七枷社



「喧嘩が強い上にオトコマエ」


格闘スタイル: 主に打撃系の技が中心
誕生日: 12月31日
出身地: 日本
血液型: O型
身長: 190cm
体重: 99kg
趣味: バンド、旅行
好きな食べ物: 穂先メンマ、ラーメン(特にインスタント)
得意スポーツ: 水泳
大切なもの: 琥珀(タツウル )
嫌いなもの: ナス、狭いところ
異名:絶対不敵

THE KING OF FIGHTERS』 シリーズのキャラクター。「ななかせ やしろ」と読む。
'97で 「ニューフェイスチーム」 のリーダーとして初登場。
その正体はオロチ八傑集にしてオロチ四天王の一人「乾いた大地の社」で、ゲーニッツ亡き後の八傑集を束ねていた。
名前の由来は、恐らくTVアニメ『戦闘メカ ザブングル』のEDテーマ「乾いた大地」からであろう。
意外にも、モデルとなるキャラクターは「いません」と'97のキャラクターブックで答えられている。
ただ、キメ台詞の大半はスクライドや佐木飛朗斗がモチーフとなっている*1

堕落天使』の壬生灰児と外見やモーションが似ているが、
これは社をデザインした開発者が開発途中でSNKから移籍し、社が採用されたとは知らずに類似したデザインを用いたためとのこと。*2
中の人は嘉神慎之介を演じた劇団☆新感線の粟根まこと氏。

 「大地」の力を司るオロチ四天王の筆頭で、オロチ一族としての覚醒は深い。
 筆頭ではあるものの四天王同士で明確な上下関係が有るわけではない。
 ただし行動の指針を決めるリーダー的な役割は果たしているようで、クリス・シェルミーも異論無く動いているようだ。
 自分の理屈で人を殺すタイプだが、それはオロチ一族の意志ともいえる。
 元から旅好きな性格で世界中を旅していたが、その真の目的は、残りの四天王と会うためだった。
 つまりクリスシェルミーはもちろん、ゲーニッツらとも前から頻繁にコンタクトを取っていたと考えられる。
 特にクリス、シェルミーとはプライベートで仲がよく98’公式絵で一緒にスキューバダイビングするほど
 人間社会には馴染んでおり、彼らとともにバンド活動を行っていた(社はギター担当)。
 しかし同じようなスタイルでバンド活動を行っていたのバンドと何度もかち合い
 出演をキャンセルされていたことにイラつき、一方的に庵を目の敵にしている。
 その庵をテレビの特集番組で見かけたことでKOF出場を決意するが、
彼らの正体を考えるとこの執着はあくまでオロチの因縁とは別物で、
あらかじめ大会の存在や庵の正体は知っていたと見るのが自然だろう。

予選は既に終わっていたため、ここで彼らは シードチームを挑発して果たし合いを挑み、招待状を強奪 という行動に出る。
庵と決勝大会で相見えるため、あえて日本地区を外した彼らが選んだのは北アメリカ地区。
ヘルバウッ…なっ!! といとも簡単に招待状を手にした。
あと、何故か知らないけど極限流の道場を襲撃してタクマを負傷させている。
本気だったらどうなってたかはわからんが

しかし彼らの真の目的は既に封印が解かれていたオロチを覚醒させるため、
KOFを通じて格闘家たちから発散される膨大な精神力を集めること。
…じゃあ、なんで予選に出場せずに 「ヘルバウッ…なっ!!」 とかやらかしたのかは永遠の謎(ニューフェイスチームの扱い上の都合なのだろうが)。
ちづるがオロチ打倒のために開いたKOFを利用し、労せず莫大なエネルギーを発生させた彼らは、
さらにオロチを完全な形で復活させるため、エネルギーを蓄積するための「アンテナ」として、
「クシナダ」を生け贄にしようとする。
そしてそのクシナダが現代に転生した姿がなんとの彼女、ユキであった。
この目論見は京・庵・ちづるの「三種の神器」に破られるが、彼らとの戦いで得たエネルギーが最後の引き金となり、
オロチ復活の儀式は完遂され、役目を終えた社らは死亡した。


'96でゲーニッツが出てきたことで、毎年一人ずつ四天王がラスボスで登場すると思われていたところに、
いきなり3人まとめて、しかもオロチ本体+オロチ編完結という大判振舞いで登場した彼ら。
覚醒後の能力は大門に対比したものになっているが、庵のライバルという属性の印象が強い。
発端となったバンドのトラブルは別に庵が悪い訳ではなく、単に 彼らのバンドに知名度がなかっただけ なのだが、
相当根に持っているのか、'98のインタビューでは 「赤毛、赤毛」 と連呼している。
今大会の抱負「赤毛をつぶす」
誰と一番闘いたいか?「赤毛」
誰と組みたいか/組みたくないか?「赤毛。俺が引き立つ。組みたくないのも赤毛。そばにいるとムカツク」
あなたにとってKOFとは?「赤毛をつぶす場所」
庵にしてみれば迷惑な話である。 庵も京をしつこく付け狙ってるから五十歩百歩だが

そのガタイの良さや格闘スタイルから、しばしば ゴリラ と呼ばれる。
本来はかなりの美形という設定で、実際『'97』~『'98』のイラストなどは普通に美顔を見せているのだが、『2002』の公式絵で急激にゴリラ度が進行。
覚醒後は目も当てられない事態となっており(クリスも酷いのだが…)、かなりの批判を浴びた。
これは当時が旧SNK倒産からの立て直し中で社内の体制が混乱しており絵師との連絡が上手く取れず、キャラクターを把握できていなかったことによるもの
(一応絵師は旧SNKからの移籍だったが、『餓狼』の開発チーム出身で『KOF』開発への参加経験がなく、『2001』のムックでも『龍虎』や『KOF』のキャラクター設定については把握できていないことを窺わせる発言が多数あった)。
なのでこれを理由に社をゴリラ扱いするのは不快に思うファンも当然多いので注意。
また、確かにあまりにキャラクターからかけ離れた絵であっても、上述のように理由があってのことなので絵師を過度に叩くのも自重しよう。
『2002UM』の公式絵では美形に戻ったが、『2002』の公式絵は色々と面白いことになっているので、未見の方はぜひ。

そして社といえばKOFを代表する悲劇(笑) 「ヘルバウッ…なっ!!」 の立役者としても(一部で)有名。
この際に意識が薄れつつある幸運氏(仮名)に「七伽武真館空手」という流派を名乗っているが、これは全くのデタラメである。
満を持して放った奥の手をあっさり見切られた上に招待状を奪われるという屈辱を味わった幸運氏(仮名)は、
その後必死で存在しない空手道場を探し回ったりしたのかもしれない…(笑)。
なおプロフィールの「琥珀」というのは飼っている鷲の名前。読みは上に書いてあるように「タツウル」。決して「こはく」ではない。
この点は小説版作者の嬉野氏すら勘違いしていたようで、小説版ではポケットに鉱物の方の琥珀を入れて持ち歩いていた。
後の作品の後書きで嬉野氏はSNK側がメーカーチェックしていると発言しているので、SNKが黙認したのかうっかり見逃したのか微妙なところ。
'97では勝利時に登場していたがその後は全く姿を見せておらず、ユーザーの間では「逃げられた」と噂されている
(実際の理由は不明だが、容量の都合かと思われる)。

ちなみに、覚醒状態での勝利メッセージはKOF2002が初登場なのだが、 何故か口調が『特攻の拓』になっていた
('97には勝利メッセージが存在せず、'98では覚醒前と共通)
'97のストーリーデモでは普通に喋ってたのにどうしてこうなった。
まぁ、シリアスなシーンで突然 “ギリッ”だの“ビキッ”だの“!?”だの やられてもそれはそれで困るが。

  「目覚めろ、大地よ!」


原作における性能

通常の社(通称「表社」)は打撃技主体のパワータイプ。全体的に技の判定が強く、とりわけ通常技の性能が高い傾向がある。
特に『'97』ではローキックにしか見えないのに 中段判定 の近立Dが猛威を振るった。
これと2回判定が出る屈Dとの2択が非常に強力で、どちらもキャンセルがかかるのでここからゴッソリ持っていける。
外見に反して機動力も高め(「でかくて早くて強い」 とは本人の弁)だが、無敵技を持たないのでガードポイントのある「アッパーデュエル」の使い方がカギとなる。
超必殺技は多段技で威力の高い「ミリオンバッシュストリーム」と、リーチに優れる「ファイナルインパクト」(略称「FI」)の2種類。
後者は『'97』では発生が遅く使い辛かったが、『'98』以降は発生が非常に早くなり、反撃技として表社の代名詞にまでなった。
攻めの組み立てが比較的単純なため扱いやすいキャラではあるが、反面動きが単調になりやすいのが弱点。
『'97』と『'98』では上位に入る強さだったが、『2002』では技の削除や弱体化により一転して最弱を争うほどの下位キャラとされる。
ただし下位とは言っても破壊力はあり、屈Bが入れば4割弱、JDから6割強~8割の体力を奪えるので実践値は高めである。
『'98UM』では通常技が軒並み弱体化したが、「アッパーデュエル」に無敵が付くなど必殺技がいくらか強化されている。

一方、乾いた大地の社(通称「裏社」)は大門五郎に似た投げ技が中心
こちらも通常技の性能が高くスピードもあるので扱いやすく、無敵技や発生の早い投げ技を持っているので防御面も比較的優秀。
表と同じく『'98』では上位、『2002』では技の削除や弱体化が響いて下位とされる。
ニュートラルポーズが非常に独特で「糸まきまき」などと呼ばれている。

参考動画


 「どうして勝ったかって?
   負けたあいつに聞いてくれ」

MUGENにおける七枷社

7~12Pカラー(Startを押しながら決定)で裏社になるものが多い。

+ アリ氏製作 2002仕様+アレンジ
+ Don Drago氏製作 4-in-1アレンジ
+ OrochiKOF97氏製作 NW仕様
+ アフロン氏製作 2002UM+アレンジ仕様
+ 斑鳩氏製作 '98・'97仕様
+ RYO2005氏製作 ROTDアレンジ
+ 大垣氏製作「月華社」
+ MIT氏製作「Y'」
+ 珍屋氏製作「D-Yashiro」
+ モジャック氏製作「荒ぶる大地の社」
+ tokage氏製作「神社」

この他ActJapan氏制作の2002アレンジ仕様やM3氏の「生乾きの社」と呼ばれるモードチェンジ型の社が製作されているが、いずれも現在は入手不能であり
AIの関係もあってかニコニコではあまり見かけない。
+ 生乾きについて
+ 大会ネタバレ

「大人しく…寝てろォ!!」

「調子こいてんじゃねーぞコラァ!!」

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...

「イキでイナセなオレの拳
 どんなヤツでも殴って倒す!」

「ナメた真似すんなよ?
        “ダサ坊ぉ”」


*1
スクライドは2001年の作品のため、97時点で参考にされることは無い。
そもそもスクライド自体が様々な作品の影響を受けた作品である。

*2
このため、パロディではないのにそっくりさん(というか異母兄弟?)がいるという珍しい現象が起こることになった。
これを受けてかSNK側でも堕落天使のクールハリー・ネスによく似たキャラ (K'マキシマ) が作られている。
またウィップのプロフィールには'99のみ 「嫌いなもの:天使、インターネットの悪口、堕落」 と記されている。

ちなみにポリサム新章では社や灰児にこれまたそっくりなキャラ七坐灰人(かなくら はいと)が登場している。
名前も社と灰児に一文字ずつ一致している辺りなんとも…