仮面ライダーギルス


「俺は……不死身だ!」



   ■スペック
   身長:200cm
   体重:100kg
   防御力:硬度「5」
   パンチ力:約10t
   キック力:約20t
   ジャンプ力:一跳び50m
   走力:100mを約5秒
   必殺技:ギルスヒールクロウ(30t)

+ 他形態はこちら



平成仮面ライダーシリーズ第2作『仮面ライダーアギト』に登場する仮面ライダー。
名前こそ「ギルス」と設定されているものの、物語中では一度しか呼称されておらず、
周囲はおろか変身者本人もこの名前を知らない可能性が高い。
アギトの不完全体、もしくは別のベクトルでの変身形態とされるが、本編中で明確な説明はなされておらず、
覚醒に至った経緯も含めて謎の多い存在。
ただ一度呼称された時には『闇の力』が敵視するでもなく珍しがっていたが、
この事についてスタッフはインタビューに「珍獣のようなものだから」と答えている。
+ 『ギルス』の出自

アギトや後の平成ライダーに比べると『仮面ライダーアマゾン』や『真・仮面ライダー序章』を彷彿とさせる
生物的な容姿をしており、戦いにおいても手足に寄生させた生体鎧から展開する鉤爪「ギルスクロウ」や
触手状の鞭「ギルスフィーラー」を駆使しての接近戦を主体とする。
一方で、状況に合わせてフォームや武装を変えられる幅はアギトやG3に比べて狭いため、
飛び道具や飛行能力を持つ敵との戦いでは苦戦を強いられる上、後述の「エクシードギルス」への進化を手にする前には
純粋な接近戦闘能力で上回るアナザーアギトや水のエルに敗北を喫している。

必殺技は、踵の鉤爪を伸ばした状態で飛び上り、空中から踵落としを叩き込む「ギルスヒールクロウ」破壊力は30t。
敵の肩にヒールクロウを突き刺した状態で勝ち鬨の如き雄叫びを上げるのが彼の戦いのハイライトとなる。雄叫びが猫っぽい?放っといてくれ
また、てれびくんの応募者全員サービスで配布されたオリジナルビデオのみで「ギルスヘルスタッブ」という
頭上に投げ飛ばした相手を手刀で貫く必殺技が登場している。
「ギルスレイダー」という専用バイクを持っており、これは自我を持った半機械半生物のバイオマシンである。
劇中においては苦戦するギルスの呼びかけに応じて駆けつけ、自走状態で敵怪人を撥ねるという芸当を見せている。

初期状態でアギト・トリニティフォームを上回るスペックを誇っているが、
胸部のパワー制御器官である「ワイズマン・モノリス」が欠損した不完全な変身である為に変身者の体に強い負担がかかり、
変身解除後は一時的に急激な老化や衰弱といった後遺症が表れる。
(パワーの制御ができていない実例として、アギトは余剰エネルギーを放出する器官であるクロスホーンを必殺技使用時にしか展開しないのだが、
同様の器官であるギルスのギルスアントラーは最初から全力全開で常時エネルギーを垂れ流している……負担がかかるのも当然である)
また、その姿を構成する生体鎧が別個の生命体であるためか、独自の自我を持っているかのような描写があり、
劇中においては多大なダメージを受けて苦しむ涼が「立て」「襲え!」などといった幻聴に苛まれている。
変身の際も、ポーズをとった涼の背後から登場したギルスが並び立ち、同化するかのような演出が入る。

中盤で知り合った青年に宿っていたアギトの力を譲り渡されることで
進化形態『エクシードギルス』に変化する能力を手に入れた。
「ワイズマン・モノリス」が復活したためパワーの調整が可能になり、
角が一本増え全身に鉤爪が生えて戦闘形態を保てるようになった。
戦闘能力はアギトのシャイニングフォームに迫るほどに向上。
特に背中の触手「ギルススティンガー」による刺突の威力は50tと強烈で
これは数値の上ではシャイニングライダーキックの威力を上回っている。
(あくまで僅差の上アギトにはさらに強い武器必殺技がある)
勿論決め技のヒールクロウも健在で、両脚のエクシードヒールクロウを
同時に叩き込む荒技「エクシードダブルヒールクロウ」も披露している。
この大幅なパワーアップにより一度は敗れたアナザーアギトに雪辱を果たし、
最終回では仮面ライダーG3-Xとの連携でエルロードをも撃破している。
冒頭の台詞はその最終回のもの。

なお、元々ギルスの形態変化はスポンサーからの要請にはなく、
エクシードギルスは撮影スタッフのによって作られたものである。

デザインのモチーフはカミキリムシとのことで、エクシードギルス含め非常に禍々しい姿だが
子供からの人気が無かった訳ではなく、本作に『闇の力』の少年態役で出演した神木隆之介氏も
好きなライダーとして名を挙げている。
また、『アギト』という作品全体として東映の過去作品『イナズマン』へのオマージュが基調となっており、
ギルスもまたイナズマンをモチーフにした部分が多々みられる。
(頭の触角の形状、イナズマンの拘束技「マフラー稲妻走り」を思わせるエクシードの背中の触手「ギルススティンガー」など)

ギルス(Gills)の由来は、英語で魚などのエラ(日本古語ではアギト)の複数形を意味する言葉。
同時に「罪(Guilt)」とのダブルミーニングとなっている。

+ 原作における変身者・葦原涼

+ その他の作品におけるギルス


MUGENにおける仮面ライダーギルス


  • KEI166氏制作 仮面ライダーギルス"ギルスカヤ"(女性ver.)

ゴ・バダー・バアナザーアギトを制作したKEI166氏によるギルスが存在する。
ただし変身者は原作の葦原涼ではなく、氏のオリジナル設定に基づいた女性キャラになっている。
原作においても女性の沢木雪菜がアギトに目覚めているため、彼女と似たようなポジションか。
元々はエイプリルフール用のネタとして身内限定で制作されていたものを、完成度が高かった為に公開したとの事。
筋肉質な原作版ギルスに比べて華奢で手足が長く、上半身に襤褸のようなマントを纏っているのが特徴。
現在、氏のサイトにおいてギルスに覚醒するまでの経緯が小説形式で連載されている。

制作中の際のあだ名は「 ギルスカヤ 」(ギルス+ロシア系によくある苗字「○○スキー」の女性形)
原作版ギルスとの差別化の為かディスプレイネームはこの呼び名が使われている。
声は「攻殻機動隊」シリーズの草薙素子役等でおなじみの田中敦子氏。

+ 変身者


アウトローの変身者という背景を反映してか、超必殺技の エグさ に定評があり
  • 蹴り飛ばした相手に跨り、両腕から伸ばしたギルスクロウで喉を搔き切る1ゲージ技 「ギルスクロウ・首狩り」
  • パンチを叩きこんだ相手の頭を自走するギルスレイダーの前輪に押しつける1ゲージ技 「ギルスレイダー・フェイスバスター」
  • ギルスフィーラーで絡め取った相手にヘッドロックをかけ、ギルスクロウで背後から貫く2ゲージ技 「百舌の早贄」
  • 飛び上がって相手の頭部を抱え込み、自身諸共地面に落下して叩きつける2ゲージ技 「ダイヤモンドカッター」
  • 上記から派生し、倒れている相手に踵落としを叩き込む 「ギルスヒールクロウ・追撃」

など、闘争心を前面に押し出した荒々しい肉弾戦を特徴としていた原作のギルスと姿・能力は酷似しながらも、
戦い方はよりテクニカルかつ冷血さを強調した禍々しいものとなっている。
DDTやパワースラムといったプロレス技、ベガでお馴染みのヘッドプレスといった技も搭載しており、
接近戦から中・長距離戦までオールラウンドに対応可能。

同作者製のアナザーアギトと同じく、独自ゲージで発動するバイク技を持っているが、
最大の相違点はその場から遠隔操作で自走状態のギルスレイダーを呼び出す所。
単に乗っての突撃に留まらず、相手の背後から呼び出して吹き飛ばしたり、空中で反転しながら呼び出したりと
非常に多彩な使い方が可能。

デフォルトで搭載されているAIもこの戦法を使ってくるため、決勝ラウンドで追い詰めたと思ったら、
背後から突っ込んできたバイクに撥ね飛ばされた挙句、超必コマンド投げの「ダイヤモンドカッター」で
地面に叩きつけられ、顔にヒールクロウを食らって爆死するという悲惨な目に遭う事もしばしば。

(オリジナル設定ではあるが)ギルスの参戦により『仮面ライダーアギト』のライダーは全員MUGENに揃うこととなった。
G4?ミラージュ?聞こえんなぁ

出場大会

出演ストーリー

HERETIC (主人公)


*1
これに関しては涼に限った話ではなく、翔一や薫もいざ戦闘となると結構容赦なくG3に攻撃を加えている。
涼にしても、機動隊やG3に攻撃を仕掛けたのは彼らから散々に銃撃を受けた後であり、端から殺すつもりはなかった。
尤も、この「アギト捕獲作戦」の件を根には持っていたようで、五ヶ月近く後のTVスペシャルにおいて
翔一を捕らえようとした北條に対し、「一度お前を殴りたいと思ってたんだ」と言うなり、顔面に拳を叩き込んでいる。
自業自得とはいえ、涼の正体を知らない当の北條からすれば「おまえは何を言っているんだ」でしかなかっただろう。