せがれ


むげんに せがれが めりこむ   GO→

1999年にエニックスから発売されたプレイステーション用ソフト『せがれいじり』の主人公。
『せがれいじり』とは一言でいうと バカゲー(もしくはネタゲー) である。
さらに開発コンセプトは「おバカに徹する」だったりと色々すごい。
そもそもCMのキャッチコピーが 「プレゼントに最悪」 だったりする。
その圧倒的シュールな感じが受けたのか約17万本も売り上げ、PS2で続編として『続せがれいじり 変珍たませがれ』が作られたりした。

ストーリーはある日せがれは美しいムスメさんに一目ぼれし
ママに「ラブラブになりたい」と相談すると「大きくなったらね」といわれたので
セケンに出て大きくなるために旅に出るといったストーリー。

プレイヤーはせがれを操作し、セケンにあるオキモノに触れて単語を複数個組合せた「さくぶん」を一定数作るのが目的。
さくぶんを作るごとに新たなオキモノが発生し、更にせがれではなく ママが大きくなって 先に進めるようになる。
さくぶんは選んだ単語によってムービーや紙芝居が3Dで流れる。

とにかくこのゲームを語る上で最大の特徴はそのあまりにもシュールかつバカバカしい描写である。
せがれの姿からして矢印に体がくっついたような姿で、そもそも「せがれ♂をいじって大きくする」という目的そのものが下ネタ隠語だし
なぜかママは頭と首だけしか見えないキリン。そのママから生まれて来る兄弟達もなぜか人面牛やペンギンだったり
さくぶんの単語群は「せがれ・くだん・ うんこ 」→「について・ともだち・ だんめんず 」だったり
男はなぜか全員裸(…に見えるが肌と同じ色のタイツを着用している)でモヒカンだったりともうツッコミどころが多すぎる。
詳しくは動画を見るか実際にやってみてください。一目見るだけで忘れられないインパクトが待っています。

『続せがれいじり』はタイトルに反して『せがれいじり』より前の時系列であり、せがれとキリンのママの誕生秘話ともなっている。
セケンを巡ってオキモノに触れて「さくぶん」を作るのは同じだが、出来たさくぶんによって連れているアンドロイドのパーツが「変珍」し、
各ステージの依頼人の希望に合った姿にして引き渡すことでステージクリアとなるという、前作よりもゲーム性が増した内容になっている。


MUGENにおけるせがれ

発売15周年を記念してか偶然にもほぼ同時期に2人の作者の手によりMUGEN入りした。


  • 特異点氏作
原作を再現した技を使用したりノリモノを召喚して戦う。
なおノリモノには乗ることもできる。また背景にママが出現したり
一定時間たつとオキモノが増える。AIは搭載済み。

  • 鯵や奴氏作
2012年6月29日に公開された。
こちらも攻撃動作はすべて原作のさくぶんに則ったものとなっている。
必殺技にランダム要素と自爆技が多く、プレイヤーの運気が問われるキャラ。
続せがれいじりのネタも取り入れている。


出場大会





添付ファイル