ハヤト




「遊びでやってんじゃねぇんだぜ」


 国籍 日本
 身長 176cm
 体重 70kg
 年齢 21歳
 武器 プラズマブレード

プロフィール

カプコンが製作した3D格闘ゲーム『スターグラディエイター』シリーズの主人公。
MVC2』で2D格闘にも参戦。
また、『タツノコvsカプコンUAS』のテッカマンブレードEDではブレードと共闘している。
担当声優は初代が林延年氏、『2』と『MVC2』、『PXZ2』では森川智之氏(前者はキャスト非公開のためあくまでも推定)。
ちなみに、林延年氏は何気に3D格ゲー主人公を演じる機会が多く、他に『ブラッディロア』のユーゴ(初代のみ)、
デッドオアアライブ』のジャン・リー(5以降)も担当している。

フルネームは「神崎隼人」。日本人で年齢は21歳。
某ロボットアニメこいつの相方ではない。一字余分である。
あとこっちのアニメの3人養子を取った男でもない…が、こちらの大会ではそのネタカイと組んで出場している。

納得できない仕事は受けない性分のため、いまいち稼ぎの良くない賞金稼ぎ
孤児院育ちで、世話になった園長が借金を抱えて院を手放そうとしているのを知り、
返済のためやむを得ず割のいいスターグラディエイター部隊に参加。
部隊はプラズマパワーを悪用して宇宙征服を狙う帝王ビルシュタインと戦うための組織であり、
ハヤトはその陣頭に立ちビルシュタインを撃破する(初代スタグラ)。
しかしビルシュタインは生きていた。「ビルシュタインの亡霊」に引導を渡すため、再び戦いに挑む(『2』)。

通称「炎の賞金稼ぎ」。ストーリーといい性格といい、熱血主人公の王道を行く漢である。
が、イロモノ揃いのスタグラ勢の中では普通すぎて影が薄い。いや立派に主人公やってるんだけどな…。

ブラック・ハヤト





ビルシュタインによってハヤトに埋め込まれた「悪の因子」が覚醒した姿。色は黒くないけど
初代スタグラでは単なるハヤトの2Pカラーだったが、『2』で設定を追加され独立キャラに。
といっても、性能自体はプラズマストライク(超必殺技)を除きハヤトと一緒のコンパチキャラである。

ハヤトも決して上品な方ではないが、ブラックはより攻撃的な言動を取り、性格は残忍・冷酷。
ハヤトの意識を完全に排除し、自分が本物のハヤトとなるために戦う。


 あくまで別人格であり、肉体そのものは共有しているので、
 vsハヤトは彼らの脳内での戦いということになる…
 …はずなのだが、スタグラの同僚ガンテツのストーリーデモでは何故か分離している。
 理由は不明だがたぶんプラズマのせい。


『MVC2』にはハヤトのLv.3スーパーコンボ演出要員として登場。
Lv.3専用裏羅刹斬のフィニッシュでブラック化する。

+ 嫁と娘について

+ 外部出演


MVC2における性能

技のリーチが長めだがわりと隙が多く、近距離~中距離からの攻撃を得意とする。
MARVELサイドで言えばウルヴァリンに若干似たタイプ。
攻撃のバランスが良く、初心者でも扱いやすい。反面、使えば使うほどきついキャラでもある。
出典元のゲームにあった「プラズマコンボ」という、チェーンコンボとは違う独自のコンボシステムを持っている。
+ 詳しい性能

ちなみに、「羅刹斬」と「円月」は同時暗転でゲージを消費しなくなるらしいとのこと。
でもディレイド不可だそうな。


MUGENにおけるハヤト


+ vyn氏製作・MVC2+アレンジ仕様
+ 悪咲3号氏製作・CVSアレンジ仕様
+ Nabeshin氏製作・MVC2仕様
+ Mouser氏製作・MVC2+アレンジ
+ りゅん氏製作・おハヤト
+ りゅん氏製作・アレンジハヤト
+ kuron氏製作・炎の賞金稼ぎハヤト


+ 動画での活躍など

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
【おハヤト】

出演ストーリー