遠野志貴








 「―――教えてやる。これが、モノを殺すっていうことだ」


プロフィール

TYPE-MOONのPCゲーム『月姫』の主人公であり、同作を題材にした『MELTY BLOOD』でも主人公の一人である。読みは「とおの しき」。
通称は「遠野」「志貴」と名字と名前そのまま。
「志貴」だと同作品のキャラクター「七夜志貴」と被るが、大抵「遠野志貴」の方を指す。
しかも発音の「シキ」ではあと二人居るので大変ややこしい。
ちなみに設定をよく知らない人からは七夜と二重人格であると間違われることがあるが、 そんなことは一切ない ので注意。

愛称は「メガネ」「メガネ君」。これは概ねMB発売以降のもの。
月姫の主人公としてなら「しっきー」「絶倫超人」など。
一人称は「俺」。幼少時は「僕」。
誕生日は10月15日。AB型。身長169㎝。体重57㎏。

CVは、『MELTY BLOOD』では『ロックマンゼクス アドベント』のヴァン、『灼眼のシャナ』の佐藤啓作などを演じる野島健児氏。
テレビアニメ『真月譚 月姫』では『仮面ライダー電王』のリュウタロス、『空の境界』の黒桐幹也などで知られる鈴村健一氏。

「モノの死」を視る異能「直死の魔眼」の持ち主。
普段は蒼崎青子に貰った「魔眼殺しの眼鏡」で眼の力を抑えているが、戦闘時など眼の力が必要な時は外す。
なお眼鏡に度は入っておらず、視力自体は良い。

武器は古物だがかなり頑丈な飛び出しナイフと、自分でもよく分からず突発的に出る謎体術。
刃物の扱いは病的に上手く、ナイフを常備している。
要領が良く、大抵の事はそれなりにこなす。

+ 直死の魔眼とは

諸事情で数年前まで親戚の家で暮らしていたが、
メルブラでは使用人2人と共に、遠野邸で(一応)平和に暮らしている。
しかし特異な眼やその筋の知り合いに加え、「魔」を見ると何だか殺りたくなる体質やお節介な性格もあって、
色々と面倒な事件に巻き込まれている。

+ 以下『月姫』設定。ネタバレ含む

+ 性格等


MELTY BLOOD』での性能

MBでは原作同様に飛び出しナイフで武装した、接近戦キャラとして登場している。
しかし原作当時より精神的にも肉体的にもかなり戦闘慣れしているらしく、
原作では相手を攻撃するときはほぼ常にナイフを用いるのに対して、蹴ったり殴ったり投げたりと体術を移動手段以外にも活用する。
ダッシュ性能が高く、制空能力が高い主人公…主人公?*1

使いやすさはトップクラスで固めも強い。だが崩しが苦手で立ち回りが重要。
無印では記憶にないはずの七夜の体術を駆使して戦っていたが『Re・Act』以降は設定に準拠して殆どの技を忘れ、
また七夜とほぼ同性能の技でも名前が異なるなど差別化が計られている。
(七夜や無印遠野が使っている「閃走・六兎」が「自分でもよくわからない蹴り(閃走・六魚)」という名前になっているなど)。
2C、JCの長い足が隙は多いがリーチが長いため非常に使いやすく優秀。
特に2Cは2Bと同程度の発生速度を誇る。ここから立ちCでエリアルへ持っていこう。
2Bはリーチは長くなく二段切り故全体モーションが長いため無闇には振れないが補正が優秀。確定反撃にはこれを使いたい。
但し2Bは一段目がしゃがみに当たると相手が浮いて打点の低い二段目が外れるため、1段目をキャンセルして5B拾いでのフォローが必要。

アーケード版『Act Cadenza』では攻撃判定の強さや火力、高性能なバックステップとバックステップキャンセルから
初期~Ver.Aまで最強クラスを維持し、操作のお手軽さからゲーセンで猛威を振るったが、Ver.Bでは様々な調整により中堅上位に落ち着いている。
なお昇竜の強化や中段の追加等強化されている部分もある。

『Actress Again』では新技、というか七夜との差別化により削除された技が別名で復活。
(「水月 →「本気の構え(閃走・名月)」等)
実質完全新必殺技は「突発的に出る蹴り(閃走・六鹿)」と「夢中の反撃(閃鞘・八隼)」のふたつ。

本気の構えは、Aは回し蹴り、Bは瞬間移動、Cは裏周り投げ、Dはフェイント、EXスラコンのキャンセルとますます七夜との差別化が進んだ。
AとCは固め、BはDのブレーキによる表裏の起き攻め、DはAやCを見せてからの択などに使われ七夜のソレより使い勝手が良い。

そして八点がフル限定で「切り札そのさん(閃鞘・八花鏡)」として復活。七夜と違い斬撃のエフェクトが水色で細い。
性能的には発生前に前進し技持続中に動けない、判定は強いが上と横の攻撃範囲がやや狭いなどやはり七夜のソレと差別化されている。

突発的に出る蹴りは、Aは斜め上、Bは前方にジャンプしつつ膝蹴りを放つ昇竜技。
無敵時間も無く判定もあまり強くないため、切り替えしには使えないが、コンボに組み込むことができる。
EXはやや斜め上に足を突き出して突進する技。
こちらは無敵時間もあるため切り返しに使えるのだが、攻撃判定と同時に無敵が切れるため、相打ちが結構多い。
カワセルカッ!!

通常技関連でも様々な変更がなされている。
クレセントでは2Bのしゃがみ状態の相手への浮かせ効果が二段目に変更されフォローしやすくなった。 そもそも浮かせ自体いらないが。
そして前作では5B→2Bと入力しても5B派生Bが出たが、今回は5B→2Bや5B→6Bのルートが可能なのが地味に嬉しい。
追加された6Bはダメージが異様に低く発生も遅めだが発生の遅さを活かした高度調整、溜めると中段(ダメージもまとも)になるなど有用な技。

ハーフは2Bが一段目だけになり、ガード時不利にならず固めの締めとして使える。
またハーフは全キャラ共通で5A→6A→6Aの簡易コンボ(通称ワンツースリー)が在り、志貴のものは始動の5Aがローキックなのでしゃがみに当たり、スリーで前進するためこれまた固めに使える。
あとハーフではJBのポーズがウザクみたいになった。というか全体的に追加された技のモーションが結構ダサイ。
しかもダサイくせに鬼のように強い(C6B、H6C、FJB)。挙句の果てに強い技は大概ナイフ使ってない(2C、JCも足)。
フルに至ってはJC以外の通常技は素手である。
もう素手で戦えばいいと思うよ……ってどっかで見たような……。

Ver.A時代はH志貴は某キャラランクスレ、『アルカディア』双方でVシにつぐ強キャラ認定、
クレセントも上位キャラに君臨している。フルもそれなりに強い。理由として
  • ゲーム自体が起き攻め中心から立ち回り中心に変わったための相対強化
  • 通常技の判定が広くて強いものが多い(例:JC、アメフト(笑))
  • Hのネチネチとウザイ固め
  • Cの空中昇竜コンボの火力
などがあげられ、AC初期のようにお手軽強キャラとなっているが、
流石にバックダッシュAC初期よりはマシ……かも。きちんと勉強してから使おう。
全ての技が使いやすく判定も強い器用万能キャラ。

ロケテ時代は6Cの超性能のために妹とともに(秋葉よか弱いが)お手軽強キャラとして君臨していた。
主にH(ハーフムーン)というところも妹とお揃いである。
何しろこの6C、激強判定、超持続、攻撃範囲激広なために対地対空どちらでも使える、
BE版が中段なので崩しにも使えるなどというなんでもござれの超性能であった。
おまけに現在とあまり変わらない(というかシリーズ一貫して優秀な)JCと2Cの高性能さ、
当時のHの持つ超ゲージ回収と超回復も手伝う形で猛威をふるっていた。
このためPS2版のボスラッシュではこれを指して「兄弟でロアにひどいことしたよね」などとネコアルクに突っ込みを入れられる羽目に。
初心者置き去りの自虐ネタとは感心しませんな。近頃の…、というかネコはいつもやんちゃで困る。

MBAACCではH6CやAスラの判定弱体化、H2Bや本気の構えAの硬直増大、CHJCの喰らい判定先行修正など、大きな弱体化(特にハーフの固め)が行われ最上位でこそなくなったが、
立ち回りの強さと安定感で今でも十分な強さを誇る。

+ メルブラでのアークドライブ「直死の魔眼」


MUGENでの遠野志貴

シリーズの原作再現やアレンジが複数存在し、
1%氏製作のグラップラーSHIKI、分子氏製作の通称殺人貴(正式名「反転志貴」)など彼を元にした改変キャラも多数ある(大半はその改変キャラである殺人貴をさらに改変する形だが)。
このページに載っていないアレンジキャラについては遠野(七夜)志貴改変キャラを参照。
バックストーリーなどを考えられているキャラも多く、知るとより深く楽しめるだろう。
また、格闘ゲーム的には貴重な「非マッチョ系男子学生キャラ」と言うことで、
キョンルルーシュ前原圭一(いずれもminoo氏作)、谷口などなど、彼をベースにした描き換えキャラも数多く存在する。

  • 原作再現系
+ 伊吹川氏製作「遠野志貴」
+ ⑨氏製作「遠野志貴」
+ ⑨氏製作MBAA仕様「遠野志貴」
+ 社長氏製作「遠野志貴」

  • アレンジ系
+ ルージュノワール氏製作「遠野志貴」
+ 江戸川インポ氏製作「遠野志貴」
+ Ina氏製作「遠野志貴」
+ BD氏製作「遠野志貴」
+ Rajaaboy氏製作「遠野志貴」
+ 三日月氏製作「遠野・殺人貴」
+ DD氏製作KOFXl・KOF2002UM風「遠野志貴」
+ IQS氏製作「遠野志貴」

MUGENでの人気に定評のある七夜志貴や殺人貴などに出番を奪われつつも大会動画ではよく見かけるほうである。
ストーリー動画でも主役・脇役問わず多数登場。設定通り高校生役としての出演が主流と思われる。
変態や中二役などが多い七夜に対して、常識人やつっこみ役、またはそうと見せかけて腹黒眼鏡といった役回りが多い。
殺人貴に覚醒したりナイフを捨ててグラップラーになるなど、演出としてキャラが変化する割合が多い事も特徴。
また、七夜と双子或いは従兄弟として出演することも。


お勧めコンボ

コマンド 備考
2A→2B→2C→5C→JC→空B→空C→JC→空B→空C→空投げ 基本コンボ レシピ自体は七夜志貴と共通
5A→5B→5C→236A→214C→JC→空B→空C→JC→空B→空C→空投げ 214C後画面端時 1ゲージ(Re Act以降)
2A→2C→遅め5B→5B派生→5A(空振り)→JC→空B→空C→JC→空B→空C→空投げ 基本コンボ2 通称BBコン
2A→(5C)→2C→遅め5B→5B派生→JC→遅らせBEJC→2A→5B→5B派生→5A(空振り)→JC→空B→空C→JC(hjc)→空A→空B→空C→空投げ 上級コンボ 通称ガリコン



出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...

*1  
主人公ですが何か