ゲルカドン

海外で製作された特撮作品『ウルトラマンG』の第3話『魅入られた少年』に登場した怪獣
体長67m,体重6万5千t。別名「火炎飛竜」
ペットのトカゲ(名前は「ガス」)をアクミタワーの建設工事で失ったジミー少年の怨念と、
アクミタワー建設現場から発見された爬虫類ゲルカドンの化石の残留思念にゴーデス細胞が憑依して誕生した。
ゲルカドン自体はゴーデスがジミーの元に送り込んだ緑色のクリスタルによって操られている。
外見は足が2本に腕が4本。4本の腕の間には皮膜がついていて、これで空も飛べる。
口から火炎を吐き、目から光弾を放つ。

劇中では空を飛びながら高熱火炎を吐いて暴れ、実体化と消滅を繰り返して防衛チームUMAを翻弄する。
その時はゴーデス細胞がジミーを吸収してジミーの怨念から作り出したクローンに操らせていた。
そのためグレートに変身する青年ジャックがグレートを中継してジミーの意思を説得し、
本物のジミーとゲルカドンをゴーデスから解放しようとする。
(これは他のウルトラマンとは違い一心同体、もしくは宇宙人そのものではないグレートだからこそできる方法である)
説得に成功し、本物のジミーがゴーデス細胞に打ち勝ちクローンは消滅。
そしてゲルカドンはジミーと共にゴーデスの支配を逃れる。
その直後にゲルカドンはジミーを背中に乗せてどこかへと飛び去っていった。

劇中では一切肉弾戦を行うことはなく、眼からの光弾と火炎を使った遠距離戦でグレートと戦った怪獣。
飛行能力も素早い飛行というよりは浮遊してゆったりと飛行するような使用法だった。
その代りに実体化と消滅を繰り返してテレポートのようにあちこちに出現することができるのが厄介で、
グレートの光弾を受けて爆発すると同時に消滅し、倒したと思って油断したグレートの背後に実体化し奇襲をしかけていた。

+ デザインについて


MUGENにおけるゲルカドン

バギラレイザースを作成したバリ音スクス氏が製作したものが、2014年5月1日にMUGEN怪獣キャラ総合スレ3の570で公開された。
現在はなだげつ氏のサイトで代理公開されている。
劇中では火炎と目からの光弾のみしか使用してなかったせいか、
肉弾戦ができるように尻尾攻撃やら噛みつき攻撃など大幅に通常技が追加されている。
原作では格闘戦は皆無だった事から考えると、凄まじい格ゲー補正がかかっていると言える。
ダッシュ速度も速めで空中ダッシュや突進技も有り、比較的素早く動けるキャラである。
原作では高速飛行とかしてないし飛ぶというよりは浮遊して動かずに火炎を吐いてたはずだが格ゲー補正だろう。

必殺技には「火炎放射」や「光弾連射」など原作でも使用していた技が搭載されている。
ただし光弾連射はゲージを消費する癖に有利フレームがろくに無く当てて不利な上、威力も低いという死に技と化している。
眼からの光弾連射でグレートと光弾の撃ちあいをしていた原作のような戦い方は絶対にしてはいけない。
地上版と空中版のある火炎放射は実用可能な性能をしているのでそっちにゲージを使おう。

超必殺技は体を炎で包んで体当たりする『炎気突撃衝』。
元ネタは漫画『輝竜戦鬼ナーガス』に出てきた『炎騎突撃衝』という技らしく、原作のゲルカドンにそんな攻撃は無い。

特殊な技として「死んだふり」というものがあり、技の使用中に相手の飛び道具がヒットするとワープして相手の背後に回ることができる。
原作とは違って遠距離で飛び道具の撃ちあいになると不利なので、うまくこの技で接近戦に持ち込みたい。
AIは搭載されてないが、今後の活躍が期待される。

出場大会

  • 「[大会] [ゲルカドン]」をタグに含むページは1つもありません。