α-イヴ



身長 : 135cm
体重 : 秘密
出身地 : ディアヌス研究所
格闘スタイル:偽りの神の力
大切なもの :無し
嫌いなもの :無し
ボイス :伊瀬茉莉也



『知られざる研究所編』のラスボスであるディアヌス=ロランジュによって作られた生体兵器。
名前が似ている人某Kシリーズの兵器とは接点の無い他人。
研究所にて行われた【イヴ・プロジェクト】の成功例で、
映像解析から再現できた偽りの神の力を搭載することにすることに成功している。
アネルやゾディアックとの来たるべき最終決戦時に、対ゾディアック・ロランジュ用にあてがわれている。
無茶な調整により、ゾディアックと戦うその日、その時だけの存在で、戦いが終われば死ぬ。
つまるところ、ゾディアックを殺すためだけに創られた存在。
その分、成功体としての異能はかつてないほどに強力であり、憑代を使用することにより文字通り神のごとき力を繰る。
ちなみに【α-イヴ】という名前は本名ではなく、そもそも彼女には本名自体が存在しない。

A-KUE氏によって制作されたAKOF参戦予定キャラ。
『知られざる研究所編』の敵勢力の一員であり、「アポカリプス的な立ち回りのキャラ」として作られたとのことで、
他のAKOFキャラと比較して異彩を放っている。
ちなみにα-イヴのイラストもA-KUE氏が描かれたとのことで、PIXVにて氏のイラストが見れる。


  • ストーリーリンクで深刻な敵ユニット不足
  • 新キャラ欲しいけど、もう書き換えは嫌
  • ボスと言ったら巨大
  • 1人くらい幼女がいてもいいじゃない あまり見ないビジュアルにしたい

という理由でこのようなキャラになったらしい。
氏のリアフィーユ(ドッター募集企画限定公開キャラ)と同様、他メーカーのドットも使用されており、参戦の可否のジャッジをNAO氏に仰いでいるらしい。
そのため、「現状でAKOFキャラとして受け入れられない人はDLしないことをお勧めします」とのこと。
1.0版とwin版が公開されている。


性能




+...
真面目に解説を読みたい方スイマセンでした。


α-イヴ本人はあまり戦わず、主に彼女が使役する「憑代」が攻撃を行うキャラだが、
憑代にはMELTY BLOODオシリスの砂のドットの改変が使用されており、とにかくデカい。
ちなみに本体は手に乗っている少女。
どのくらいデカイいかというと、Win版では憑代があちこちが画面からはみ出すほどデカく、ニュートラル位置にもかかわらず、
憑代の手の上にいる本体が相手の後ろにいるという珍現象を起こすほどである。そのため、A-KUE氏はMUGEN1.0での使用を推奨している。
通常攻撃はモーションこそ遅いが、見た目に違わぬ派手な演出&高火力である。
技の数こそ少ないものの、元々のリーチに加えて飛び道具も充実しているため問題はない。
また、常に周囲に浮遊しているユニット「ホムラダマ」がおり、プレイヤーの操作に関係なく自動的に攻撃してくる。
MAX3「ソウセイノマユ」はAKOFキャラのMAX3のなかでは珍しい回復技で、本体が繭に包まれた状態で体力を回復させる。
体力が全回復するか、繭に攻撃を食らせわるかすれば回復はとまる仕様になっている。
だが、回復中も憑代や「ホムラダマ」は平気で動くため、実現するのは至難の業。
AIは未搭載。





2014年7月2日にアフターアネルのAIを作成したつづら氏によってAIが作成、ブログで公開されている。
1.0版とwin版、どちらにも対応可能。

氏の今までのAI同様、防御レベルを10段階で変更出来るようになっているが、ガード動作が無い為、α-イヴの行動ルーチンが変化するようになっている。
レベル1では全く移動せず固定砲台のようになり、レベルが上がるにつれて移動等の動作が追加され、レベル5以上で前後ダッシュが解禁される。

また、トザサレタツキ(更新により名称変更)と呼ばれるスイッチが搭載されていて、これをオンにする事でα-イヴを画面外に退避させる事が可能になる。
画面外に退避すると、通常キャラではダメージを与える事が不可能となるため、注意が必要である。
他にも、戦闘モードを変更する事が可能で、多種多様な難易度に変えられる為、対戦相手に合わせて細かい設定が可能となっている。

出場大会



出演ストーリー



添付ファイル