日向義仲


「今更油断したとかねえだろ?それがあんたの実力だよ、実力」


プロフィール

キャッチコピー:“路地裏の拳闘少年”
名前:日向 義仲 (ひなた よしなか)
性別:男性
年齢:14
身長:163cm
体重:57kg
国籍:日本
血液型:A
職業:中学生
趣味:格闘技観戦
特技:キングアラジンのマネ(隠し芸)
好きなもの:学校の帰りにある定食屋
嫌いなもの:自分よりデカい女
大切なもの:男のプライド
苦手なもの:女の涙
好きな食べ物:ラーメンライス
好きな音楽:ももクロ
得意スポーツ:セパタクロー
格闘スタイル:キックボクシング(ムエタイ)
イメージボイス:安達忍

+ストーリー
キックボクシング界ではその名を知られた天才少年。
ジュニアクラスでは敵無で、すでに一般選手相手にしても五分以上に闘う実力を持つ。
月影なのはとは同じ学校の同学年で、こちらはハーフならではの目立つ容姿と
派手な行動でちょっとした有名人である。

日本人の母とアメリカ人の父を持つ日米ハーフであるが、
父親とは物心ついてから顔を合わせたことは無く、母親も他界してからは
異母姉の家族に引き取られている。
割と裕福な家庭環境の為か、少々わがままで強情なところのある性格だが、
一方で女性ばかりの環境に囲まれていたせいか、
どうも女性に対して強く出られないところがあるらしい。

ある時、義仲はジムに訪れたある人物の紹介で、ストリートの空手使いと戦うことになる。
その空手使いは最近の試合で負け知らずの連勝中との触れ込みだったが、
その力量は一見どう見ても白帯クラス、事実試合は終始義仲優勢に進む。

所詮ストリートなど素人の寄せ集めと甘く見た義仲だったが、

引き絞られ溜められた空手使いの拳が一瞬動いたかに見えたその刹那。

すべてが消し飛んだ。

一瞬の隙を狙い澄ましたたった一発の正拳突き。

見事なまでの一撃KOであった。

この衝撃の敗北以来、義仲はこの空手使いへのリベンジを果たすべく、
いっそう特訓に熱を入れることとなる。


……その後、ふとしたことからこの空手使いが「月影なのは」という「少女」だったことを知り、
新たに別の衝撃を受けることになるのであった。

(以上、キャラクターに同梱のテキストより引用)


「Fists Of Wings」の企画である「Fist With Wings」の登場キャラクター。
製作は島村鰐氏、キャラクターの原案は同じくFOW投稿者の御機嫌如何氏。
「Fists Of Wings」の詳細についてはこちらを参照。
主人公の空手少女である月影なのはのライバルキャラに位置するムエタイ少年。
ちなみに、御機嫌如何氏が昔TRPGで設定を作った「木曾義仲」というキャラクターの設定をルーツにしているという裏話がある。
2014年5月、月影なのは・風生夏香と3キャラ同時に公開された。

キャラクター性能

なのは、夏香と同じく、「Fists Of Wings」のコンプゲーというコンセプトでの製作。
基本的なシステムについては月影なのはの記事を参照。

主人公のなのはが少々偏ったタイプなのに対し、器用万能という設定通り「ハイスタンダード」がコンセプト。
代わりになのはの正拳のような一発芸を欠いている。
飛び道具こそ無いもののリーチの長い牽制技やスライディングを所持しており、地上戦に強い。
無敵昇竜で防禦はバッチリ、基礎火力は低いもののコンボも多彩。
3人の中では性能的な安定感に優れる。

+技解説

爆裂脚

とにかく蹴りまくるボタン連打技。
中か強で出すと攻撃前に素早く前進する。
ボタン連打を続ければ延々蹴り続けることができる。
逆にすぐにやめればガードされても隙が無い。

爆裂脚フィニッシュ

爆裂脚からの派生。
受け身不能状態で大きく浮かせるため、壁際では追撃が可能。

リンクスアッパー

炎をまとった肘打ちで打ち上げる昇竜技。
ボタンによってヒット数や上昇する高さ、無敵時間が変化するが、強の発生が一番早い。
因みにリンクスというのは山猫のことなので、恐らくを意識したネーミングと思われる。
ムエタイには技名に動物の名を冠する掟でもあるのだろうか

リンクスファング

肘打ちと膝蹴りで同時に敵を攻撃する技。
いわゆる蹴り脚挟み殺し、ムエタイ的にはハップソークカウ
弱は胴体部分に無敵があり、本当に蹴り脚挟み殺しっぽくも使えそうだが、
判定が内にこもっていてリーチが短く発生もコンボにならないくらい遅いので実際はかなり当てづらい趣味の技。
中と強は胴体無敵が無い代わりに発生が早くなり、少し前進するようにもなるため一応コンボにできる。
爆裂脚のほうがいいと思うけど

リンクスクロウ

2016/02/19の更新で追加された新技。
斜めの飛び上がりながら飛び膝蹴りで相手を浮かせ、空中ミドルキックで追撃する二段蹴り。
発生は早く威力も高いが無敵などは無く、ガードされた場合は致命的な隙ができるので連続技用。
画面端で爆裂フィニッシュを当てて浮かせた際の追撃に使える(弱)。

+超必殺技

義仲テンペスト

ヒット数を増したリンクスアッパーを三連続で決める、いわゆる昇竜裂破。
リンクスアッパーと違って完全に空中ガード不可なので、画面端で受け身狩りに使ったりもできる。

義仲バズーカ

思い切り真横に蹴り抜く技。
スライディング並の長いリーチを持つ。
発生が早くてリーチも長いのでコンボのシメに使い易いが、
単発なので補正の影響を受けやすいのが難。

コスモイクスプロージョン

潜在能力(3ゲージ技)。
乱舞から爆裂脚に繋ぎ、余韻を残す回し蹴りからのリンクスアッパー、最後に叩き落としてフィニッシュ。
ヒット数が多いので体力差補正の影響は受けやすいがコンボ補正はあんまりかからない。
発生も早く突進速度もあり、距離が近いと暗転を見てからではガードが間に合わない強力な技。
空中の相手も強制的に地上喰らいにしてフルヒットすることができるが、
ステートを取っているのは最初の突進ヒットの部分だけなので
食らい抜けを持っている相手には脱出されやすい弱点があったりする。

デフォルトのAIは存在しないが、2014年6月15日にIX氏による5段階にレベル設定できるAIが公開された。
AI特権のノーモーションからの強(中)爆裂脚でおもむろに中距離から突っ込み
がりがりと体力、ガードゲージを削り、相手の攻撃に対してはきっちりと
リンクスアッパーや超必殺技でカウンターする手堅いスタイルでなかなか強い。

ちゃんこ氏のAIも公開されている。こちらは3段階のレベル設定が存在し、最新版にも対応。
IX氏AIと比べると爆裂脚は自重気味だが、中間間合いからアグレッシブに各種キックを差し込みつつ
単発ヒット確認で更新で増えた新技も含めた各種必殺技につなげてくる。
気絶が絡むとコンボ→コンボで思いのほかゴッソリ持っていく。
初期設定のAIレベル2だとあまり強くないが、レベル3にすると反応が良くなり、悪咲氏ゴッドルガールデフォルトAIに勝つようになる。


プレイヤー操作によるコンボ集(義仲は中ほど0:40辺りから)
この他、2017年11月27日よりキャノン娘氏によるボイスパッチも公開されている。

+ももま氏 D-日向義仲
ももま氏によって公開された神キャラ
神キャラには珍しく、混線や親変更といった技術がオミットされており、また、見た目は改変元と変わらず
投げも(見た目上は)食らう等ぱっと見神キャラとは思えない。
しかしながら幸薄観鈴12PやDCスタン12P(強化スイッチon、強化用回復on、回復回数50回)
を汎用で削りきる程の削り能力を持つ。専用対策も多数搭載されており、今後の活躍が期待される。
最近セルフ改変版の「B-日向義仲」が新たに公開された。こちらは狂クラスとなっている(即死耐性はこちらの方が高いが)。因みに撃破挑戦カラーも存在する。



「え?もう終わり?マジで?」

出場大会