アグモン


世代:成長期
タイプ:爬虫類型(セイバーズ版とX抗体は恐竜型)
属性:ワクチン種
必殺技:ベビーフレイム
得意技:スピットファイア,するどいツメ


バンダイから発売されている『デジタルモンスター(略称はデジモン)』シリーズに登場する架空の電子生命体デジタルモンスターの一種。
初代であるデジタルモンスターVer.1から登場している最古参の成長期デジモンであり、ゲームやアニメ作品などでプレイヤーや主人公などの味方として
登場することも多い。そのため、数多くいるデジモンのなかでもシリーズの顔として高い知名度を持つキャラクターである。

種族としての概要

爬虫類型デジモンとされているが、実際の見た目はむしろ小型の恐竜に見えるデジモン。
戦闘では、口から吐く火球や手に生えている爪を武器にする。
性格はやんちゃな暴れん坊。そして大食らいとされている。
育て方によって様々な進化をするが、メディアミックスの影響でグレイモンやその亜種に
進化するのが一般的な進化のルートと考えられている。

また、アグモン自身にもいくつか亜種が存在する。以下はその一例。
  • ウイルス種アグモン
カードゲームから登場したアグモン。身体が黒く「ブラックアグモン」とも呼ばれる。
スペックは通常のアグモンと同等だが性格は凶暴。
主にウイルス系グレイモンの亜種に進化する。

  • X抗体版
デジモンを死滅させるXプログラムに対して抗体を持ったアグモン。
見た目にグレイモンの意匠が加えられたほか、能力も通常時より向上している。
必殺技は「ベビーバーナー」。

  • アグモン博士
博士帽を被り、白衣を着たアグモン。
主にデジモンウェブやVジャンプのデジモンコーナーにおける解説役として登場している。
一人称は「私」で、語尾に「ギャ」をつけて喋る。
必殺技は「ハカセボウ」「ハカセボー」。

+ メディアミックスでの活躍


MUGENにおけるアグモン

  • GodLike氏版
スプライトは3Dポリゴンから作られたものが使用されている。
接近攻撃や飛び道具が優秀なオールラウンダーなキャラ。
条件を満たすと、ウォーグレイモンにワープ進化し、性能が変化する。
この状態は必殺技「ガイアフォース」を放つまで続き、この技を使用すると、
アグモンに退化する。ただし、ウォーグレイモンの状態でも操作次第でアグモンが
出てくるバグが存在する模様。
AIは未搭載。


  • Tsunamidusher版
こちらは手書きのスプライトで作成されている。
やはり、接近戦も飛び道具も優れたキャラだが、
こちらは特殊技でゴマモンをストライカーとして呼ぶことができる。
また、必殺技にもグレイモンに進化して、ゴマモンそ進化系であるイッカクモンを呼び出す技がある。
他にも、ガブモンを呼び出す必殺技があるほか、八神太一を呼び出し、自分をボールのように蹴飛ばさせるゲージ技がある。
なんかヒドイ気もするが、アニメで実際に使用した戦術だからしょうがない。
3ゲージ超必殺では、やはりウォーグレイモンに進化する。
AIは未搭載。



出場大会

  • 「[大会] [アグモン]」をタグに含むページは1つもありません。





添付ファイル