ビッグボルフォッグ

「三身一体! ビッグボルフォォォォッグ!」

サンライズのロボットアニメ『勇者王ガオガイガー』に登場するロボット。
主人公の属する組織・GGGの諜報部所属ロボット「 ボルフォッグ 」が、
ガンマシンと呼ばれる二機のサポートロボットと合体してなる形態である。この合体は「三身一体」*1と称されている。

ボルフォッグ

フェラーリ・F50をモデルとしたパトカーに変形するビークルロボ。
機体色は全体的に紫色だが、パトカー時はちゃんと白黒のカラーになる。
所属先からも察せるように諜報活動を主任務としており、電子戦・偵察行動に優れた機能を有しているが、
攻撃能力では他のGGG所属機より一段落ちる。
このため戦闘ではワイヤー式の手錠「ジェットワッパー」や、煙幕や光学装備、
本作の敵・ゾンダーが発するバリアを分解する固有振動「メルティングサイレン」等でガオガイガーらをサポートする。
巨大手裏剣のシルバーブーメランという武装もあるため、単独でもある程度は戦える。

多くのGGGのロボットと同じく超AI搭載型ロボであるが、一からAIを構築した氷竜達とは違い
内諜の犬神霧雄という人物の人格を元にAIが作られている。
彼はGGGへの転属が決まっていたのだが暗殺されてしまっており、その人材を惜しんでのことだったのだろう。
(ちなみに彼以外にも同僚にあたるゴルディーマーグやマイク・サウンダース13世も、同様に既存の人物を超AIのベースにしている)
犬神の記憶は封印されているとのことだが、諜報員らしい冷静さを持ち、敵に対してさえ丁寧語で話す。
主人公の片割れの少年でGGG特別隊員となった天海護の警護も行っている。そのついでで彼を隠し撮りして写真を売り捌いてたりするが*2

なお非常に忍者っぽい外見なのであるが、別に忍者ではない
特別忍者に由縁があるわけではなく、開発協力者のロシア人が「日本の諜報員=忍者」だと思ってこの格好にしたのであり、
あくまでも忍者がモチーフと言うだけの話である(AI元の犬神が忍者だったという話も聞かない)。
もっともGGGのほうも忍者と認識しているのかFINALでは「ウツセミ」という要人護衛用の新装備を装備していた。

声は小西克幸氏
本役が彼の声優デビュー作とされており、そのせいか妙に忍者の役が目立つ…ような気がする。

ガンドーベル、ガングルー(ガンマシン)

それぞれビッグボルフォッグの腕部を構成するビークルロボ。

右腕として合体するのが白バイに変形する ガンドーベル 、左腕が一人乗り小型ヘリに変形する ガングルー である。
これらは超AI非搭載なので人格はなく、ボルフォッグの指示に忠実に動く。
どちらもGGG隊員の移動の足として借り出されることも。
ただし遠隔操作で動くという事もあり、ボルフォッグ以上の性能のハッキングが可能ならば制御を乗っ取られる恐れがある。
作中ではビッグボルフォッグに合体済みだったのに両腕だけ乗っ取られてしまった。
人型形態時はそれぞれ頭部が犬と鳥を思わせる形状で、言うなればボルフォッグの手足となる忍犬、忍鳥といったところか。

余談だがガングルーの人型への変形は勇者シリーズでもトップクラスに凄まじく、ゲッター線螺旋力でも使ってるんじゃないかというレベルの変形をする。
一番ぶっ飛んでいるのが脚部で、ヘリの尾部が縦に真っ二つに割れ、更に半分に折りたたまれ脚(当然膝関節あり)になる。
まぁ、それ以前にサイズ比が可笑しいのだが(ガオガイガーの方も合体後の500系新幹線がかなり縮んでいる)。
この突っ込みに対し監督は「ブライシンクロンです」*3だと返答した事がある。


ガンマシンとの合体によって戦闘能力は向上し、ゾンダリアン(ゾンダーの幹部)等とも渡り合えるようになっている。
メルティングサイレンなどの特殊装備はそのままに、右腕のガンドーベルのマフラー部に内蔵された機関砲「4000マグナム」、
左腕のガングルーのローターを刃として使う「ムラサメソード(原種編でパワーアップ後は「ムラサメブレード」)」と武装も強化され、
ミラー粒子なるものを全身にコーティングして回転し粒子を飛ばし攻撃する「大回転魔弾」や
同じように回転して突撃する「大回転大魔断」という技も使いこなす。
ちなみに何故かビッグボルフォッグのみ『FINAL』では合体バンクが一新された。

+ 外部出演



MUGENのビッグボルフォッグだーっ!

もはやGGGの人としてお馴染みになってきた、ユグシック(旧名:なにー)氏が製作したものが公開されている。
バージョンはβ0.40とのことだが、十分に対戦に耐えうる出来になっている模様。
前述の『スパロボW』のネタのせいかイントロでは『W』の主人公機・ヴァルホークが登場するパターンがあり、
そのまま戦おうとするがオリジナル勢力のザコメカに攻撃された所をビッグボルフォッグに助けられて後退、という一風変わったバイト風景が見られる。
その分長いイントロになっているが、コンフィグで発生率を変更して出ないようにもできるのでご安心を。

性能の方は一発の火力や防御力が低い分高い機動力やバリエーション豊富な突進技で画面中を飛び回るスピードキャラになっており、
例によって氏のガオガイガーキャラ特有の二種の専用ゲージも所有。
さらに試験的に「クリティカルヒット」・「カウンターヒット」と新要素を盛り込んでおり、専用ゲージで強化される仕様にされている。
また原作でよく見せたビッグボルフォッグから元の三体に分離、合体を繰り返す「超分身殺法」のように分離する技もあるが、
現状はボルフォッグ単体のモードが未調整のため緊急回避が主な使い道。
なお氏のガオガイガーとの対戦・タッグ時にはちゃんとガオガイガー側のストライカービッグボルフォッグが封印されるようになっている。

ちなみにキャラ作成以前にもGGG主催!スーパーロボット大戦トーナメントで司会補佐を務めてたりする。


「貴方達の敗因は、戦力計算の甘さにあるようです。」

出場大会




*1
「さんみいったい」と読む。三位一体ではない…が、『スパロボW』ではそう書かれてしまった

*2
これのせいでボルフォッグがショタコン扱いされる事もあるが、他にも宇都木命(凱の彼女)の隠し撮りも行っている。俺にも売ってくれ
一応、GGGの資金捻出の為やむなく行っているというのだが、問題は売る相手がよりにもよって同じGGG職員。
要するに 間接的に職員の給料をピンハネ しているのである。お前それでいいのか…

*3
他社作品 『銀河旋風ブライガー』に登場した主役ロボ・ブライガーの変形システム。
ブライガー用シンクロンでブライシンクロンである。続編の『銀河烈風バクシンガー』では別に頭には何も付かなかったけど。
「多元宇宙論に質量保存の法則を適用した」シンクロン理論によって質量を含めた物体の拡大縮小を可能にしており、
言い換えれば「多元宇宙(異世界)なら質量保存の法則を無視して物体の大きさを自由に出来るんじゃね?」的な理論。
似たような理論としては『スタートレック』等で使われた「亜空間航法」がある。こちらは「亜空間(異世界)なら相対性理論を無視した超光速航行が出来るんじゃね?」というもの。
(一方『伝説巨神イデオン』の亜空間飛行は「亜空間に近道を作る」タイプであって、宇宙船の移動速度自体は光速未満である)
もっともビッグボルフォッグはともかく、キングジェイダーの腕は間違いなく巨大化しているため、キングジェイダーに限ればブライシンクロンですと言われても納得できてしまうのだが。

なお、ガオガイガーがブライガーと共演した事は ない
『スパロボα』シリーズでは一応両方出たものの『ブライガー』は『α外伝』のみ、『ガオガイガー』はその次の『第2次α』以降と完全にすれ違っている。
(一応『第3次α』であるキャラにブライガーの存在を臭わす発言があるので、同じ世界にいることだけは確かではあるが、
 そもそもガオガイガーの監督がブライシンクロンと口走ったのはガオガイガー放送中の話なので、スパロボ参戦よりずっと前である(ブライガーは更に15年前の作品))