造龍


アイオーンが1996年に発売した格闘ゲーム羅媚斗ラスボス
CPU専用キャラクターで操作は不可能。
カタカナで発音するならザオロン、ツァオロンと読む。

原作での造龍

暗殺組織の長にして烏鈴の師父たる敖(ゴウ)が創った"生体ロボット"。
龍珠の力をもってしてプレイヤーに戦いを挑む。
"生体ロボット"がどのような存在なのかはイマイチゲーム内からは読み取ることは出来ないが
敖は「最強の兵士」を作ることに執心しており、娘であり弟子である烏鈴とこの造龍が自信作と発言している。

造龍をノーコンティニューで倒して初めてプレイヤーは、エンディングの一枚絵を見ることができる。
時代が時代だけに造龍もかなりぶっ飛んだ性能をしており、一発で体力の約半分を持っていく火力を持つ。


MUGENにおける造龍


  • Borewood氏製作
MUGEN1.0専用。

  • くねくね氏製作
winMUGEN専用。
原作の仕様が分からなかったとのことで、オリジナル技だけで構成されている。
10段階に調整可能なAIも標準搭載。
ハイパーアーマーの耐久値を設定可能で、打撃投げに対して無敵になる控え目なものから完全なアーマーキャラ状態まで自由に変えられる。
ただし投げ技は普通に喰らう。
7Pは特殊カラーとなっており、ゲージが自動上昇する。
今後、原作の仕様が分かればそちらに合わせるとのこと。




出場大会


プレイヤー操作

ロック達の修行日記(Part7、くねくね氏製作版)



添付ファイル