きりしま

海上自衛隊のこんごう型護衛艦の2番艦で第4護衛隊群第8護衛隊に所属。
名称は第二次大戦で活躍した金剛型戦艦の4番艦「霧島」から(1番艦:金剛、2番艦:比叡、3番艦:榛名、4番艦:霧島)。
こんごう型護衛艦は3番艦「みょうこう」、4番艦「ちょうかい」と続く。
(こんごう・きりしまは金剛型戦艦から名前が取られているが、みょうこう・ちょうかいの名を冠した先代艦は重巡洋艦妙高・鳥海である)
霧島と言ってもかのりん知っているか!ではない。

1980年台よりシーレーン確保能力及び弾道ミサイル迎撃能力を強化するためにアメリカからの技術供与を受け開発されたイージス艦の一隻。
搭載されているイージスシステムとは噛み砕いて言えば超凄いレーダーで標的を捉え、
それを片っ端からミサイルで撃ち落とすというシステムである。
こんごう型は500km先の300の目標を追尾し、同時に12の目標を攻撃できる。
2010年台の今も周辺諸国の緊張等に備え度々出動しているのが報道されている。

「イージス」とはギリシャ神話の中で最高神ゼウスが娘アテナに与えた魔を掃う盾アイギスの事(胸当て・肩当てであるとする説もある)。
英雄ペルセウスが魔女メドゥーサの首を持ち帰り、そのアイギスにはめ込んだことでこの盾は並ぶもののない
優れた盾となったという伝承があり、高い迎撃能力をその逸話に擬えて名付けられたものである。
ファンタジー題材のゲーム(『ファイナルファンタジー』など)でも、「イージスの盾」などの名前でしばしば登場する。
格ゲー的にはユリアンの「エイジスリフレクター」もこれが元ネタか。
他にはペルソナの格ゲーにも登場している『3』のキャラクター「アイギス」も同じく。
アイギアスは多分関係ない。

+ そんな風に国防のために日夜頑張っているイージス艦なのだが


MUGENにおけるきりしま

ひたち氏により上記の宮城地本の擬人化きりしまが制作された。何故作った
全体的に近距離は技の出が遅く、飛び道具を主に使い戦う所謂弾幕キャラ。
相手をある程度追尾するハープーンミサイルやCIWS、地を這う飛び道具に分類される短魚雷、一旦上空に飛び垂直落下するアスロック、
イージス艦らしく飛び道具を迎撃できるCIWSやミサイルも搭載されている。
ハープーンはラウンド8発の制限が、CIWSは弾を撃ち尽くすと10秒のリロードが必要になる。
ストライカーとして潜水艦「そうりゅう」を呼び出してミサイルで援護してもらうことも出来る。
ゲージは即時リロードやミサイル追撃などの特殊行動に使用する。
AIは並~強ランク程度のものがデフォルトで搭載されている。

出場大会