日暮あかね



年齢:15歳
誕生日:9月7日
星座:乙女座
血液型:A型
身長:156cm
体重:44kg
(以上、本編、舞-HiME公式サイト、及びWikipediaより一部抜粋・改変)

サンライズのアニメ、漫画、ゲームなどからなるメディアミックス作品『舞-HiME』の登場人物。
高橋留美子の漫画のヒロインではないしねーちんでもない。4年に1度目覚める男とも関係ない。
声優は岩男潤子。ってサンデーCM劇場の時のかごめじゃねーか

アニメ版のプロフィール

主人公鴇羽舞衣のバイト仲間。明るい普通の女子学生で倉内和也と言う彼氏がおり彼をカズくんと呼んで仲良くしていた。
しかしHIMEの能力に目覚めそれを彼氏に告白するか思い悩んだ後に告白。彼は受け入れてくれたものの
その後襲来した敵によってチャイルドが破壊されたため倉内和也が死んでしまい精神崩壊した。
その後病院で幽閉されていたものの救出され最終回では倉内和也が復活したことで自我が目覚め復活。
その後はいつも通り彼と仲良くしている。
武器としてニ門式のトンファー型のエレメントを使用する。単に殴るだけでなく、
外側の棒を回転させて風を生み出し、気流を操って戦うことも可能。
チャイルドは虎のような姿をした「ハリー」。俊敏な動きで相手を攻撃する。
胸部のミキサーによって竜巻を作り、凄い吸引力で敵を引き寄せてミキサーに付いている刃物で粉砕する必殺技を持つ。
忍術弓矢は使わない。


とまあ色々書いたがぶっちゃけサブキャラ。一番最初に脱落するためろくに活躍がなく
戦闘においても一人も対戦相手を倒すことなく終わったキャラである。
そのため、かませ扱いされることもよくあるが、彼女を倒した深優・グリーアは、
高次物質を特性・強度に関わらず問答無用で中和・消滅できる能力の持ち主であり、高次物質を扱うHiMEにとっては相性最悪の相手であったため、
決して彼女がHiMEのなかでは弱いという根拠にはならないはずである……多分。
そして彼女の最大の特徴は恐ろしく不幸なことである。ぶっちゃけ全ての媒体でひどい目にあっている。

+ 想い人 倉内和也

他メディアでの活躍

彼女の登場する舞-HiMEプロジェクトはキャラクターがそれぞれの作品やメディアにより違う設定等を
付加されて登場する形式を取っている。
前述の通り第1作である『舞-HiME』における悲劇が強烈なインパクトを与えたためか、他作品でもあかねは度々不幸な目に会い続けており、
「あかね=不幸な目に会う」という図式は舞-HiMEプロジェクトにおける一種のお約束のような扱いになっている。

+ 佐藤健悦氏作 漫画版では

+ ゲーム版『舞-HiME 運命の系統樹』では

+ 舞-HiME★DESTINY 龍の巫女

MUGENにおける日暮あかね

rakurai氏が同人ゲーム「ふうかたいせん」のドットをベースに制作したキャラ。
原作再現ではないためファイル名にEXがついている。
AIもデフォで搭載されている他、ブロッキング率やコンボ限界値を調節できる。
トンファーによる近接攻撃を得意とするキャラ。なお原作では風を使っていたがこっちは雷を使うキャラとなっている。
飛び道具が乏しく、通常攻撃だけ見ればリーチもやや短めだが、その一方で
相手をふっ飛ばす「茜砲」やバウンドさせる「空襲撃」など、相手と距離を空ける必殺技が多数あり、癖がやや強めになっている。
超高速で突貫する「貫通撃」で距離を詰めることは可能なので、これを上手く使いヒット&アウェイな立ち回りを心掛けたい。
数少ない遠距離攻撃の「轟雷球」はタメが長いが削りが強力である。
特殊技「愛の光」は、被ダメ1.2倍、被ダウン補正無効、被暗転補正無効というデメリットを受ける代わりに、
一定時間『HiMEゲージ常時MAX』という強力な補正を受けることができる。
条件は厳しいが即死技も持っておりトンファーキックで相手を仕留める。

出場大会








添付ファイル