ジプシー・デンジャー


「自然の猛威と戦うことはできない。
ハリケーンが向かってきたら、逃げなければならない。

だが、イェーガーに乗ればハリケーンと戦うこともできるし、

勝つこともできる。 」


ギレルモ・デル・トロ監督の映画「パシフィック・リム」に登場する対KAIJU用巨大人型兵器「イェーガー」。
(監督が日本のアニメ特撮の大ファンであり、「KAIJU」はそのまま日本語の「怪獣」を語源としている)
開発国はアメリカ。既に旧式である第3世代イェーガーに分類されている。
全高79メートル(コン・バトラーV以上ダイターン3未満。バラタックとほぼ同サイズだがわかる人はいるのだろうか)。
重量1980トン(ダイターンの倍以上。 と言ってもダイターンが軽すぎるだけでこいつも比重が水の1/3と十分軽い。ちなみにバラタックはこの約3.5倍なのでギリギリ水よりは重い )。

+ パシフィック・リムのストーリーについて。ネタばれ注意

本作におけるKAIJUは自然発生したものではなく、異次元からの侵略兵器である。
異次元人用環境改造を目的とし、人類には有害な汚染血液KAIJUブルーと、最弱個体でも核爆弾3発でやっと倒せるほどの強靭な皮膚を標準装備。
そして人類がこれに対抗してイェーガーを開発すると、侵略者側も即座に対応を開始している。
つまりあらゆる戦術、兵器は即座に情報共有され、解析され、 強化された次のKAIJUが現れる のだ。
容赦なくイェーガーのコクピット、操縦者を狙うのは当たり前。
重装甲相手には溶解液、機動性重視の機体には複数で、最新鋭機体には電磁波による制御コンピュータへの攻撃。
それに対しイェーガー側は必殺兵器を解析されるのを防ぐためにも トドメ以外で必殺兵器を使うわけにはいかない
次々現れるKAIJU相手にイェーガーが常に苦戦を強いられるのは、この為であり、
全盛期は30機以上あったと言うイェーガーも、長きに渡る戦いのなかで1機、また1機と撃破され、物語冒頭の時点では
「チェルノ・アルファ(ロシア製第1世代)」、「クリムゾン・タイフーン(中国製第4世代)」、「ストライカー・エウレカ(オーストラリア製第5世代)」
の3機に、大破のまま4年も放置されていたジプシー・デンジャーを加えた4機しか残っていない。
(日本製イェーガー「コヨーテ・タンゴ」も、回想シーンでマコを助けたシーンはあるものの、既に破壊されている)
しかも一機あたりの開発維持費に国家予算レベルの金額が必要な為、新造はされなくなってしまった。
代わりに「命の壁」と言う巨大防壁が造られたが、呆気なく破壊されたうえに飛行可能なKAIJUの出現で無用の長物に……。

なぜ定期的に怪獣が出現するのか、なぜ怪獣は弱い順に現れるのか、なぜ人型兵器で戦うのか、なぜ必殺技を最初から使わないのか。
往年のロボットアニメ特撮へのオマージュあふれる展開のみならず、
こうしたお約束への徹底的な理由付けもまた、『パシフィック・リム』の魅力の一つである。

そして一度敗北し、強化改良を受けて復活したジプシー・デンジャー。
本機はKAIJU相手に優位に戦える、唯一にして最後のイェーガーなのだ。


両腕に搭載されたプラズマキャスター、腕部ロケットを使った強力なパンチ「エルボー・ロケット」、
さらには改修後新たに作られたチェーン・ソードがあり、動力源の核リアクターを二つ持つ(第1世代を除く)唯一の機体。
そのため冷却液を噴射しての凍結攻撃という裏ワザや、胸部リアクターからの強力なエネルギー砲も保有する。
また香港での戦いではやたらに頑丈な「タンカーのようなもの」を武器にした攻撃も披露した。
(これはローリーがストリートファイターであった為。コンテナを用いた凶器攻撃も繰り出している)
エルボー・ロケットは日本語吹き替え版ではアフレコ時に急遽ロケットパンチに変更されたというエピソードが有名である。
流石本家本元は違った
あと中国版では何故か「ペガサス流星拳」と翻訳されていたとか。
確かに中の人は日本語版に出てるけど

また余談だが、出撃ポーズはハリウッド初の特撮巨大ロボ映画『ロボ・ジョックス』主役機マツモト14号へのオマージュである。
(なおロボ・ジョックスの方は、あえて言えばGガンな世界観(連合国家間の代理戦争)である。
 またマツモト14号は日本人のマツモト博士が開発したものとなっており、日本のロボットアニメの影響を示している)
というか監督のデル・トロ氏は下手な日本人オタクよりも確実に濃い、真性のオタクである。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21583770
+ さらに余談


「ELBOW-ROCKET!」

《ELBOW-ROCKET……Engaged!》

「 N o w ! ! 」


MUGENにおけるジプシー・デンジャー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23834353
幽霊荘氏によってMUGEN入りを果たした。
最新版は2014年9月30日。
スプライトはフィギュアをベースにしている。
巨体故に機動力は低め、ダッシュは徐々に早くなっていく特殊な仕様。
プラズマキャスター、エルボー・ロケット、チェーン・ソード、胸部タービンを使った「ニュークリアヴォルテックスブラスター」、
冷却ガス、やたら頑丈なタンカーのようなもの、ラストシーンで見せたリアクターメルトダウンによる自爆も完備。
搭載装備や劇中で見せた技が一通り技が揃っている。

攻撃は打撃、射撃、ニュークリアヴォルテックスブラスター、自爆、冷却ガスの5ボタンで行える簡易仕様。
エルボー・ロケット、チェーン・ソード、タンカーのようなものはレバー入れ+打撃で発動できる。
ニュークリアヴォルテックスブラスターは発動までが遅いが威力が非常に高い。
なおこの技はPS3とXBOX360でプレイできるゲーム版では一撃必殺ポジションであった。

機動力は低めな一方でガード不能な技が多いのが特徴。
ダッシュ、攻撃時にはアーマーがつく。
またエルボー・ロケットのボイスは2種類搭載されている。

MUGEN界に存在する様々なKAIJU達との名勝負が期待される。

出場大会

  • 「[大会] [ジプシー・デンジャー]」をタグに含むページは1つもありません。