モスラ


「モスラーヤモスラ」

1961年の映画『モスラ』を始めとする東宝製作の怪獣映画に登場した、巨大な蛾の怪獣
卵から生まれた幼虫は繭を作り成虫へと羽化する。
インファント島の守り神で小美人(『ゴジラVSモスラ』ではコスモス、平成モスラシリーズではエリアス)と呼ばれる
小さな妖精とともに暮らしている、平和を愛する怪獣である。

カラフルな色合いと平和を愛する善良な怪獣ということで人気も高く、映画への出演も多い。
小美人がモスラの意思を通訳し代弁できるおかげで人間との意思疎通がある程度行えるのも他の怪獣との違いと言える。
ゴジラシリーズでは正義の味方の怪獣として登場。ゴジラキングギドラと戦った。
幼虫は口から吐く粘着性の強い糸で相手の動きを封じる戦法を得意とし、
成虫は羽を覆う毒鱗粉を放ち相手を苦しめたり、高速飛行での翅によるチョップ、羽ばたいた際の突風を使うほか、
シリーズによっては多彩な光線技を駆使して様々な敵の怪獣と戦ってきた。
タッグ戦や複数で一体のゴジラを相手にしているとはいえ、対ゴジラ戦の戦績が良く、
4戦3勝1敗とゴジラとの戦績は随一の高さを誇る。

+ モスラ出演映画一覧

またモスラの亜種であるツンデレ「バトラ」が存在する。詳細はバトラのページを参照。
地球生命が環境汚染などに対し造り出した怪獣でありモスラと同様に地球の守護神というべき存在であるが
『守護』を目的とするモスラとは相反し、『破壊』を目的としている存在であり、その名は「バトルモスラ」の略である。
ただし、ゴジラとの戦闘では最終的にモスラに助けられたのでデレてモスラと協力しゴジラと戦った。
戦いの後はゴジラと相打ちになったバトラの遺志を継ぐ形でモスラは地球に迫る巨大隕石の破壊へ向かう事になる。
このモスラと共闘した場面を再現して『ゴジラ 怪獣大決戦』ではモスラの隠し超必殺技
バトラを呼び出して共に攻撃するというものがある。

+ 詳細な原作設定など


『ゴジラ 怪獣大決戦』におけるモスラ

1994年にSFCで発売された格闘ゲーム『ゴジラ 怪獣大決戦』にも登場。

開始時は地上に這いつくばっており、この状態では歩くことしかできないが
ここから十字キー上を押すか、必殺技「急上昇」で宙に浮き、空中を自由に動き回れるようになる。またガードを持たないというのも特徴。
一般的な2D格闘ゲームの基本を踏襲した他のキャラとは違い、格闘ゲーム離れした性能と言える。
モスラは基本的に雌という設定からか(一応雄もいるらしいが)、攻撃モーションがスケート等の様に女性的である。
投げ技では豪快なバックドロップをかましたりしているが

ここまで聞いて嫌な予感がするだろうが、ぶっちゃけその戦い方は「ウザい」の一言に尽きる。
なぜならこのゲームは上空に攻撃する手段が乏しいので、基本的に相手の攻撃が殆どあたらない画面上部にモスラが待機し、
適当に技を出していれば大抵の相手はどうにかなってしまうのだ。

飛び道具の「超音波ビーム」、自他問わず飛び道具を反射する設置技「鱗粉フィールド」など必殺技も高性能なものが多く、
「急降下攻撃」→「百烈衝撃波」の連携は相手のショックゲージをかなり溜めることができる。
無敵移動技もあるためガードできないことがさほどデメリットになっていない。

説明書に書かれていないバトラを呼び出す隠し技の「モスラ&バトラ攻撃」は
一度地上に降りないと発動できないものの、コマンドが異様に簡単な上、威力も8割ダメージでガード不能とこちらの性能もとんでもない。

一応、広範囲の超必殺技を持つキングギドラや、対空射撃を持つスーパーメカゴジラにはやや相性が悪いものの、
隠しキャラである轟天号を抜かせば本作屈指の強キャラである。
特に飛び道具が主力であるゴジラはかなり不利であり、
やられ判定が大きいうえにジャンプができないビオランテは完全にモスラに対して詰む。
ゴジラがモスラに相性悪いというのはある意味原作再現になっているけど

専用BGMは勿論「モスラの歌」なのだが、ドラムが印象的且つアップテンポにアレンジされ、ファンの間でも神アレンジと評されている。


MUGENにおけるモスラ

現在MUGENに存在するモスラはすべて『ゴジラ 怪獣大決戦』のスプライトを使用したものとなっている。
ただし性能はどれも『ゴジラ 怪獣大決戦』とは大きく異なっている。
なだげつ氏がシューティング魔理沙を改変して製作したものが2009年に公開されたのが最初のモスラ。
シューティングゲームのシステムだったので全く格ゲーしていなかったが、STGキャラとして多くの動画に登場していた。
その後Alien X氏によってポートレートの画像を元に、モスラの生首がゆっくりのように動くメカモスラが公開。
一枚絵のキャラであらゆる意味でカオスな見た目だが、突っ込んだら負けかもしれない。
メカモスラの見た目を通常モスラに差し替えた改変キャラも公開されたが、バトラが常時ついてくるため性能的にはさらにカオスが増した。

そして2014年4月30日にくねくね氏による現代格闘ゲーム風モスラが公開、こちらは格ゲー離れした原作ゲームとは違い、
ガードも持っていて空も飛ばずに、立ち、しゃがみ、ジャンプを使い分け、飛び道具以外の
弱中強の3種類の攻撃を使って近接戦で戦える一般的な格闘ゲームの仕様になるように作られている。
立モーションでは地上付近で羽ばたいて飛んでいるように見えるが、
地面まで食らい判定はあるので低い攻撃も当たるし上方向に飛行したりもしない。
bakisimu氏によって外部AIが公開されており、導入すると一般的な強キャラと言える強さで活躍してくれる。

+ なだげつ氏製作 シューティング仕様モスラ
+ Alien X氏製作 メカモスラ(一枚絵キャラ)
+ モスラを助けざるを得ない(製作者不明、メカモスラ改変)
+ くねくね氏製作 現代格闘ゲームアレンジモスラ

出場大会

なだげつ氏版のシューティング仕様
更新停止中
凍結
  • 「[凍結大会] [モスラ]」をタグに含むページは1つもありません。

Alien X氏製作版 メカモスラ

くねくね氏製作版 現代格闘ゲームアレンジモスラ

出演ストーリー