アーチャー




「ああ。時間を稼ぐのはいいが―――
             別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」

プロフィール
身長:187cm/体重:78kg
属性:中立・中庸
イメージカラー:赤
特技:ガラクタいじり、家事全般
好きなもの:家事全般(本人は否定)
苦手なもの:正義の味方

+ ステータス

TYPE-MOONのゲーム『Fate/stay night』の登場人物。アニメ版及び公式ゲームでの声優は諏訪部順一氏。
紛らわしいがアーちゃんではないし、日本一ソフトウェアのゲームに出演もしていない。

生前偉大な功績をあげて死後においても尚信仰の対象となった英雄が成る「英霊」と呼ばれる存在。
『stay night』本編の舞台である第五次聖杯戦争において「アーチャー(弓騎士)」のクラスのサーヴァントとして
ゲームのメインヒロインの一人・遠坂凛に召喚される。
「宝具(いわゆる必殺武器)」を幾つも使いながらも誰もその正体が分からず、
凛の召喚が乱暴だった為記憶を一部失い「自分でも自分の正体が分からない」と 言い張っている 謎のサーヴァント。
そういった経緯もあって本編中は勿論、ネタバレ防止的な意味も含め、
ファンからも生前の名である真名で呼ばれることはほぼない…のだが、「何を今更」という感もある。mugen的には特に。

現実主義者で皮肉屋だが忠義者。根底の部分ではお人良しで子供っぽい。
格闘戦・武器戦・対魔術戦・料理・掃除も何でもそつなくこなし、本人は否定しているが家事仕事が好き。
シナリオ担当の奈須きのこ先生曰く 「技能・執事があるなら、間違いなくA+」。
上記ステータスのどの数値よりも高いのは、笑うところ? それとも泣くところなの?

弓兵のクラスながらあまり弓は使わず、中華風の双剣による近接戦闘を好む。
剣の専門職であるセイバーをして「美しい」と言わしめる剣技を持ち、音速を超える剣戟を放ってランサーアサシンと渡り合う一方、
たまに弓を使ったと思えば英霊のシンボルである筈の宝具を矢として放ち「使い捨て」にしたりと英霊として異常な行動も取る。*1

『Fate』の主人公・衛宮士郎との相性は最悪で、互いを敵視している。
…が、その一方で凛や彼の養父すら見抜けなかった士郎の特性を理解し、的確な助言を送ることもある。
また、青をイメージカラーとするランサーとは外見・性格・出自・英雄としての在り方など多くの部分で対称的な間柄であり、
本編・外伝作品問わず幾度となく激突することになる「因縁の相手」である。
『stay night』における最初の戦闘シーンは彼らによるものであり、その場に居合わせた凛と士郎、
そしてモニターの前のプレイヤー達に「英霊同士による人智を超えた闘い」の開幕を告げた。…月面とか言うなし。

この作品を象徴するキャラの一人であり、作中で彼が果たす役割は非常に大きい。『Fate』の半分は彼の物語と言っても差し支えない程である。
公式人気投票で男性キャラでありながら(エロゲなのにメインヒロイン一名を差し置いて)2回連続で3位になった人気キャラである。
そもそも彼女は6位と5位なのでアーチャーがいなくてもTOP3じゃないけど。

+ 詳細な原作設定(重大なネタバレ含む)


外伝作品でのアーチャー

+ 『hollow ataraxia』での活躍

+ 『EXTRA』での活躍

+ 『タイガーころしあむ』での活…躍…?

+ 『Fate/Grand Order』での活躍

その他、リリカルなのはとのコラボ漫画でなのはさん達が凛にサーヴァントとして召喚された代わりにユーノ君の所に召喚されていた。


格闘ゲームでのアーチャー

公式ではCAPCOMが発売する世紀末3D格闘ゲーム『Fate/unlimited codes』がある。
また、2D格闘ゲームとして悪夢の同人作品『Fate/sword dance』があり、MUGEN入りしているのはこちら。

+ 『unlimited codes』での活躍


MUGENにおけるアーチャー

国内で五体のキャラが存在する。
一体はちびキャラ、もう一体は公開停止中ということで中々動画での出番に恵まれず、
さらにもう一体はあまり動画で知られていないため、現在では彼の改変キャラの方が色々な意味で有名になってしまっている状態が続いていたが
2017年、ほぼ同時期にkira氏のアーチャーとaka65535氏による手描きのアーチャーが作成された。

  • ドロウィン氏製作 『風雲イリヤ城』ドット
ドロウィン氏によって製作された『hollow ataraxia』のミニゲーム、『風雲イリヤ城』でのデフォルメされたドットを元にしたちびキャラ。
同氏製作のキャスターと違い、ボイスは搭載されていない。
ほとんどのキャラがフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可な中、現在も入手可能。
ちびキャラゆえの食らい判定の小ささや、ライフ・ゲージの自動回復、
お料理道具を呼び出して攻撃する超必殺技「アンリミテッド クッキング ワークス」が
ワンボタンで発動可能(ボタン連打で調理器具の射出数アップ)など、可愛いらしい(?)見た目に反して結構強い。
デフォAIはないが、お家氏による外部AIが存在する。
10段階のレベル設定が可能で、主にダッシュ使用の有無とクッキングワークスの調理器具射出数が変化する。
キャラクターとしてよりも、同氏製作の燐の飛び道具としての出番の方が多いかもしれない。

  • 栗氏製作 『Fate/sword dance』ドット
もう一体は『sword dance』を大幅アレンジしたもの。
ボイスも『sword dance』のものが使用されている為、諏訪部氏の声に慣れた人は違和感を覚えるかもしれない。
ディスプレイネームが 完全に原作のネタバレになってる が、こまけぇことはいいんだよ!
初期状態ではattack100・defence130と非常に堅く設定されているのだが、
火力が全体的に低いために彼我共にダメージを与え辛く、試合がグダることが多々ある。
気になる人はdefenceを下げ、代わりにattackを少し上げてみると良いかもしれない。

通常はそれほど強力ではないが、『固有結界』の詠唱完了でかなりの強さを発揮する。
発動条件は試合中にある一定のゲージで7回詠唱する事。回数や発動はラウンド持ち越し。
『uc』と違い詠唱中は隙だらけだが、対AI戦では相手が攻撃技だと勘違いするのか、ガードを固めて動かないこともある。…殴られる時は殴られるけど。
発動後は背景が変わって常時ゲージMAXになり、こうなれば独壇場、宝具を出し放題のまさにアーチャーの世界となる。

AIは搭載されていないが、cafe氏製作の外部AIが『作品別 主役不在トーナメント』にて公開された。
レベル設定可能な他、専用BGMの音質をクリーンにするサウンドファイルも同梱。
現在はキャラ・AI共に公開終了しているため入手は困難である。

+ 原作再現パッチ

  • 英霊一閃氏製作
守護者のSFF・SNDをベースに製作されたアーチャー。
原作や『EXTRA』、『uc』などの仕様・技・要素を取り入れたキャラ。ボイスもそれらの作品のものに変更されている。
displaynameどころかキャラ名自体がネタバレだが気にするな!
容量が 210MB弱 と凄まじい事になっているが、内SNDが約170MBとなっている。
コン氏によるSND軽量化パッチが同時公開されているので、気になる方は入れてみよう。

栗氏製作のアーチャーと同じで『固有結界』を持つ。
基本的な戦法はガードを一切せずに剣と弓でゴリ押ししながら詠唱していくというものだが、
技の性能と火力が高いため詠唱なしでもゴリ押しだけで凶上位クラスの性能を持ち、固有結界発動で狂クラスに達する。
この固有結界は栗氏アーチャーと違いゲージ上昇は無く、常時ライフ回復となっている。
代わりに展開中は30ヒット以上食らうと食らい抜けの『熾天覆う七つの円環』が発動するようになった。
これはゲージがMAXまで溜まり一定時間モーションを取りつつ無敵化、その後ノーダメージだがのけぞりが長い全画面判定を射出するというもの。
cnsのアイアススイッチで発動出来なくする事も可能。
また詠唱は0.5ゲージ以上で発動可能で、残りゲージ量に関係なく全ゲージを消費するが詠唱回数はラウンドを持ち越す。

現在公開中のバージョンではdefファイルがデフォルト、並、凶悪の3つのフォルダに分かれており、
defファイルを上書きすることで最初から『固有結界』を発動した状態になり、カラー差によって強さが変わるようになる。
+ defファイルを上書きした時のカラー差
こちらは現在製作者のブログは閉鎖され製作者のonedriveも仕様変更により見れなくなったが、
最終更新でフリー化されたため2015年12月に凶悪ロダにて軽量化パッチ入りの状態で転載された。

  • kira氏製作
2017年5月9日に公開された、例によって『sword dance』ドットを用いて作られたアーチャー。2017年6月現在α版。
技構成はメルブラ風になっており、ゲージはマジックサーキットからMAX時の自動減少を無くしたもの。
無限の剣製はゲージ150%消費の詠唱を行い、再び150%消費して詠唱を行うと発動、体力が微回復する上にゲージがBLOODHEATという名のUNLIMITED化する。
また詠唱一回で当身技ロー・アイアスが、無限の剣製発動でソードバレルが使えるようになる。
EX版干将・莫耶投擲がガードされると鶴翼三連に派生、干将・莫耶オーバーエッジなど『unlimited codes』要素も取り入れられている。
カラー差は現在のところ1Pから6Pまであり、カラーによって無敵量が変化する。
デフォルトで強力なAIを搭載しているほか、Configで魔力供給設定(攻撃力)や当身頻度、ゲジマシ化などを変更可能。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31189307

  • aka65535氏製作
2017年5月14日に公開された手描きD4のアーチャー。2017年6月現在でβ版。
『Fate/EXTRA』のプレイヤーサーヴァントのうち、アーチャーのみが手描きキャラが作成されていないので作成を決意したとのこと。
つまりこのアーチャーは『無銘』である。
キャラのコンセプトは弓兵でありながら剣士という設定を踏まえ、遠近どちらでも対応できるオーソドックスなキャラ。
GUILTY GEAR』のシステムを参考にされており、BURSTゲージやロマンキャンセルが搭載されている。
無限の剣製はゲージ技を6回当てる事で使えるようになる一撃必殺技となっている。
デフォルトAIは搭載されていないが、Air氏の外部AIが製作されている。
なお、フォルダ名が栗氏アーチャーと同じなので注意。

  • SHO氏製作
aka65535氏の手描きD4のアーチャーを素にした改変キャラ。
全体的に移動が高速化した一方で二段ジャンプ廃止、
攻撃ボタンが弱中強3ボタン+投げボタンに変更など、
ギルティギア風味の強かったaka65535氏の物から操作感はがらっと変わっている。
必殺技もほとんどが性能が変わっており、顕著な所では
「無限の剣製」が3ゲージ技解禁のための前提行動になっていたり、
「熾天覆う七つの円環」が相手の飛び道具を防ぐ事でゲージを貯めるための技になっていたり、
残ライフ50%~20%時限定の3ゲージ+ライフ20%消費技「エクスカリバー・イマージュ」が追加されていたりする。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー


*1
その異常性は ラグナロクやマサムネを「なげる」ようなもの とでも言えば、『FF』のプレイヤーには伝わり易いかもしれない。
*2
アニメ版ではギルガメッシュがランサーに止めを刺す際にカラドボルグ(の原典)を使用しているが、
使用者がウルスターゆかりの者でなくても対ランサーに一定の効果を発揮するという暗示なのか、
それともただ単にギルガメッシュが「遊んだ」だけなのかは不明。
*3
『FF』において一点もののアイテムを「なげる」プレイヤーが居ないように、自身を象徴するアイテムである宝具を使い捨てにする英霊は居ない。
「アイテム無限増殖の裏ワザ」よろしく、同じ宝具の複製品を幾つでも何度でも投影可能なアーチャーだからこそ気兼ねなく使える、
実に贅沢かつチート気味な反則技だと言えるだろう。