
技ボイスは相変わらずそうは聞こえない。

敵に当たると跳ね返り、着地まで少々隙ができる。
が、このときに空中シューティングスターを出してフォロー可能。
ヒットしていれば追撃になり、ガードされていても反撃を阻止出来る場合が多々あるため、
まともなガーキャン技を持たないキャラや相手の反応速度次第では、奇襲でどんどん使っていくのもいいだろう。

  • 「モコモコッ!」
使い魔のモコモコを召喚する超必殺技。
召喚されたモコモコはその場で徐々に巨大化したのち画面端に向かって突進していく。
召喚の隙はあるが、呼んでしまえば萌慧は自由に動け、相手に止める手段は無い。
ガードさせても拘束時間が長く、そこを利用し上下から揺さぶるハメじみた連携が可能。
連続召還で2匹突進させることも可能。
ヴァルキリーがいくらガーキャンゲーといっても、超必と相打ちしておつりの来る技はそう多くないので
モコモコに対してはガーキャンをするわけにもいかず、非常に強力な固めとなる。
つまり出しさえすれば主導権を握れるのだが、さすがにぶっぱでは相手も対処の仕様があるため、
基本的にはダウンを奪ってから出し、起き攻めでトドメを刺しにいく形になる。



安定の波動昇龍に鋭い突進技も備える王道キャラ。
加えて萌慧の通常投げのみ、投げからの追い打ちコンボが成立し、
「立ち大パンチ→レビーキック→空中シューティングスター」といった高威力連携が安定して入る強みもある。
壊れ性能の女王にはさすがに劣るものの、離れても近寄っても体力減っても強い、さすがのメインヒロインである。


MUGENにおける夢空萌慧

  • にゃん☆鬼龍氏製作
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、入手不可。
氏による他のヴァルキリーキャラ同様、各種EX必殺技やゲージ消費ガーキャン、攻撃力増加技といった共通仕様のほか、
アレンジ要素が大幅に追加されている。目立ったところでは
  • しゃがみ大キック(シューメイカーレビーキックを使い回した低空ドロップキック)をステッキ攻撃に変更。
    キャンセルもかからなくなった。
  • 立ち大パンチが中段の「叩きつけ」に変更。
  • 1ゲージ超必殺技「プロミネンスバースト」追加。だいたいパワーゲイザーと思っていい。
  • 1ゲージ超必殺技「コメットヒップドロップ」追加。シューメイカーレビーキックの後にヒップドロップで追い打ちする。
  • 「モコモコ」は3ゲージ技に昇格。原作より巨大になり、ヒットすれば5割持っていく。
などなど。
レビーキックヒット後の空中シューティングスターが特殊な状況を除いて当てられなくなっているが、
そのぶん追加要素が強力なのでそれほど問題にならないだろう。

IX氏による外部AIが存在。
5段階に設定可能で、最高レベルでは手堅いファイトを見せる。
さらに体力が3割以下になるとゲージ技によるゲージ消費がなくなり超必撃ち放題、ガーキャンし放題になる、
「原作再現っぽいスイッチ」が実装されており、レゲーの恐ろしさを見せつけてくれるだろう。
もっとも、真に怖いのはEXシューティングスター連打かもしれない。


  • mer氏製作
mugen1.0専用。
原作との相違点としては、
  • ヴァルキリー名物いつでもガーキャンは未搭載。
  • アステロイドトライアングルに大小の区別無し。
  • 超必殺技の「モコモコッ!」は1ゲージ技に。走り出し動作がやや異なる。
  • 勝利デモ台詞を勝ち台詞に流用。
などなど。
とはいえしゃがみ大キックはそのまま、レビーキック後の追撃もしやすいので、原作感覚で連続技を決めたいならこちらがオススメ。
氏による簡易AIが搭載されている。


「よろしくお願いしまーす!!」

出場大会





添付ファイル