ブラックエンド

ブラックエンドよ、出てこい!!
ウルトラマンレオを誘いだし、殺せぇ!!

円谷プロの特撮作品『ウルトラマンレオ』第51話(最終回)「さようならレオ! 太陽への出発」に登場する怪獣
別名「円盤生物」。身長55m、体重29000t。ブラックスターにより地球に派遣されてきた円盤生物12号である。
円盤生物についてはシルバーブルーメの項を参照。
他の円盤生物が精神面や卑怯な手を使ってレオと戦っていたのに対し、
小細工なしでウルトラマンレオに真っ向から挑んだ唯一の円盤生物である。

武器は前方についている二本の大きな角で、口からの火炎攻撃や長い尻尾での攻撃も行う。
その尻尾でレオを縛り付け背中から出した角で刺すという中々器用な一面もある。
また角と尻尾を体に引っ込めて転がり攻撃もする。

劇中ではブラックスターから地球に侵入し、地震や陥没を起こした。
その後レオを誘き出そうとその名を呼ぶ(ブラックエンド自身が鳴き声で「レオ」と表現していた)が
ゲン(=ウルトラマンレオ)があえて変身しなかったため諦めてその日は撤退。
後日、ゲンの姿を確認したブラック指令の掛け声によって出現しレオと対決する。
しかし様々な戦いや苦難を乗り越えたレオを苦戦させることはできず、
背中の角を抜かれて口の中に突っ込まれるなど追いつめられてしまう。

しかしその戦いを見て業を煮やしたブラック指令がトオルを人質に取ってからは形勢が逆転し、
人質を取られ攻撃ができないレオに自慢の尻尾で攻撃を畳み掛けるなどあと一歩のところまで追いつめることに成功する。
しかしここでトオルがブラック指令に噛みつき、さらに美山あゆみ(ゲンとトオルの居候先の次女)や少年たちが
不意を突いて飛びかかり、指令から水晶玉を奪う。
水晶玉をトオルから受け取り立ち上がったレオにブラックエンドは突進攻撃をしかけるが、
避けられたために地面に激突。その衝撃で2本の角は圧し折れてしまう。
直後、水晶玉をぶつけられ爆死。「最後にして最強の円盤生物」とは思えないほどのあっけない最期であった。
同時にブラック指令も溶けて消滅し、追って地球に迫ったブラックスターもレオの光線で爆破された。

その後長らく映像作品には縁がなかったが、2006年の『ウルトラマンメビウス』24話で
マケット怪獣ウインダムをファイヤーウインダムへとパワーアップするために、
ブラックエンドのデータがゼットンパンドンと共に使われた。その時に画面に少しだけ映ることができた。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおけるブラックエンド

様々な怪獣キャラを公開しているカーベィ氏によるものが存在する。
『ウルトラマンレオ』40周年を記念し、2014年4月12日(丁度番組の放映日から40年)に公開された。
同作出典の怪獣としては2体目の参戦となる。
スプライトはGBのアクションゲーム『ウルトラマン超闘士激伝』の雑魚敵のドットを着色、改変して作られており、
どこかかわいらしくも見える。

技は火炎攻撃や尻尾で攻撃するなど原作に準拠したものが搭載されている。
また地中を移動したり地震を起こしたりする技なども搭載されている。
2014年5月1日の更新で角での弱攻撃・強攻撃が追加され、一部の技が無くなった。
さらに超必殺技に「さようならレオ! 太陽への出発」が追加された。
原作通りウルトラマンレオが登場し、ブラックエンドに水晶玉をぶつけて飛び去る・・・というもの。
自爆技に近い技で、水晶玉がブラックエンドにぶつかるときに爆発が起きて相手に大ダメージを与えるが、同時にブラックエンド自身も瀕死になってしまう。
爆発で相手を倒し切ることができればそのまま勝利になるが、倒しきれなかった場合自分が死んでしまい負けになってしまうので注意しよう。

その他特徴としてHPとゲージが自動回復になっており、HP自体も1500と少し高い。
AIも搭載されている。

MUGEN1.0で使用する際はBindToRootのpos =の最後のカンマ(,)を消せば使用できる。
このキャラに限らずスダール等の氏のMUGEN1.0で動かせない他のキャラも同様の処理で動かせる。
2016年10月6日の更新で新MUGENでも動作するようになった。

出場大会

  • 「[大会] [ブラックエンド]」をタグに含むページは1つもありません。